エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

須坂市移住応援サイト スザカでくらす

移住者の声・市民の声

残された家財から見えてくるもの / 「サポート信州かたづけや」の勝山敏男さん

現在、空き家は全国で増え続けています。
今回は須坂市で不用品回収の片づけを仕事にしている「サポート信州かたづけや」の勝山敏男さんにお話しをお聞きしました。

●不用品回収の片づけをはじめたきっかけ

「不用品回収の片づけをはじめるきっかけは、両親がいなくなった実家の片づけでした。ゴミの量が多く何回も清掃センターに行きました。あまりにも量が多いので清掃センターの方に、清掃業者さんと間違われてしまいました。清掃業者さんに間違われた事から不用品を処理すると商売になることを初めて気づきました。そのような経緯から不用品回収の仕事の免許を取得し開業しました」

●不用品を片づける

「空き家の片づけの依頼は、一般の方や行政の方など様々です。大体一軒の空き家のゴミの量によりますが、約10~30万円くらいかかります。リサイクルできるものは、リサイクル業者に引き取っていただき、残っている不用品の処理については私達に依頼すると良いかと思います。
 単身者の方に人気がある家具は、リサイクルショップが買い取ってくれます。古い本などは、専門書や古い雑誌等は売れるかもしれません」

●住まなくなった家は

「住人が亡くなったり、福祉施設に入ったりして空き家になるケースは多いです。ご依頼いただくのは、県外に住んでいる親族の方が多いようです。
 最近は世代間のつながりが少なくなっている気がします。家自体は、飽和状態に関わらず新築は建てられています。一番これから考えていかなければいけないのは、空き家をどう活用していくかではないでしょうか」

実家などが空き家になった時、放置すればするほど不要品の整理は面倒になります。空き家になったご自宅の家財を早めに処分するために「サポート信州かたづけや」さんにお願いしてみてはいかがでしょうか。

地域おこし協力隊 和田

サポート信州 かたづけや
http://www.suzaka.info/support-shinshu/kataduke.html

tel 026-246-7181


一覧にもどる


     

     


このページに関するお問い合わせ先
総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1