ホームスザカでくらす須坂を語る > 住民インタビュー

住民インタビュー

須坂市内にて田舎暮らしを始められた方々の体験談をご紹介しています。 移住のきっかけや苦労した事等々、移住までの経緯や現在の生活の様子についてのお話をお聞きました。 移住を検討されている方は是非参考にしてください。

仕事を語る
  • 「日本の農業を変えたスピードスプレヤー」  
    【移住者受入れ協力求人企業紹介】須坂しごとラボvol.22 株式会社ショーシン
    <須坂しごとラボVol.22> ショーシン「日本の農業を変えたスピードスプレヤー」 代表者名:山岸由子 従業員数:137名 創  業:昭和24年 事業内容:特殊自動車(スピードスプレヤー(農業用薬剤散布車)、フレールモア(草刈り機)、電動棚下作業台車(EV車)など農業用機械)の製造販売 須坂市は果樹の栽培に適した気候のため、人気の高級ぶどうシャインマスカットやりんごなど多くの品種が栽培される果樹王国です。その農作業に欠かせない薬剤散布車「スピードスプレヤー」を日本で初めて開発した....
    もっと見る
  • 「安全・安心な暮らしを届ける地域密着企業」
    【移住者受入れ協力求人企業紹介】須坂しごとラボvol.21 山久プロパン株式会社
    <須坂しごとラボVol.21> 代表者名:宮川 浩 従業員数:41名 創  業:昭和29年 事業内容:LPガス卸・小売、オートガス販売、LPガス器具販売、石油・石油器具販売、LPガス配管工事、冷暖房設備工事、給排水設計工事、下水道設計工事 須坂市民の憩いの場である百々川緑地公園近くに山久プロパンの本社があります。 創業は昭和29年。長年にわたりLPガスの供給を通して地域の人々に愛され続けている燃料の総合商社です。 創業者の矢野圭吾氏は中野市の出身でしたが、設立時の景気状況を....
    もっと見る

仕事を語るをすべて見る

人を語る
  • ワイナリーへの就職と移住の夢が叶いました 
    <移住者インタビュー>岩崎正知さん「須坂市で夢だったワイナリーへ就職しました」
    須坂市亀倉の楠ワイナリーで働く岩崎正知さん(45歳)は、夢だったワイナリーへの就職を果たし、今年(2018年)3月にご夫婦で東京から須坂市に移住してきました。現在、楠ワイナリーでショップ運営や営業部門を主に担当し、ソムリエの経験を活かしながら働いています。 須坂市に移住するまでの経緯や現在の仕事、須坂市の暮らしについて話を聞きました。 ●ワインの仕事を目指すことになったきっかけ 「大学時代から、いつか自分の店を持ちたいという夢を持っていました。もともとお酒が好きだったこともあり....
    もっと見る
  • 「草原を作ろう!」に参加して 
    須坂市地域おこし協力隊 古川広野の『ただいま!峰の原高原』Vol.2
    皆さんこんにちは。須坂市峰の原高原地域おこし協力隊の古川です。 この記事では、私の峰の原高原での活動を通して、その魅力を皆さんに伝えていきたいと思います。 ●イベントたくさん!峰の原高原 さて皆さん、峰の原高原では、1年の中で多くのイベントがあることを知っていますか? ゴルフコンペ、プリンスオープンテニストーナメント、高原食堂、草原をつくろう。星空ミーティング、SUZAKA-Yonako falls SKY RACE、きのこ祭り、お菓子パーティ、槍に刺さる夕日撮影会などなど、楽しそう....
    もっと見る

人を語るをすべて見る

場所を語る
  • 暮らしの情報をご紹介します
    『須坂市ってどんなところ?』 暮らしサポート情報
    須坂★暮らしサポート情報      須坂市は自然の風景が身近に感じることができ、中心市街地から山側の地域までがコンパクトにまとまった「便利な田舎町」です。 須坂市に暮らしたらどんな生活が送れるのかをご紹介します。 № カテゴリ タイトル 内容 1 子育て 出産から子育てに関わる制度 出産からお子さんの健やかな成長に関わるおもな制度をご紹介します ....
    もっと見る
  • 公立保育園10園すべて建て替えました
    須坂暮らしサポート情報③『自然の中で成長できる須坂市の保育園』
    <2018年度から園の数が変わり修正しました> 須坂市内には公立保育園が10園、私立保育園5園、私立幼稚園4園、また保育園と幼稚園の機能をあわせ持つ認定こども園があります。今回は市街地にある『須坂保育園』を訪ね、園児たちの様子や先生方の子育てへの取り組みについて園長の丸山克江先生にお話をお聞きしました。 ●子どもたちを地域が育て見守ります 「緑の山々が見える環境の中で育つ子どもたちは身近な自然に触れながらすくすく育っています。須坂市は自然が多く残っている町です。須坂保育園の園児....
    もっと見る

場所を語るをすべて見る

イベントを語る
  • 記事や画像でご覧ください 
    ★須坂市求人情報★それぞれの企業を記事でご紹介しています
    ★移住者の受入れ協力求人企業を記事でご紹介しています   移住を希望してみても、肝心な仕事がなかなか決められないという方は多いはず。簡単に行ったり来たり繰り返し須坂まで来ることもできません。そこで実際に求人が出ている企業を訪問し取材をしながら「須坂しごとラボ」として1社ごと記事にまとめています。ハローワークの情報だけでは知ることができない会社の様子をきめ細かく紹介することで、移住を希望する方々がよりリアルに理解し、安心して移住先の仕事がイメージできるようにしました。掲載している仕事....
    もっと見る
  • 「地方移住に必要なものってなに?」
    銀座NAGANOの山越移住推進員に聞きました!
    須坂市では月に一度、東京の銀座にある長野県アンテナショップ銀座NAGANOで移住希望者個別相談会を開催しています。予約制なので、個別でゆっくり落ち着いて相談できるのがメリットです。相談では移住後の仕事や住居について、また移住体験ツアーの打ち合わせまで具体的な情報を提供しています。 銀座NAGANO4階の移住交流・就職相談コーナーには、長野県移住推進員の山越典幸さんが常駐しています。山越さんは長野市の出身です。都会から長野県へ移住を考える方の相談に乗り、県内の市町村に繋ぐ役割....
    もっと見る

イベントを語るをすべて見る

モノを語る
  • 盆栽と魅力と須坂
    松山園(しょうざんえん)/山本千城子(ちやこ)さん
     盆栽屋の松山園(しょうざんえん)にお邪魔しました。松山園には、見渡すかぎり盆栽があり、盆栽ワールドが広がっています。 インタビューに答えていただいたのは、オーナーの山本千城子(ちやこ)さんです。山本さんは、四代目の園主で、唯一女性で盆栽技能保持者の1人です。日本盆栽作風展組織委員長賞の受賞経験者としても、山本さん以外に女性はいません。 ●盆栽屋のはじまり 「明治時代に曾祖父の商売は古典植物の蘭、万年青(おもと)から始まりました。当時、須坂で盆栽ブームが起こり、販売する植物も盆....
    もっと見る
  • 健康なものを作り、食べる豊かさ
    食育キッチン、野味一(ヤミー)という飲食店オーナーの堂原映子さん
    ~健康なものを作り、食べる豊かさ~ 今回のインタビューは、2014年11月にオープンした食育キッチン、野味一(ヤミー)という飲食店オーナーの堂原映子さんです。須坂駅から20分ほど車を走らせた、東中学校の裏の住宅地にお店はあります。自然あふれる場所で、お店に到着すると気持ちの良い気分になります。野味一は、野菜たっぷりのスパゲティーや季節の炊き込みご飯など、旬の須坂産の野菜を中心に使いボリューム満点の料理を提供しています。 そんな堂原さんにお店を開いたきっかけや、須坂の暮らしについてお聞きし....
    もっと見る

モノを語るをすべて見る



このページに関するお問い合わせ先
総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1
ページの先頭へ