エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

須坂市移住応援サイト スザカでくらす

移住者の声・市民の声

真っ黒なお湯の銭湯 / 須坂市地域おこし協力隊 伊藤真弓の『信州須坂で健康ぐらし』vol.24

みなさま、こんにちは。
須坂温泉古城荘で活動する地域おこし協力隊の伊藤です。

温泉
〈改正湯の黒湯:許可をいただいて撮影しています〉

3月に入り、昼間は手袋も上着もいらないぐらいのぽかぽか陽気の日が増えました。
朝晩もそれまでと比べてずいぶん暖かくなりましたが、日中との気温差がとても大きいのでこの時期は脱ぎ着しやすい服装を選んでいます。
が、最低気温-4度→最高気温16度、最低気温-1度→最高気温19度というような日は、着込んだものを脱ぐにも限度があるので、何を着たらいいのか悩みます(笑)。

ふきのとう
〈古城荘売店のふきのとう〉

道路わきに残っていた雪も溶け、古城荘の売店にはフキノトウも登場し始めました。
去年、初めてふきのとう味噌を作って、とても美味しくできて喜んでいたことを思い出しました。
これから、梅の花が咲き、桜が咲き、桃の花が咲き、様々な山菜が並び始め、里山~標高の高い山々の雪も少しずつ溶けはじめる、そのような季節が移りかわっていく日々を、わくわくした気持ちで過ごしています。
冬から春へ、季節の変化をはっきりと感じられるのは、信州で暮らす醍醐味だなぁと思っています。

雪
〈峰の原高原から根子岳へ上る途中の樹氷:2月8日〉

桜
〈私の第2のふるさと神奈川県二宮町は1月から菜の花が咲いています〉

 

先日、「温泉入浴指導員」の研修を受講し、温泉とは?、温泉入浴の身体的影響、温泉の効果、賢い温泉入浴法、救急法、年齢・健康状態に配慮した入浴プログラムなどを勉強しました。

その際、実習をさせていただいた銭湯「改正湯」は、なんと、真っ黒な温泉「黒湯」!
銭湯は水を沸かしていると思っていたので、温泉の銭湯があるということに驚きました。
そして、その温泉が真っ黒!!ということに、さらにびっくりしました。

みなさんは、「黒湯」ってご存知ですか?
「黒湯」に入ったことはありますか?

「黒湯」とは、主に湯船における湯の色が黒色をした源泉を指します。
黒色になる原因は、腐植質(地中に埋もれた植物が分解した有機物)によるもので、一般的には「モール泉」と呼ばれていて、濃度の濃さによって黒から褐色となります。
「黒湯」の入浴感覚は「ぬるぬる感」、入浴後の肌は「さっぱり・すべすべ感」と、優れた泉質を持ち合わせているとのこと。
女性にとっては(男性にとっても?)、うれしい効果ですね。

温泉に関することは、奥が深く、知れば知るほどおもしろいです。
みなさまにとってお役に立つ情報を、これからも分かりやすくお伝えしていきたいと思っています。

卒業・入学、入社、異動、引っ越しなど、環境の変化が大きいこの時期、季節の変化を楽しみながら過ごしましょう。

※信州須坂で健康ぐらしvol.1「春は苦い物を食べよ」はこちらをご覧ください
https://www.city.suzaka.nagano.jp/kurasuzaka/talk.php?id=308

桜のつぼみ
〈桜、今年はいつ咲くかな?〉

 

須坂温泉古城荘
https://kojousou.co.jp/
長野県須坂市日滝5414
TEL026-245-1460
古城荘

(須坂市地域おこし協力隊 伊藤真弓)


一覧にもどる


     

     


このページに関するお問い合わせ先
総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1