エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

須坂市移住応援サイト スザカでくらす

統計調査から分かる「東京と長野の生活費の違いはどれくらい?2021Ver.」

「移住したら生活費はどう変わるのだろう?」
日頃の移住相談においても生活費についての質問を受ける機会があります。
今回は総務省の家計調査から、2021年の支出について東京都区部と長野市(県庁所在地)で比べてみました。
ぜひ参考にしていただき須坂市移住相談会へご参加ください。

(※総務省家計調査より2021年1月~12月、2人以上の世帯)

夜景

●総務省家計調査とは

総務省の家計調査は、全国約9千世帯の方々を対象に、国民生活における家計収支の実態を把握するため毎月行われています。
★総務省家計調査ホームページ

2021年の一年間から主な支出をピックアップ!主な分類ごと年間でいくらかかっているのかまとめました。

光熱水道
長野の方が東京を上回っています。移住相談でも特に冬の暖房費を心配される方もいらっしゃいますが、年間で比べると光熱・水道の支出はそれほど変わらないようです。

 

食料
食料は主に食品や調味料、飲料、外食、学校給食などが対象で、長野の方が2割程度支出が少なくなっています。

 

保健医療
保健医療は主に医薬品、紙おむつや眼鏡などの医療用品・器具、診療・入院代などが対象で、長野の方が2割程度支出が少なくなっています。

 

交通通信
交通は主に鉄道・バス・タクシー運賃や自動車購入など、通信は主に郵便料や携帯電話の機器および通信料が対象です。

 

教育
今回の調査の中でもダントツで東京が長野を上回っています。特に学習塾の月謝等の費用が大きくかかっているようです。

教養娯楽
旅行の宿泊費や教養のための月謝、インターネット・放送受信料、映画・遊園地入場料などが対象です。

 

住居
家賃や家の外壁工事、植木の手入れ代などが対象です。

 

いかがでしたでしょうか?
コロナ禍前と比較すると、数字の違いはあっても、東京と長野の生活費の割合は以前とそれほど変わっていないようです。

★参考までに2019年にまとめた結果と是非比べてみてください
https://www.city.suzaka.nagano.jp/kurasuzaka/info.php?id=271

須坂市では、皆さんが移住への不安を取り除けるよう様々な角度から情報をお届けしています。ホームページはもちろんSNS等でも日々発信していますので、ぜひフォローしてご覧ください。
悩んでいたら、まずは移住相談会にご参加ください。

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)

家族

須坂市移住関連情報は以下をご覧下さい

※それぞれクリックしてご覧下さい

HP

Facebook
インスタグラム
Twitter

ブログ
メルマガ
YouTube

◇◆◇問い合わせ◇◆◇
須坂市役所 政策推進課
信州須坂移住支援チーム
〒382-8511
須坂市大字須坂1528-1
T E L :026-248-9017
メール:iju@city.suzaka.nagano.jp
担当 : 加藤、豊田
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


一覧にもどる


     

     


このページに関するお問い合わせ先
総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1