ホームスザカでくらす須坂を語る > 住民インタビュー

住民インタビュー

須坂市内にて田舎暮らしを始められた方々の体験談をご紹介しています。 移住のきっかけや苦労した事等々、移住までの経緯や現在の生活の様子についてのお話をお聞きました。 移住を検討されている方は是非参考にしてください。

仕事を語る
  • ふるさとを感じる日本型の理想土(リゾート)宿
    【移住者受入れ協力求人企業紹介】須坂しごとラボvol.17 花仙庵 仙仁温泉岩の湯
    <須坂しごとラボVol.17> 代表者名:金井辰巳 従業員数:53名 創  業:昭和34年 事業内容:旅館業 仙仁温泉岩の湯は、須坂市街地から菅平高原に向かう峠の入り口にある国道406号沿いの山間にたたずむ温泉宿です。 県内外からリピーターも多く「一年先まで予約ができない宿」と言われるほどの人気の宿です。 須坂市内から車で15分程度、須坂駅からも市民バスが出ていて終点が岩の湯になります。 岩の湯の駐車場に入ると従業員がすかさず車の誘導に走る姿が印象的です。 「仙仁(せに)」....
    もっと見る
  • 「日本の農業を変えたスピードスプレヤー」
    【移住者受入れ協力求人企業紹介】須坂しごとラボvol.22 株式会社ショーシン
    <須坂しごとラボVol.22> ショーシン「日本の農業を変えたスピードスプレヤー」 代表者名:山岸由子 従業員数:137名 創  業:昭和24年 事業内容:特殊自動車(スピードスプレヤー(農業用薬剤散布車)、フレールモア(草刈り機)、電動棚下作業台車(EV車)など農業用機械)の製造販売 須坂市は果樹の栽培に適した気候のため、人気の高級ぶどうシャインマスカットやりんごなど多くの品種が栽培される果樹王国です。その農作業に欠かせない薬剤散布車「スピードスプレヤー」を日本で初めて開発した....
    もっと見る

仕事を語るをすべて見る

人を語る
  • 「念願だった長野移住を果たして」 
    須坂市地域おこし協力隊 早川航紀の『原点回帰の長野移住』Vol.1
    初めまして、2018年8月から須坂市の須坂温泉古城荘にて活動しております、地域おこし協力隊の早川航紀(はやかわこうき 27歳)です。 念願だった長野移住を果たし、あっという間に2か月が経ちました。 今回は自己紹介を兼ねて須坂移住をしてみての感想をお伝えできればと思います。 ●移住のキッカケ 私の故郷は長野県の木曽郡という同じ長野でも南の地域でした。 須坂市よりもずっと田舎の山育ちだった私はありがちな「都会に出たい」という理由もあり、東京の大学に進学しました。 都会生活も日々刺....
    もっと見る
  • 「峰の原高原とキキョウ」 
    須坂市地域おこし協力隊 古川広野の『ただいま!峰の原高原』Vol.3
    皆さんこんにちは。須坂市峰の原高原地域おこし協力隊の古川です。 この記事では、私の峰の原高原での活動を通して、その魅力を皆さんに伝えていきたいと思います。 ●夏の峰の原高原 気づけばもう9月です。気温も徐々に下がってきて、峰の原高原では朝と夜は寒いくらいの日が多くなってきました。確実に秋の気配が近づいていますね。 さて、峰の原高原の夏はどんな様子だったのでしょうか。峰の原高原では、昔から夏はテニスやゴルフのお客さんで賑わっていたのですが、近年は陸上の合宿で来ている人たちがとても多いで....
    もっと見る

人を語るをすべて見る

場所を語る
  • 動画で須坂市をご覧ください 
    【YouTube視聴できます】移住先としての須坂市をご紹介します
    須坂市ってどんなところ? 移住先としての須坂市を動画でご紹介します! 普段移住相談会で紹介しているパワーポイントを音楽とナレーション付きの手作り動画でご覧いただけます。 また、須坂市が移住希望者に対し仕事と住まいを一括して情報提供し支援を行う「移住支援信州須坂モデル」が番組になりケーブルテレビで放映されました。 須坂市の気候や生活環境、医療や買い物、子育て環境など幅広くご案内しています。 移住先で仕事が必要という方も必見! ぜひご覧いただき移住相談会にお出かけください。 ....
    もっと見る
  • 暮らしの情報をご紹介します 
    『須坂市ってどんなところ?』 暮らしサポート情報
    須坂★暮らしサポート情報      須坂市は自然の風景が身近に感じることができ、中心市街地から山側の地域までがコンパクトにまとまった「便利な田舎町」です。 須坂市に暮らしたらどんな生活が送れるのかをご紹介します。 № カテゴリ タイトル 内容 1 子育て 出産から子育てに関わる制度 出産からお子さんの健やかな成長に関わるおもな制度をご紹介します ....
    もっと見る

場所を語るをすべて見る

イベントを語る
  • 記事や画像でご覧ください 
    ★須坂市求人情報★それぞれの企業を記事でご紹介しています
    ★移住者の受入れ協力求人企業を記事でご紹介しています   移住を希望してみても肝心な仕事がなかなか決められないという方は多いはず。面談で行ったり来たりを繰り返すのも大きな負担がかかります。そこで実際に求人が出ている企業を訪問し、取材をしながら「須坂しごとラボ」として1社ごと記事にまとめています。ハローワークの情報だけでは知ることができない会社の様子をきめ細かく紹介することで、移住を希望する方々がよりリアルに理解し、安心して移住先の仕事がイメージできるようにしました。掲載している仕事....
    もっと見る
  • 「地方移住に必要なものってなに?」
    銀座NAGANOの山越移住推進員に聞きました!
    須坂市では月に一度、東京の銀座にある長野県アンテナショップ銀座NAGANOで移住希望者個別相談会を開催しています。予約制なので、個別でゆっくり落ち着いて相談できるのがメリットです。相談では移住後の仕事や住居について、また移住体験ツアーの打ち合わせまで具体的な情報を提供しています。 銀座NAGANO4階の移住交流・就職相談コーナーには、長野県移住推進員の山越典幸さんが常駐しています。山越さんは長野市の出身です。都会から長野県へ移住を考える方の相談に乗り、県内の市町村に繋ぐ役割....
    もっと見る

イベントを語るをすべて見る

モノを語る
  • 盆栽と魅力と須坂
    松山園(しょうざんえん)/山本千城子(ちやこ)さん
     盆栽屋の松山園(しょうざんえん)にお邪魔しました。松山園には、見渡すかぎり盆栽があり、盆栽ワールドが広がっています。 インタビューに答えていただいたのは、オーナーの山本千城子(ちやこ)さんです。山本さんは、四代目の園主で、唯一女性で盆栽技能保持者の1人です。日本盆栽作風展組織委員長賞の受賞経験者としても、山本さん以外に女性はいません。 ●盆栽屋のはじまり 「明治時代に曾祖父の商売は古典植物の蘭、万年青(おもと)から始まりました。当時、須坂で盆栽ブームが起こり、販売する植物も盆....
    もっと見る
  • 健康なものを作り、食べる豊かさ
    食育キッチン、野味一(ヤミー)という飲食店オーナーの堂原映子さん
    ~健康なものを作り、食べる豊かさ~ 今回のインタビューは、2014年11月にオープンした食育キッチン、野味一(ヤミー)という飲食店オーナーの堂原映子さんです。須坂駅から20分ほど車を走らせた、東中学校の裏の住宅地にお店はあります。自然あふれる場所で、お店に到着すると気持ちの良い気分になります。野味一は、野菜たっぷりのスパゲティーや季節の炊き込みご飯など、旬の須坂産の野菜を中心に使いボリューム満点の料理を提供しています。 そんな堂原さんにお店を開いたきっかけや、須坂の暮らしについてお聞きし....
    もっと見る

モノを語るをすべて見る



このページに関するお問い合わせ先
総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1
ページの先頭へ