エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

須坂市移住応援サイト スザカでくらす

【移住者受入れ協力求人企業紹介】株式会社サンジュニア/20年先まで見えるビジネス~太陽光発電事業~

株式会社サンジュニア
代表者名:西原弘樹
従業員数:144 名
創  業:昭和56年
事業内容:太陽エネルギー利用による給湯機、暖冷房機器等の製造・販売・工事
               太陽光発電システム・石油ガス給湯器・暖房用ボイラー等の製造・販売・工事
               家庭電器用品、家庭用品等の製造・販売・工事


「20年先までのビジネスが見えているんだよ」そう話すのは、株式会社サンジュニア会長の西原秀次さん。
昭和55年、国の太陽エネルギー法案成立と同時にサンジュニアは設立されました。
「かけがえのない地球を守りたい」の創業精神を掲げ、自然豊かな長野の地から、たとえ微力でも力になりたいとの強い思いから起業。
CO2増大による温暖化の影響で危機的状況にある地球を、なんとかして食い止めたいと、サンジュニアでは、これまで日々、研究開発に取り組んできました。現在では、世界最高水準のソーラーシステムを確立し、国内唯一の開発、製造、販売、アフターサービスまで一貫して行っています。
長野電鉄須坂駅から徒歩10分ほど。近隣には2年前に開校した須坂創成高校やスーパーマーケットが立地し、人々が行き交う通りに面した道を100mほど入った場所にサンジュニアの本社があります。現在、社員数は男女合わせて計140名。西原会長は現在66歳。常に社員に心を配り、明るい話題で接してくれ、とても若々しい会長です。
西原秀次さん 

●社員寮を有効活用~企業の垣根を越えて~
注目したのは2年前に購入した他の企業の寮。
サンジュニア本社に隣接していた寮が売りに出されたのを機に、自社の社員のみならず他の市内企業の従業員も利用できるようにと会社で購入。企業の垣根を越えて貸出しを始めました。家賃は駐車場1台分付きで月3万5千円。建物は40名の収容が可能で、現在は市内8社の社員、男女30名ほどが利用しているそうです。
また、今後は貸オフィスとしても活用し、創業支援の取り組みを行っていく予定で、既に新品のデスクや家具、大型パソコンが設置された部屋もありました。
社員寮が新しい活用方法で生まれ変わる、そこには先見の明をもつ西原会長の考えがあります。
「食堂だったところは交流の場としてぜひ活用してほしい。今の時代の若者が不得意な婚活の場になってもいいしね。卓球台も置く予定だから」会長は若者の立場に立って明るく話します。
また『地元に生かされている企業』という考えのもと、地域から利用の希望があれば提供もしたいとのことでした。
株式会社サンジュニア01  株式会社サンジュニア02

●サンジュニアの仕事と人づくり
市内では、小中学校など公共施設10か所の屋根にサンジュニアの太陽光発電パネルが設置され、発電事業が行われています。平成24年から施行された国の固定価格買取制度によりパネルの運用は20年間。固定価格買取制度とは、太陽光、風力などで発電した電気を、電力会社が期間中、一定価格で買い取ることを国が約束する制度であり、会長が語る“20年先まで見えるビジネス”である。
サンジュニアでは、この期間の売電収入を有効利用したいという考えから、地域のイベントなどがあれば電力の提供をしたい意向とのこと。また、学校の施設内には非常用電源を取付け、さらには子どもの自然学習の一環として、発電や使用状況が見えるように大きなモニターを設置しています。
広い工場に目を向けると、太陽熱の集熱パネルを組立作業中。西原会長は、パネルの仕上げ作業にあたる社員の技術の上達を逃さずキャッチ。「すごいな!やり直しなく一度で出来るようになったじゃないか」その場で直接伝えることで作業場の雰囲気が変わり、西原会長の素晴らしい一面を目の当たりにしました。
株式会社サンジュニア03  株式会社サンジュニア04
 実際に社員の木川夏香さんに話をうかがいました。入社して2年ほどの木川さんは、技術開発部企画担当として勤務にあたっています。出身は長野県茅野市。学生時代は和歌山県に在住。
「卒業後は地元にUターンしようと思っていました。大学の先生の勧めで大阪で開催された就職説明会に参加したことがきっかけとなり、サンジュニアへの就職が決まりました。入社当初は、実家に近い諏訪営業所を希望し配属となりましたが、平成27年2月に須坂市の本社へ異動になりました」以来、社員寮の利用者第1号として、現在は寮の管理も任される明るく元気な社員です。今、担当している主な仕事は、営業所で取扱うカタログの管理や総務的なデータ入力のオフィスワークが中心。データ入力は、太陽光発電の設備について各営業所からの情報をまとめて国へ報告。『本社は営業の基本の場』の理念から、社員が動くために必要なことを揃える役目を自分は担っていると話します。
「電気工事士第2種など、入社してから約6種類の資格を取得したが、まだまだ知らないことも多い。もっと満足した仕事ができるよう、自社商品の勉強会にも参加して今後の仕事につなげたい」と木川さん。これからやってみたい仕事に、現場に出てメンテナンスをするなど、直接、物に触れる業務に携わりたいと抱負も語られました。仕事で大変なこと、苦労することは?との問いかけにも「毎日いろいろあっても寮に帰れば仲間がいるから気分転換ができて助かっている」とポジティブな答えが返ってきました。社内の雰囲気についてうかがうと「会長や社長は、いつも声を掛け社員をよく見てくれている。楽しく温かい方達なので職場は本当に感じが良いです」と。
社内はとてもきれいに整頓されており、日差しが充分行き届く明るい職場でした。
株式会社サンジュニア05   株式会社サンジュニア06

●ユニークな社員特典
サンジュニアでは社員に対して、いくつかのユニークな特典があるのも特長です。
☆営業担当者には車を一台与え、仕事以外にも使用可能とする。
☆電気工事士や建築士などの各資格を取得すると、ひとつの資格につき給料が5,000円アップ。4つまで申請出来るので自力で2万円のアップが可能!
☆社員の子ども一人につき、高校卒業後から就職するまでの間、月2万円の補助が受けられる。
などなど、会長のお人柄が見える制度だと思いませんか?
最後に、サンジュニアではどんな人を求めているのか西原会長にお聞きしました。「機械が好きな人がいいね!」と即答。今後の目標は「人づくり」と答える。「今の若者はすべてにおいて経験不足。社員教育も2年はかかる。学力も大切だが、スポーツやサークル活動など、もっと人間的な部分を磨いてほしい」と。
 

人の暮らしにやさしい “自然エネルギー”を利用した太陽光発電事業。20年先まで見えるサンジュニアの取り組みによって、人々の暮らしにはどんな未来が待っているのか。西原会長が宣言する、まさに“次の時代のビジネス”にあなたも加わってみてはいかがでしょうか。

 

◆社員の採用情報と応募について
サンジュニアでは事業の各部門に、販売業務の「営業」、メンテナンスにあたる「業務」、新しい製品開発に携わる「技術者」がおり、常に優秀な人材を探しています。
会社説明および見学も随時受付けていますのでお気軽にお問合せください。

株式会社サンジュニア07
お問合せ先
株式会社サンジュニア
〒382-8533 長野県須坂市須坂1595-1
電 話 026-215-2600
FAX 026-215-2601
http://www.sunjunior.co.jp/


(PDF形式の記事はこちら)

<2016年5月掲載>


その他の移住者受け入れ協力求人企業の記事はこちら
https://www.city.suzaka.nagano.jp/kurasuzaka/info.php?id=248
移住支援信州須坂モデルとは(概要PDF)
https://www.city.suzaka.nagano.jp/kurasuzaka/info.php?id=185
移住体験ツアー随時開催中!ご希望の事業所をご案内します
https://www.city.suzaka.nagano.jp/kurasuzaka/event.php?id=113

(須坂市移住・定住アドバイザー 豊田貴子)


一覧にもどる


     

     


このページに関するお問い合わせ先
総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1