エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

須坂市移住応援サイト スザカでくらす

ホーム > 移住者の声・市民の声

移住者の声・市民の声

須坂市内にて田舎暮らしを始められた方々の体験談をご紹介しています。 移住のきっかけや苦労した事等々、移住までの経緯や現在の生活の様子についてのお話をお聞きました。 移住を検討されている方は是非参考にしてください。

移住者の声

  • 木内さん家族
  • No134 家族4人でUターン移住しました
    <移住者体験談>生まれ育った自然豊かな地で子育てがしたい
    はじめまして。2022年8月に東京から家族4人で移住してきました木内拓未と申します。 高校まで須坂市に隣接する長野市で育ち、大学進学を機に上京、そのまま就職、結婚し約9年間東京で過ごしていました。妻は須坂市出身で夫婦共に長野県出身と言うこともあり登山が趣味で、都内在住中もしばしば近くの山登りに出かけていました。地元が好きだった私たちは、いずれは長野へ戻ろうと考えていましたが子供の出産を機に、本格的に移住を考え始めました。 長男を預けていた東京の保育園では、園児がのびのび遊べるような園庭が併設....
    もっと見る
  • 臥竜公園の桜
  • No133 結婚を機に移住しました
    <移住者体験談>転勤生活から永住生活を目指して
    ●移住先を須坂市に決めた理由 2022年3月に新潟県から須坂市に移住しました。 移住した理由は全国転勤有りの前職で2017年から2019年まで同じ北信地方の中野市に住んでいたことがありまして、その2年間でこの地域の一年間を通した過ごしやすさが気に入り、将来的に永住するならこの北信地方に住んでみたいと思っていたからです。 もともと私の出身地は大阪ですが、前職の転勤を多く経験していて、須坂市に移住するまでに愛知県名古屋市、長野県中野市、石川県金沢市、白山市、小松市、新潟県小千谷市、長岡市とそれ....
    もっと見る
  • 野澤さん
  • No132 大好きな山に恩返しがしたい
    2022年10月着任!兵庫県から移住した須坂市地域おこし協力隊の野澤健太です
    ●移住先を決めるまで はじめまして。 2022年10月から須坂市地域おこし協力隊に着任した野澤健太です。 1986年7月10日生まれの36歳(8月着任の北隊員と同い年)です。 出身は栃木県宇都宮市です。兵庫県明石市から移住してきました。 明石市に住んでいた頃は海まで徒歩15分という環境だったので、空いた時間を利用して明石海峡大橋と淡路島を一望できる松江海岸にて黄昏るのが好きでした。 大好きな松江海岸からの景色(奥に見えるのは淡路島) 大好きなアルプスが見れる環境....
    もっと見る
  • 移住者の声
  • 移住への不安解消にお役に立てばうれしいです
    「須坂市移住者100人の声」を紹介しています!移住後のおもなコメントをピックアップしました
    須坂市移住者体験談130人を超えました!  須坂市では毎月2回のメルマガ等で移住者の声を紹介しています。 移住を検討している皆さんは、ぜひ参考にご覧ください。 記事は下の画面をクリックしてご覧下さい   須坂市移住関連情報は以下をご覧下さい それぞれクリックしてご覧下さい↓ 信州須坂移住支援チームです!お気軽にご相談下さい ◆◇問い合わせ◇◆◆◇◆◇ 須坂市役所 政策推進課....
    もっと見る
  • 犬の散歩
  • No131 須坂市にUターン移住しました
    <須坂市移住者体験談>心が満足になる生活って幸せです
    8年間東京で過ごし、今年(2022年)4月に須坂市へUターンした寺澤梨菜です。 短大の保育科を卒業後、東京都内の大学に編入し、心理や福祉の勉強をしました。これまで勉強してきたことを活かしたいと思い、保育園で働いていました。 Uターンした理由は、須坂市が大好きだからです。東京もとっても楽しかったですが、須坂の事を忘れた事はありませんでした!須坂の魅力をもっとたくさんの人に知ってほしいです。 ●移住までの情報収集について 今年(2022年)1月に銀座NAGANOで須坂市移住相談会があるこ....
    もっと見る

移住者の声をすべて見る

協力隊の声

  • ふくだや
  • “ふくだや”を守りたい
    須坂市地域おこし協力隊 北 直樹の『須坂キラビト』vol.5
    地域おこし協力隊の北直樹(自称のーす)がお届けする連載「須坂キラビト」は、須坂市に関わるキラリと光る情熱を持つ人をテーマに、活動のきっかけ、これまでの苦労や未来の活動についてもお話を伺う。 第5回目は須坂市北横町の「ふくだや 山岸昂太さん」を取材した。 ※左が昂太さん、右が2代目で父の広和さん 山岸昂太さん(28歳) 須坂市出身 高校を卒業後、医療機器販売営業として東京で働く。2年後、当時の労働環境の問題などもあり退職。実家へ帰省し、ちょうど家業の人員不足から手伝いを始....
    もっと見る
  • 新崎さん
  • ここぞの“シンザキ”を目指して
    須坂市地域おこし協力隊 北 直樹の『須坂キラビト』vol.4
    地域おこし協力隊の北直樹(自称のーす)がお届けする連載「須坂キラビト」は、須坂市に関わるキラリと光る情熱を持つ人をテーマに、活動のきっかけ、これまでの苦労や未来の活動についてもお話を伺う。 第4回目は須坂市日滝の「新崎酒店 新崎 孝志さん」を取材した。 新崎孝志さん 須坂市日滝出身 大学を卒業後、初代の父親からの意向を受け事業を承継。現在は独自の仕入れルートで他店には無い品揃えを展開し、市外や県外からのお客様も多い。 本業と共に酒Trap(さけトラップ)という団体の活動....
    もっと見る

協力隊の声をすべて見る

市民の声

  • ふくだや
  • “ふくだや”を守りたい
    須坂市地域おこし協力隊 北 直樹の『須坂キラビト』vol.5
    地域おこし協力隊の北直樹(自称のーす)がお届けする連載「須坂キラビト」は、須坂市に関わるキラリと光る情熱を持つ人をテーマに、活動のきっかけ、これまでの苦労や未来の活動についてもお話を伺う。 第5回目は須坂市北横町の「ふくだや 山岸昂太さん」を取材した。 ※左が昂太さん、右が2代目で父の広和さん 山岸昂太さん(28歳) 須坂市出身 高校を卒業後、医療機器販売営業として東京で働く。2年後、当時の労働環境の問題などもあり退職。実家へ帰省し、ちょうど家業の人員不足から手伝いを始....
    もっと見る
  • 新崎さん
  • ここぞの“シンザキ”を目指して
    須坂市地域おこし協力隊 北 直樹の『須坂キラビト』vol.4
    地域おこし協力隊の北直樹(自称のーす)がお届けする連載「須坂キラビト」は、須坂市に関わるキラリと光る情熱を持つ人をテーマに、活動のきっかけ、これまでの苦労や未来の活動についてもお話を伺う。 第4回目は須坂市日滝の「新崎酒店 新崎 孝志さん」を取材した。 新崎孝志さん 須坂市日滝出身 大学を卒業後、初代の父親からの意向を受け事業を承継。現在は独自の仕入れルートで他店には無い品揃えを展開し、市外や県外からのお客様も多い。 本業と共に酒Trap(さけトラップ)という団体の活動....
    もっと見る

市民の声をすべて見る

信州須坂移住支援モデル

  • 木内さん家族
  • No134 家族4人でUターン移住しました
    <移住者体験談>生まれ育った自然豊かな地で子育てがしたい
    はじめまして。2022年8月に東京から家族4人で移住してきました木内拓未と申します。 高校まで須坂市に隣接する長野市で育ち、大学進学を機に上京、そのまま就職、結婚し約9年間東京で過ごしていました。妻は須坂市出身で夫婦共に長野県出身と言うこともあり登山が趣味で、都内在住中もしばしば近くの山登りに出かけていました。地元が好きだった私たちは、いずれは長野へ戻ろうと考えていましたが子供の出産を機に、本格的に移住を考え始めました。 長男を預けていた東京の保育園では、園児がのびのび遊べるような園庭が併設....
    もっと見る
  • 臥竜公園の桜
  • No133 結婚を機に移住しました
    <移住者体験談>転勤生活から永住生活を目指して
    ●移住先を須坂市に決めた理由 2022年3月に新潟県から須坂市に移住しました。 移住した理由は全国転勤有りの前職で2017年から2019年まで同じ北信地方の中野市に住んでいたことがありまして、その2年間でこの地域の一年間を通した過ごしやすさが気に入り、将来的に永住するならこの北信地方に住んでみたいと思っていたからです。 もともと私の出身地は大阪ですが、前職の転勤を多く経験していて、須坂市に移住するまでに愛知県名古屋市、長野県中野市、石川県金沢市、白山市、小松市、新潟県小千谷市、長岡市とそれ....
    もっと見る

信州須坂移住支援モデルをすべて見る



     

     


このページに関するお問い合わせ先
総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1