エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

須坂市移住応援サイト スザカでくらす

【移住者受入れ協力求人企業紹介】株式会社 酒井商會/日本一のあいさつができる会社を目指して

株式会社 酒井商會
代表者名:酒井志郎
従業員数:16名
創  業:明治43年
事業内容:自動車及び車両一般並びに部品の購入、販売と修理

自動車用品の販売
自動車のリース業
損保保険代理業
生命保険募集に関する業務

「いらっしゃいませ!」ショールームに元気よく明るい声が響き渡るこの会社は、須坂市高梨町にあるカーディーラーの酒井商會です。
創業は明治43年と歴史は古く、当初は自転車の販売店として始まりました。
現在は自動車販売や修理、車両リース、保険代理業など時代の流れに合わせた経営を行っています。
社長の酒井志郎さんは現在52歳。4代目として社員16名とともに「心と心のふれあい」をモットーに日本一の笑顔とありがとうの集まる店を目指し日々の仕事に取り組んでいます。
笑顔いっぱいで迎えてくれた酒井社長に職場の様子について話を聞きました。

須坂しごとラボvol.14 本文画像01

須坂しごとラボvol.14 本文画像02
須坂しごとラボvol.14 本文画像03

●基本はあいさつから
酒井社長が心掛けている社員教育の一つに「あいさつ」があり、社員が自然と笑顔になる朝礼に特長があります。
 「おはようございます」の言葉とともに「イェイ!」の掛け声で始まる朝礼の時間では、握手やハイタッチをして活気あふれる時間を全員で共有します。
経営理念を唱和し冊子の「職場の教養」を読んで感想を述べ合うなど、社員同士が気持ちを一つにするチームワークづくりを大切にしています。
酒井商會の特色ある「活力朝礼」の情報は県内外に広まり、これまで60社ほどの企業が視察に訪れているそうです。
酒井社長は、近年問題になっている子どもの不登校や自殺問題などに思いを巡らせることもあり、自分に何ができるのだろうかと考えた答えはやはり「あいさつ」でした。
 「あいさつをしない子どもに会うと心が折れそうになります。あいさつは相手の存在を認めること。 子どもたちを取り巻く社会問題も、気持ちの良いあいさつを実践する大人たち次第で状況を変えられるのではないでしょうか。大人が変われば子どもが変わる」
酒井社長は感慨深げに話してくれました。

須坂しごとラボvol.14 本文画像04
須坂しごとラボvol.14 本文画像05
須坂しごとラボvol.14 本文画像06


●日々学び続ける会社
酒井商會は「日本で一番の笑顔とありがとうの集まるリゾートカーディーラー」を目指しています。
酒井商會が言うリゾートカーディーラーとは「考えただけでワクワク笑顔になる」「ずーっといたい」「何度でも行きたくなる」リゾートのような職場を意味します。
毎日の元気な朝礼が社員同士のコミュニケーションづくりに役立ち、自然とお客様への対応にも繋がっています。
酒井商會は平成25年に感動物語コンテスト全国大会に出場し見事グランプリを受賞しました。
このコンテストは、今よりさらに「人を大切にする会社」に進化するきっかけになることを願い平成20年から毎年開催されています。
酒井商會は、お客様に重い病気の家族がいたことから、社員が一丸となって千羽鶴を折り、朝礼でも回復を祈り続けました。
お客様の悩みを自分たちの事のように受け止め行動するという心温まるエピソードを発表し、多くの感動を与えグランプリに輝きました。
酒井社長は社員同士で学び合うことも重要だと考えています。
酒井商會には「ありがとうカード」というものがあり、社員がお互いに感じた「ありがとう」の気持ちや、どんな小さな感謝でもカードに書く取り組みをしています。
社員教育の一つとして気付き力のトレーニングにもなっています。
また、学べる映画があれば社員で共有しようと鑑賞を課題にするなど、常に人間力を高めることを心掛けています。

須坂しごとラボvol.14 本文画像07  須坂しごとラボvol.14 本文画像08

●地域を元気にする取り組み
あいさつを基本とする酒井商會の元気な取り組みは、地域にとって必要不可欠な会社となるよう、さらには高齢者や子ども達にとって無くてはならない存在になりたいという思いを目標に掲げています。
 「私たちが元気に笑顔であいさつすることで、生きる素晴らしさを感じてくれる人々がいます。その人々のためにも無くてはならない会社であり続けたいですね」

酒井社長は今後に向けた願いを話してくれました。
酒井商會では中学生の職場体験を男女問わず積極的に受け入れています。
男の子には車整備の一環で1週間で洗車のプチ達人になってもらいます。
お父さんやお母さんなど大切な人の車をきれいに洗車し感動させてあげてほしいというのが狙いです。
酒井商會で職場体験を終えた中学生の保護者からは、子どもが自然とあいさつができるようになったというお礼の手紙をもらうこともあるそうです。
また、酒井社長は市内の保育園や小中学校、警察学校などに出向き、あいさつの大切さ(意味・意義)を伝えようと講演活動も行っています。
子ども向けの講演には、戦隊ヒーローを登場させ寸劇で楽しく伝える工夫もしています。
5人のヒーローはその名も常笑戦隊「サカレンジャー」です。
このようなユニークなアイデアからも酒井商會の明るい雰囲気がわかります。

須坂しごとラボvol.14 本文画像09
須坂しごとラボvol.14 本文画像10
須坂しごとラボvol.14 本文画像11

●求める人材
求める人材について酒井社長は「やる気、素直さのある人」だと答えてくれました。
酒井商會では年に一度、社内で笑顔大賞やMVPの表彰を行っています。酒井社長が求める、やる気を引き出すイベントです。
その他にも大事なイベントとして「サカイ大家族誕生日会」を毎月開催しており、サポーター(取引業者)を含めて当月に誕生日を迎える人たちをお祝いするそうです。
 「何事も取り組むことに無理、無駄というのはないと思います。
結果が出なくても、それは失敗ではなく成長や成功にしか繋がりません」そう話す酒井社長は常に前向きです。
社長自身も自己の向上のために研鑽を積み、平成29年3月に長野県が進めている信州おもてなしマイスターの認定を取得しました。
これは各業界、各地域でお客様に対するおもてなしの心の向上を牽引するリーダーを養成し、中核となり得る人材に与えられる認定証です。
取得するまで一年間かけて講座を受講し、その修了者から選ばれた認定でもあります。
このことからも酒井商會をよりよい会社にしようとする酒井社長の努力と深い思いが感じられます。
酒井商會では、車の整備や受付業務、営業部門で働く仲間を求めています。
心の通った挨拶と常に感謝の気持ちで進化し続ける酒井商會で、あなたも笑顔になって働いてみてはいかがでしょうか。

須坂しごとラボvol.14 本文画像12 須坂しごとラボvol.14 本文画像13

◆社員の採用情報と応募について
酒井商會はマツダ正規ディーラーとして、自動車販売、修理、パーツ販売、リース及び保険代理業などを行っています。すべてのお客様と心のふれあいを大切にしながら、情報の受信・発信源として生活に欠かせない企業を目指しています。修理・メンテナンス・お客様への対応レベルを充実させるため自動車整備士、メカニック業務、受付業務等のスタッフを募集しています。

須坂しごとラボvol.14 本文画像14


お問合せ先
株式会社 酒井商會
〒382-0054 須坂市高梨町2535
電話 026-245-0397(代) 
FAX 026-245-2931
http://www.sakai1910.co.jp/


(PDF形式の記事はこちら)

<2017年8月掲載>

その他の移住者受け入れ協力求人企業の記事はこちら
https://www.city.suzaka.nagano.jp/kurasuzaka/info.php?id=248
移住支援信州須坂モデルとは(概要PDF)
https://www.city.suzaka.nagano.jp/kurasuzaka/info.php?id=185
移住体験ツアー随時開催中!ご希望の事業所をご案内します
https://www.city.suzaka.nagano.jp/kurasuzaka/event.php?id=113

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)


一覧にもどる


     

     


このページに関するお問い合わせ先
総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1