エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

須坂市移住応援サイト スザカでくらす

移住者の声・市民の声

オープンガーデン01 オープンガーデン02

~森のような庭と暮らす楽しさ~ / 南横町にお住まいの松井幸子さん

~森のような庭と暮らす楽しさ~

 須坂市には、市民の皆さんが丹精込めた庭を無料で公開しているオープンガーデンという活動があります。オープンガーデンは、ガーデニング愛好家の情報交換や技術の向上を図りながら、人と人とのつながりや交流の輪を広げ、花や緑のある美しいまちづくりを進めています。
 そんなオープンガーデンの中でも、南横町にお住まいの松井幸子さんのお庭は、緑をテーマにし、雑木と山野草で作られている里山のような落ち着く空間です。松井さんに庭づくりの楽しさについてお聞きしました。

●きっかけ 

「私はもともと、須坂市豊丘町の出身です。小さい頃は里山で遊んだのが良い思い出です。その後、南横町に家を建てましたが、3年後に主人の転勤で横浜に引っ越しました。平成5年に須坂へ戻ってきてから本格的に庭づくりを始めました。横浜での生活は、マンションに住んでいたので土が恋しかったです」

●里山の景色を再現したい

「横浜から戻って、須坂の自然の素晴らしさを実感しました。だから庭づくりのテーマは、華やかな花を植える庭ではなく緑で統一感のあるような里山の景色を再現したいと思い、旅先で持ち帰った山野草を植えています。雑木は紅葉、リキュウバイ、白樺などを植えました。自分なりの癒しの空間ができました」

●土に触れる豊かさ

「自然に触れていると嫌なことも忘れ元気をもらいます。よく横浜の友達に会うと『表情が穏やかに変わったね』と言われます」

●庭を通しての生活の喜び

「植物は私に様々な豊かさを与えてくれます。冬は雪の下に隠れていて大丈夫かなと思うのですが、春になると必ず芽を出し花を咲かせ元気を与えてくれます。庭を通して友達と情報交換をしたり、見に行ったり交流する楽しさを与えてくれます。朝、自分で入れたコーヒーを持って、ガーデンチェアに座って、木漏れ日や鳥のさえずりを聞くと不思議と癒されます。おかげで庭仕事中心の生活となりましたが全く、苦になりません」

 松井さんと一緒に、小鳥のさえずりを聞き、木漏れ日にあたりながら庭のガーデンチェアに座りながらお話しをしました。とても贅沢な体験でした。
 雑木と山野草の織りなす、美しさ。思わず感動し、ため息がでました。なつかしい里山の景色は、日本の心のふるさとであり、癒しの存在であると、松井さんのお庭が教えてくれました。

 松井さん以外にも須坂には、たくさん素敵なオープンガーデンをしている方がいます。和風や洋風、花中心の庭だったり、自然のままに任せた庭だったり個性が様々です。ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

信州須坂オープンガーデン
https://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/item.php?id=59657d90664ac
 
地域おこし協力隊 和田

 


一覧にもどる


     

     


このページに関するお問い合わせ先
総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1