信州須坂ロケーションガイド

ロケ地学校アイコン旧園里学校きゅうそのさとがっこう

須坂市指定文化財 平成5年4月1日指定

 園里学校は、明治6年に小山村止善学校の支校として、灰野村の地蔵堂を利用して開校しました。その後地蔵堂の焼失により、明治12年に平屋建て40坪の校舎が新築されました。この間に競進学校と改称し、更に明治15年に園里村立園里学校と改称しました。翌明治16年に児童数の増加に伴って、現存の二階建て校舎が新築されました。
 主屋の建築様式は、外壁を土造りにし、その隅の部分には漆喰を盛り上げて墨石を表しています。玄関の柱は木製円柱に筋彫りを施した洋風で、古い記録によると、玄関の上には、六角形の塔がついていました。
 このような建築様式は、明治20年より以前の学校建築などに用いられた擬様式(洋風建築と日本建築様式の折衷様式)の特徴をよく示しており、明治前期の公建築の動向を具体的に物語るものです。
 この校舎は、平成3年から同4年にかけて、建設当時の様式に近づけ、ほぼ完全な形に復元したものです。

所在地
長野県須坂市大字豊丘1076番地(豊丘上町)
ロケ実績
その他備考

Location Map旧園里学校の周辺地図

Links旧園里学校の関連リンク

お問い合わせアイコンContact Usお問い合わせ

ページの先頭へ