エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

須坂市移住応援サイト スザカでくらす

移住者の声・市民の声

梅雨を元気に乗り切りましょう / 須坂市地域おこし協力隊 伊藤真弓の『信州須坂で健康ぐらし』vol.6

伊藤さん
みなさま、こんにちは。
須坂温泉古城荘で活動する地域おこし協力隊の伊藤です。

5月30日、信州すざか農業小学校豊丘校第3回の授業のお手伝いで、裸足で田んぼに入って田植えをしました。

※「信州すざか農業小学校豊丘校」とは→動画でご覧下さいこちら

田植え

1

その後、車で10分ほどの豊丘ダムに行きました。
初めて訪れたのですが、昇竜湖の美しい青さに感動しました。周囲は緑で囲まれ、鳥のさえずりやそよ風がとても心地よく、別世界に入り込んだかのような感覚でした。

2

こんな素晴らしい場所に、市の中心部から20分ほどで行けるとは、須坂市ってホントいいな!と思いました。
この青さは、雪解け水が流れ込む今の時期限定とのこと。秋の紅葉の時期には、エメラルドグリーンに輝くそうです。

田んぼ

3

そんなダムを見ながら、長野の梅雨入りはいつなのかなぁ?と、ぼんやり考えていました。

ところで、「梅雨」という言葉にみなさんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

何日も雨が続いて、出かけるのが大変、洗濯物が乾かなくて困るなど、あまり好きではないという方も多いかもしれません。
また、なんとなく体調がすぐれない、頭が痛くなる、気持ちが落ち込みやすい、と感じる方もいらっしゃいます。
では、なぜ、体調不良が起きやすくなるのでしょうか?

梅雨の時期の体調不良には、湿気、気温、気圧が大きく関係しています。
◆湿度が高くなる⇒汗をかきにくいので体内の水分が出て行きにくくなる⇒「むくみ」「頭痛」「風邪」など
◆一日の気温差⇒「冷え」「肩こり」「食欲不振」「下痢」「腰痛」「頭痛」など
◆低気圧⇒自律神経が乱れる⇒「体がだるい」「やる気が出ない」「偏頭痛」「肩こり」など

これらの症状を解消するために、日常生活の中でできる改善方法をご紹介します。
■生活習慣を整える
〇朝起きたらカーテンを開け、太陽の光を浴びて自律神経を整えましょう。
(曇りや雨の日でも、太陽の光は地上に届いています)
〇しっかり睡眠をとりましょう。
■食事
〇1日3食、バランスのとれた食事を心がけ、内臓を冷やさないように温かい物(食べ物、飲み物)を摂取しましょう。
〇むくみ対策には、余分なナトリウム(塩分)と共に水分を排泄してくれる「カリウム」をとりましょう。ほうれん草や小松菜、アボカド、バナナなど、野菜や果物に多く含まれています。(大量に食べると胃腸が冷えて消化不良になることがありますのでご注意を)
※カリウムの食事制限が出ている方は医師に指示に従ってください
■軽い運動
ストレッチや散歩などの軽い運動は、血液の循環をよくするため、むくみ解消や疲労回復に効果があります。
■体を温める
シャワーだけでなく湯船につかって体を温めることにより、自律神経を整えることができます。また、汗をかくことで、リラックス効果、むくみ解消にもつながります。温泉は体を温めるのに効果抜群です!

ちょっと憂鬱になりがちな梅雨ですが、お米や作物の成長、夏場の水不足回避のためには、梅雨の時期に十分な雨が必要です。
雨音も自然音で、気持ちをリラックスさせる効果があります(vol.3参照)
仕事や家事の合間にほっと一息、お茶やコーヒーを飲みながら、雨音に耳を傾けてみませんか。

 

須坂温泉古城荘
4
https://kojousou.co.jp/
長野県須坂市日滝5414
TEL026-245-1460

(須坂市地域おこし協力隊 伊藤真弓)


一覧にもどる


     

     


このページに関するお問い合わせ先
総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1