エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

須坂市移住応援サイト スザカでくらす

【移住者受入れ協力求人企業紹介】社会福祉法人グリーンアルム福祉会/育児休業からの復職率100%の職場

社会福祉法人グリーンアルム福祉会
代表者名:町田 滋
従業員数:165名
創      業:平成12年
事業内容:老人介護福祉施設として診療所を有し特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、ケアハウス、グループホーム、デイサービスセンター、訪問看護、温泉を利用してのデイケア等

 

今、日本では65歳以上の“高齢者”人口の割合は過去最高を記録しています。介護老人福祉施設では高まる需要と、それに従事する働き手の人員確保が課題となっています。
須坂市にも求人の出ている『社会福祉法人グリーンアルム福祉会』があります。
この施設は平成13年10月16日、豊かな緑が広がる須坂市仁礼地域に「住民の皆さんに健康で充実した安らかな高齢期を過ごしていただきたい」という理念のもとに開設されました。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、認知症対応型のグループホームや快適な居住空間のケアハウスの入所を中心に、通所系のデイサービス、デイケア、訪問系の訪問介護、訪問看護などが集まる複合施設で、入所者188人・通所者60人と職員約170人が働いています。一般市民も利用できる診療所もあり、3人の医師が診察を行っています。
育児休業からの復職率100%の職場01 
育児休業からの復職率100%の職場02

●働く環境について
「女性職員による育児休業後の復職率は100%、チームワークのとれた職場です」と話すのは総務部人事係の小林直美さんです。小林さんは、この施設の開所当時から子育てをしながら勤務をし、高校1年生と小学校3年生の二人のお子さんを育てるお母さんです。「産後は1年の育児休業を経て復帰する職員が多く、それまでの間は、みんなでフォローし、お互いに助け合っている職場です。何よりも子育て支援に力を入れています。 この“助け合う精神”は高齢者を支えることにもつながっていると思います」と話します。とても心強い職場です。 職員のみなさんからも“きちんと休暇がとれる、規則正しい時間で働ける職場”という声があり、とても満足している様子がうかがえました。
グリーンアルム福祉会で働くスタッフの勤務形態は、日勤の仕事が朝8時45分から17時30分、夜勤は通常月に4~5回あります。また、様々な状況に応じて細かな勤務体系をとることができます。複合施設のメリットとして、法人内で希望の部署に異動ができることも大きいポイントだそうです。採用条件には介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)の取得が必須で、その後は働きながら3年間実務経験を積み介護福祉士を取得してほしいとのことでした。また、夜間に痰吸引を行うため、介護士には喀痰吸引等の資格取得が求められます。職員が自ら内外の研修を受講するなど、レベルアップにつなげる支援も充実しています。

育児休業からの復職率100%の職場03

●“人が好き”が基本条件
転職して12年目になる小林裕樹(介護福祉士)さんは、介護職主任として90人の入所者がいる部署を50人の職員とともに利用者の支援をしています。「以前はイベント関係の会社に勤務していましたが、介護の仕事に転職したきっかけは、自分がお爺ちゃんお婆ちゃん子だったこと、何も恩返しが出来なかったという思いからでした。介護福祉士を取得しましたが、自分の成長を求めて外部のリーダー研修に参加させてもらっています。担当する介護老人保健施設は、利用者様と職員を合わせるとグリーンアルムの中で一番人数が多いので人間関係が大変ですね。利用者様のためにも、チームで統一した目標を持つことが重要だと思います。利用者様からの“ありがとう”の言葉がこんなにも嬉しいものなのかと胸がいっぱいになることがあります。利用者様が自分を頼ってくれることは喜びであり、仕事をするうえでの励みです。“人が好き”が基本条件の仕事です」

育児休業からの復職率100%の職場04

●“介護しかない”と思える仕事
 勤務経験が16年目になる村石由子(介護福祉士)さんは、入所者50名の特別養護老人ホームで介護職主任を担当しています。「これまで働きながら二人の子を出産し復職をしました。出勤したらカルテやその日の予定のチェックを行い、介護業務に入ります。自宅が近いこともあって続けられています。ちゃんと休暇はとれますし、お互いにサポートし合えるチームワークがあります。チームで技術的な研修を度々行い、皆でレベルアップしています。介護の仕事は腰を痛めやすいと言われますが、腰痛を防ぐコツがあります。何よりも“利用者様のありがとうの言葉や笑顔がうれしい”“仕事が楽しい”ということです。楽しくなければこの仕事はできません。自分には介護しかないと思っています」
育児休業からの復職率100%の職場05

●長く続けられる仕事
勤務経験13年目の中島優子(看護師)さんは、介護老人保健施設の看護主任で、子育てしながら働いてきた経験者です。
「自宅が近所で、特に子どもが小学生の頃は働きやすい環境でありがたかったです。仕事は利用者様のその日の身体状況のチェックを中心に、血圧測定や体温測定、投薬などをしています。常に職員同士が声を掛け合って、一人の利用者様を多職種で対応し、ご自宅での生活が可能になることを目標としています。利用者様がご自宅へ戻る時は本当にうれしくて皆で喜びます。利用者様との会話は人生の先輩の話として役に立っています。長く続けられる仕事だと思います」
育児休業からの復職率100%の職場06

●利用者のためにできること
特別養護老人ホームは “終の棲家”としての利用者を受入れているため看取り介護も行っています。慣れ親しんだ施設内で、自然な形で死を迎える支援に力を入れているそうです。日々の生活を楽しんでもらおうと工夫を凝らし、近隣の保育園の園児たちや外部からのボランティアによるイベントの開催など、様々な楽しい時間を利用者に提供しています。「利用者様の笑顔は何よりの励みです」と職員の皆さんは言います。

仲間と助け合える方、相手を思う心を大切にしている方、何より『人が好き』という方、そんな方からのご応募をお待ちしております。
 


◆職員の採用情報と応募について
福祉・保健・医療の連携の下における必要なサービスを充実させ、継ぎ目のない施設として利用者のお手伝いをさせていただいています。 会社説明会、施設見学は随時受付けています。

育児休業からの復職率100%の職場07


お問合せ先
社会福祉法人 グリーンアルム福祉会
〒382-0034 長野県須坂市大字仁礼7番地10
電話 026-215-2662(代)
FAX 026-215-2030
http://www.greenarum.jp/

(PDF形式の記事はこちら)

<2016年9月掲載>

その他の移住者受け入れ協力求人企業の記事はこちら
https://www.city.suzaka.nagano.jp/kurasuzaka/info.php?id=248
移住支援信州須坂モデルとは(概要PDF)
https://www.city.suzaka.nagano.jp/kurasuzaka/info.php?id=185
移住体験ツアー随時開催中!ご希望の事業所をご案内します
https://www.city.suzaka.nagano.jp/kurasuzaka/event.php?id=113

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)


一覧にもどる


     

     


このページに関するお問い合わせ先
総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1