エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

須坂市移住応援サイト スザカでくらす

移住者の声・市民の声

峰の原高原で子育て / ペンションスタートライン 古川さんオーナーご夫婦

峰の原高原の第2ペンションエリアに鮮やかな緑色のペンションがあります。ペンションスタートラインのオーナー、古川さんご夫婦は、東京から移住をして、峰の原高原でペンションを営んでいます。オーナーの古川さんは、昆虫や魚が大好きで、水槽や虫かごがたくさん並ぶ、秘密の地下室まであります。虫好き、魚好きのお客様も全国から泊まりに来るそうです。ペンション経営や峰の原高原での暮らし、子育てについてお伺いしました。

●家族で始めたペンション経営

「私は、父の影響から、よく一緒に釣りや昆虫採集に出掛けていました。実家は、東京のど真ん中でしたので、辺りには自然が無く、自然豊かな所への憧れはありましたね。そんな中で、私が大学を卒業して少し経った、昭和61年10月に家族で峰の原高原にペンションをオープンしました。父は、仕事が忙しく、基本的には東京で働いていましたが、母が厨房を担当し、兄が接客、そして私はその2人のフォローをしていました。私は虫や魚が好きだったので、住むなら海沿いか、雑木林や川のあるところが良かったのですが、峰の原は、真逆の環境でした。また、就職せずにそのままペンション経営をすることに関して、戸惑いはありませんでした。私自身や私の家族も、就職に関しては、サラリーマンでなければいけないという考えもありませんでした。ペンション経営も、始めてみたら楽しいもので、生活には満足していました」

●夫婦二人でペンション経営へ

「その後、兄は、父の仕事の手伝いで東京に戻ってしまい、母と私でペンションを切り盛りしていたんですが、母が年末に大けがをしてしまったんです。幸い、大事には至らなかったのですが、母にこれ以上負担を掛けられないという思いもあったので、私が宿を経営することにしたんです。平成2年に結婚し、夫婦二人でペンションを営み始めました」

●好きを仕事に

「ペンションを経営していたのですが、魚好きの私としては、どうしても一から魚を養殖したいという思いもありました。夫婦でペンションを切り盛りするようになり、初めは大変でしたが、落ち着いたころから、魚の養殖を始めることにしました。市外ではありますが、水利権を取得し、岩魚などの川魚の養殖をしています。そこで養殖した魚は、料理としてお客様にも提供しています。自分にとって、信州で暮らすことは、天国なのかも知れないです。信州は、私の好奇心を刺激する大きな遊び場で、住んでいても飽きることがないです」

●地域全体で子どもたちを見守ってくれている

「大学時代には、塾で講師をしていたこともあり、峰の原でも長年子どもたちに勉強を教えていました。私自身、子どもが好きでしたので、今でも、菅平の中学校にバスケットを教えたり、定期的に塾で算数も教えています。峰の原の子どもたちは、保育園、小中学校と10年以上同じ子どもたちと顔を合わせるため、子どもたちの繋がりも都会とは違います。また、地域で見守っている雰囲気もあり、私たち夫婦も周りのペンションオーナーに助けて頂きながら子育てをしてきました。説明が難しいですが、峰の原で育った子どもたちは、都会の子と比べて感性が豊かだと感じます。峰の原の自然からさまざまなことを教わっているのだと思います」

●峰の原での暮らし

「養殖や塾講師など、今までいろんなことをしてきましたので、私は、ペンション経営者という感覚はほとんど持っていません。ただ、自分の中でこれだという芯は、常に持っています。ペンションオーナーは全て自分でやらなければならない分、納得して仕事ができます。しかし、何もしなければ、生活していけません。そして、やること全ては、自分の責任になります。しかし、自分の生き方を洗練させていくには、これほど恵まれた環境もないと思います」

 

ペンション スタートライン

長野県須坂市仁礼峰の原高原3153-885

http://www9.ocn.ne.jp/~oldriver/


一覧にもどる


     

     


このページに関するお問い合わせ先
総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1