エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

須坂市移住応援サイト スザカでくらす

移住者の声・市民の声

須坂に来て感じたこと / 八十二銀行須坂支店の酒向支店長

今回のインタビューは八十二銀行須坂支店の酒向支店長です。1年半前に須坂支店の支店長に就任しました。須坂に来て感じたことをお聞きしました。

八十二銀行須坂支店の酒向支店長

●須坂の印象

「長野市から電車で25分、高速道路のインターチェンジもあり、アクセスが良いところだと思います。災害も少なく、おいしい果物が食べることができ、扇状地から北アルプスが見渡すことができ景観も素晴らしいと感じました」

●発想力の必要性

「須坂支店に来る前は、東京の支店におりましたが、長野県のファンが多いことに驚きました。長野県は、良い景色、おいしい料理、おいしい酒があります。特にお酒に関しては、良い蔵元も多く、味も口当たりが良く、レベルが高いと思います。須坂に訪れるファンを増やすには、外から見た須坂の良さを知ることが大切だと考えています。
例えば、NHKの大河ドラマの真田丸のオープニングで米子大瀑布が使われています。大河ドラマの真田丸に登場する米子大瀑布のように、須坂のお宝に違った切り口からスポットライトを当てると面白いと思います」

真田丸チラシ画像

(真田丸で使われている米子大瀑布)

●須坂に住んでいる人について

「長野県は、北から南まで約300kmあり、東西南北の地域によって市民性が違います。須坂でご商売をされている方は、互いに顔を知りあっている間柄の方にはおもてなしをしてくださる一方、初めての方に対しては少し距離を置く傾向にあるような気がします。
旅行や観光というのは、歴史的な建物を見るよりも、地元の方と会話して、何か自分の知らなかったことを教えてもらったり、親切にしてもらったりと、些細な会話が思い出に残るものです。もう少し誰に対しても同じ距離感で会話ができるようになれば、旅に訪れた方の満足度が上がるのではないかと思います」

●町をもっと魅力的に

「私は岐阜県の生まれです。岐阜県には郡上八幡という観光地があります。「水のまち」とも呼ばれるほど町のあちこちに水路があり、野菜を洗ったり、子ども達が川に飛び込んだり、水と暮らしてきた文化があります。鮎もたくさん取れる地域ですので鮎を中心とした食文化もあります。美しい町並で、自分達の住んでいる所は自分達で綺麗にするという意識が根付いています。そのような暮らしが外から訪れる方にとって魅力的に見えています。住民が手をかけながら町を美しくすることが須坂でも必要とされていることではないかと思います」

お話しをお聞きし、今ある資源に対してどのようにスポットライトを当てるかが求められているのではないかと感じました。酒向支店長インタビューご協力いただきありがとうございました。

地域おこし協力隊 和田


一覧にもどる


     

     


このページに関するお問い合わせ先
総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1