「100年後に残したい須坂」フォトギャラリー(7月25日更新)

更新日:2024年07月25日

ページID: 5286

須坂市の好きなところ、思い出の場所、日常のひとコマ、須坂の四季…

100年後に残したいと思う須坂の風景です。


 

須坂祇園祭の旗がたなびく芝宮前の道

撮影:ゆず さん

場所:芝宮

祇園祭前の静かで厳かな雰囲気が好きです。

須坂祇園祭の神輿が安置されたお仮宮。

撮影:さゆ さん

場所:芝宮前のお仮宮

神輿の下くぐってきました!


 

イルミネーションの写真。ハート方や星型にライトがつけられた通路や光のタワー、さまざまな色のイルミネーション。

撮影:野本祐一 さん

場所:アートパーク

クリスマスを迎える前に彩られた須坂の夜。 100年後にもみんなの思い出として残りますように。(2012年12月17日撮影)

奥田神社を正面から撮影。石の鳥居の向こうに本殿が見える。春、黄色系のさくらが満開。

撮影:kit. さん

場所:奥田神社

須坂小学校の裏側、ひっそりと佇む神社。


 

恋人の聖地モニュメントの写真。開いた本の上にリング型の飾り。リングの影が開いた本にハート形に映る。まわりにはコスモスが咲いているので、秋分の日頃に撮影したもの。

撮影:KEN さん

場所:須坂アートパーク

日差しが緩く、綺麗なハートになりませんでしたが、コスモスと一緒に写せました。

蛍が舞う水路の写真

撮影:あいめかん さん

場所:宇原川(仁礼)

年々復活しつつある蛍(ゲンジとヘイケ)


 

ブドウ畑。シャインマスカットの房に袋がかかっている。あとは収穫を待つばかり。

撮影:papapapanyasan

場所:小河原地区

シャインマスカット、手塩にかけて育てています。

細い路地の両側にレトロな日本家屋の玄関が並ぶ。小料理屋、お座敷などがあった名残がうかがわれる。

撮影:北ペー

場所:浮世小路

ノスタルジー


 

旧上高井郡役所

撮影:KEN さん

場所:旧上高井郡役所

綺麗な建物です、大切に保存して頂きたいですね!

男性の老人の手の甲のアップ。深いしわ、太く力強さを感じる。

撮影:チャイ さん

場所:日滝

人が歴史を創り、歴史を創ってきた人の手です。


 

夕焼けが川面に移り一面が朱色に染まっている

撮影:スグル さん

場所:米持橋

百々川にかかる米持橋からの夕空が真っ赤に燃えて、川面が輝いて素敵な景色でした

百々川の上に100匹のこいのぼりが並ぶ様子

撮影:まめ さん

場所:高甫橋

ここの鯉のぼりを見ると、幼少期の頃の楽しい思い出が蘇ります!


 

蛍が飛ぶ、市街地の川

撮影:Yas Nakazawa さん

場所:須坂市内某所(街中)

街中の一角にヒメホタルが生息しています。現代において、街灯が増えたり、工事や消毒、除草剤による環境破壊がある中で、ホタルが生きられる環境が残っているのは素晴らしいことです。ホタルを知らない子供たちもいます。温暖化も進み、ホタルが生息出来ない環境にならないように私達が最大限の環境保護を行い、後世に残すことは大切な事だと思いました。


 

雪がふりしきる須坂駅前ロータリー

撮影:ファインマン さん

場所:須坂駅前

この日は日中の降雪でしたが、車の通りは少なく見えます。100年後にはどうなるのでしょう?(2024年2月5日撮影)

臥竜公園の竜ケ池に枝を出す桜

撮影:ファインマン さん

場所:臥竜公園

臥竜公園の桜は毎年楽しみです。街の誇りですね。(2019年4月20日撮影)


 

須坂駅構内の電車留置場

撮影:ファインマン さん

場所:須坂駅構内留置線

須坂市民にとって長野電鉄はなくてはならない交通機関です。車両は変われども思い出は100年後も廃れません。(2020年8月27日撮影)

雪解けの須坂駅前ロータリー

撮影:ファインマン さん

場所:須坂駅前

自分が撮影した須坂駅の写真はいくつかありますが、ほんの数年の期間でも変化がありました。(2022年1月2日撮影)


 

須坂駅車両倉庫を須坂駅の二階から撮影。線路と倉庫、電車が入り組む。

撮影:ファインマン さん

場所:須坂駅構内

ちょうど長野電鉄の新型車両が搬入された時期に新旧車両が並んでいました。(2020年2月6日撮影)

電車が搬入されるところ

撮影:ファインマン さん

場所:須坂駅構内

長野電鉄屋代線が廃線後となって初めての車両の搬入(陸送)ということで、この日は早朝から見学者が押しかけていました。(2020年2月8日撮影)


 

早朝の須坂駅前ロータリー

撮影:ファインマン さん

場所:須坂駅前の夜明け

何気ない駅前の光景ですが、この写真は100年後に意味を持ちます。(2019年9月6日撮影)

須坂から飯縄山を

撮影:ファインマン さん

場所:鎌田山山頂から

俯瞰する撮り方は日常の視点とは違って新鮮に見えます。善光寺平の「大自然」を感じます。(2020年1月1日撮影)


 

春、桜が緩解の臥竜公園、池の弁天島を俯瞰した写真

撮影:ファインマン さん

場所:臥竜公園

臥竜公園は桜の季節に俯瞰するとまた魅力度アップです。(2019年4月21日撮影)

臥竜公園の竜ケ池から見る夕日

撮影:ファインマン さん

場所:臥竜公園の夕焼け

竜が池の向こうに北信五岳の内、飯綱山、黒姫山、妙高山が見えます。ホッとする風景。(2019年5月7日撮影)


 

雪が積もる須坂駅前のロータリー

撮影:ファインマン さん

場所:須坂駅前

二月にしては珍しい大雪の朝でした。早朝の始発に乗るために駅に来ました。(2015年2月15日撮影)

上高井郡役所の正面玄関の外側から二階を見上げる。真っ青な空、植木には雪がつもっている。

撮影:ファインマン さん

場所:旧上高井郡役所

前日に降った雪が明けた翌朝に撮りました。須坂市の貴重な建築物だと思います。(2017年12月6日撮影)


 

2023年の須坂みんなの花火大会、打ち上げ前の百々川河川敷の写真。土手の脇には屋台が並び、芝生には場所をとり座る観客

撮影:SSmam さん

場所:百々川河川敷

新型コロナ5類移行後、初めての花火大会。夏らしい光景に嬉しくなり、写真撮りました。(2023年撮影)

アサギマダラが庭に止まっている写真。

撮影:おとちゃん

場所:豊丘町

アサギマダラの飛来する町。


 

豊丘ダムから見た夕日。山と山の間に大きな太陽が沈む。

撮影:スグル さん

場所:豊丘ダム上流公園

豊丘ダムから見渡す善光寺平と白馬連峰の景色は最高です!

長野電鉄須坂駅のホーム

撮影:まっさ さん

場所:須坂駅

須坂に移住してよかった!


 

山の上から町を見下ろす男性の後ろ姿。眼下には須坂の町。

撮影:たくぞー さん

場所:鎌田山山頂

高校生の時に友人と登りました。夕日と須坂市街の景色が最高でした!

3枚の組み写真、竜が池の水が透明で、池の底まで見える。

撮影:野本祐一 さん

場所:竜ケ池

2024年2月、エメラルド色に染まった池です。これから100年の間でも観れますように...


 

夕暮れの百々川河川敷、高山方面を撮影。

撮影:ぶちろ さん

場所:百々川緑地

癒される大好きな場所

グラウンドをぐるりと囲む満開の桜の木、遠くには神田山が見える。

撮影:匿名

場所:日滝小学校

このあたたかい地域で、子どもたちがすくすくと育ちますように。


 

少し高台から集落を眺めた写真。秋の空、低い雲、遠くには北信五岳。

撮影:mio さん

場所:須坂市井上

大好きなふるさと、秋の始まり

石畳の両側に蔵づくりの建物、昔ながらの郵便ポストが写っている

撮影:KEN さん

場所:市内某所

ゆっくりと蔵の町を歩きました


 

臥竜橋から長野方面を撮影。雪がつもり、冷たい空気が見えるような青空。

撮影:コタロウ さん

場所:臥竜橋

厳冬の須坂

世界の民俗人形博物館の30段のひなまつりの写真・ぼんぼりを中心にアップ、後ろにはたくさんのひな人形。

撮影:KEN さん

場所:須坂アートパーク

素晴らしい場所です、大切にして頂きたいですね。


 

米子のみのどうトンネル真っ直ぐの道路の正面にトンネル。青々と木が茂る山が壁のようにそびえている真ん中をトンネルが通り、異次元への出入り口のよう。

撮影:ポッポ さん

場所:米子町

ジブリっぽいです。

桜の季節の夜の臥竜公園。竜ケ池のほとりから弁天橋を撮影。水面に夜桜が移り、弁天橋の上も夜桜見物の客でにぎわう。

撮影:KI さん

場所:臥竜公園

桜以外にもたくさん花が咲いていたことに写真を見て気づきました


 

野辺町から長野方面を撮影。夕方、ブドウ畑の向こうに須坂の町なみと夕焼け。

撮影:ふふふ さん

場所:野辺町

重なる連なる山が美しい

豊丘の一本桜。山の中にしだれ桜の巨木が花をつけている。まわりには梅やハナモモなどの花が咲き、幻想的

撮影:KEN さん

場所:豊丘(弁天さんのしだれ桜)

ここは私の一番のお気に入りの桜です。


 

須坂市小河原から見た長野方面の夕焼け。果樹畑の向こうに集落、遠くには夕焼け

撮影:みい

場所:須坂市小河原

真っ赤な空


 

峰の原スキー場のゲレンデ、朝いちばんに滑った青がくっきりと残る

撮影:Hiroboo さん

場所:ニンジャスノーハイランド

シュプールくっきり、朝イチのゲレンデ。

須坂駅前通りにある街頭についてる龍と雲の飾り。

撮影:カッタカタ さん

場所:須坂駅通り

竜の町須坂、いろんな場所に竜がいます。


 

南部地域公民館から臥竜公園を見下ろす。りゅうがいけの向こうには家々の屋根、さらに遠くには北アルプスと夕焼け

撮影:ゆも さん

場所:南部地域公民館から

街中を見渡せる良い景色

臥竜公園の竜が池に浮かぶペダルボート「前沢号」と池を取り囲む桜

撮影:まえざわGo! さん

場所:臥竜公園


 

「どどがわ」の河川敷から井上方面を撮影、川の向こうに夕日が沈みかけている

撮影:Kazyy さん

場所:須坂市 百々川河川敷駐車場

沈みゆく夕陽と、それに染まる空と川と。須坂市は山と川と街が自然の風景として溶け込み、特に夕陽が綺麗に見える場所が多くとても癒されています!

長電「ゆけむり号」の車窓から千曲川を見る。

撮影:ぴー さん

場所:長電の特急の中

村山橋の上で停車し写真タイム。運転手さんがあれこれ説明してくれて楽しかった。


 

画面いっぱいにヒガンバナのアップ、奥には墨坂神社の本園が見える。

撮影:Kazyy さん

場所:須坂市墨坂の『墨坂神社』にて

『たたずむ束の間の朱(あか)』 このあと数日で、ここの彼岸花達も深い眠りにつきます。また来年会いに来ます!(2023年10月4日水撮影)

画面下側には、黄色やオレンジのマリーゴールド。画面上は夕焼け空、雲の形がサムズアップしている手の形のよう。

撮影:Kazyy さん

場所:県道343(村山小布施停車場線)のマリーゴールドの場所

夕陽に染まる『イエーイ、グッド!』な雲。仕事終わりに素敵な空に出逢えました!(2023年7月26日水夕方7時前頃に撮影)


 

たわわに実るリンゴ畑から見える街並みと夕焼け

撮影:農家の息子 さん

場所:日滝のりんご畑

果物の町の夕暮れは美しい。

青空が広がり畑が青々としている豊丘地域から、須坂市街、長野市方面を見下ろす。遠くに北アルプスが見える、

撮影:yamar さん

場所:そのさとホール駐車場(豊丘)

いい眺め!!


 

「どどがわ」の高甫橋から高山方面をうつした夕暮れの写真

撮影:野本祐一 さん

場所:須坂市野辺 高甫橋

仕事で疲れた日も、百々川のこの夕陽を観れば癒されます

「どどがわ」の上にかけられた100匹の鯉のぼりの写真。

撮影:野本祐一 さん

場所:須坂市野辺 百々川河原

地元の有志の方々のご尽力で、毎年壮大な鯉のぼりが泳いでいます


 

須坂駅から高山方面をパチリ。まっすぐに伸びる道、正面には鎌田山

撮影:ユズッコ さん
場所:須坂駅

「ただいまー」って思う風景です

臥竜公園の竜が池の遊歩道沿いにツツジの赤い花がこんもりとしている。

撮影:毎日散歩 さん

場所:臥竜公園

ゴールデンウィークはじめ、桜が終わるとツツジが満開になりました


 

仁礼町。山を背に、一面が黄金色の稲穂が実る田んぼ。菜の花のように黄色い。

撮影:おはな さん

場所:仁礼町

広がる稲がまるで黄色い海!


 

須坂インター線から長野市方面を撮影。正面遠くに山、夕焼け、雲と光が放射状に伸びている。

撮影:うにお さん

場所:須坂市井上 須坂インター線

須坂市の夕陽はサイコーです

 

りんご畑の中、木陰で10時の休憩をする家族。

撮影:ぺー さん

場所:須坂市北部の果樹畑
ブドウの房切り作業の合間、10時の休憩をする家族の姿です

「100年後に残したい須坂」写真の投稿をお待ちしています

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 政策推進課
所在地:〒382-8511 長野県須坂市大字須坂1528番地の1
電話番号:026-248-9017 ファックス:026-246-0750
お問い合わせフォーム