エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

須坂市移住応援サイト スザカでくらす

ホーム > 移住者の声・市民の声

移住者の声・市民の声

須坂市内にて田舎暮らしを始められた方々の体験談をご紹介しています。 移住のきっかけや苦労した事等々、移住までの経緯や現在の生活の様子についてのお話をお聞きました。 移住を検討されている方は是非参考にしてください。

移住者の声

  • 100人
  • 移住への不安解消にお役に立てばうれしいです
    須坂市移住者117人の声を紹介しています!移住後のおもなコメントをピックアップしました
    ◆須坂市移住者体験談100人を超えました!  須坂市では毎月2回のメルマガ等で移住者の声を紹介しています。 移住を検討している皆さんは、ぜひ参考にご覧ください。 記事は下の画面をクリックしてご覧下さい ◆体験談から主な感想をピックアップ! 須坂市に移住して感じたことや移住までの過程などをピックアップしました。 右の画像をクリックするとそれぞれの体験談ページにリンクします。     No    移....
    もっと見る
  • 岩田さんご夫婦
  • No117 須坂市は求めるものが揃うまちでした(神奈川県から移住) 
    <移住者インタビュー>就農移住して2年、この春に独立します!
    2021年4月に就農独立し「信州すざか ともよファーム」を始動させる岩田泰聖さん、智代さんご夫婦。2018年12月に就農を目指して神奈川県から須坂市に移住し、以来2年間の新規就農里親研修を無事に終え、新たなスタートを切ろうとしています。来月の独立に向け準備期間中というご夫婦に、移住までの経緯や須坂市の生活について話を聞きました。(※写真は岩田さんからご提供いただきました)   ●移住のきっかけと自分自身への気付き 「電車通勤で1時間かけて都内の人材派遣会社で営業マンとして勤務して....
    もっと見る
  • 佐藤さん
  • No116 移住後は360度の景色に毎日感動しています
    <移住者体験談>移住への思いを貫き東京都から須坂市に移住しました
    東京都から須坂市に移住しました佐藤真澄です。 これからの人生を考えた時、以前から好きだった長野県に住みたいと思い移住を決断しました。 ●移住のきっかけ 20代の時にスノーボードが好きで、白馬や栂池などにリゾートバイトに行ったりしていました。長野県の大自然と、地域の人達の暖かさ、地元食材や、宿の畑で収穫した野菜を使った賄い料理も美味しくて、その頃から長野県に魅力を感じていました。 また、20代後半から務めたフランス料理店では、ワインの魅力に惹かれてソムリエを取得。フランスワインと日本ワ....
    もっと見る
  • 伊藤さん
  • No115 須坂市地域おこし協力隊(須坂温泉古城荘)に2021年1月着任
    <移住者体験談>ご縁と直感に導かれて千葉県から須坂市に移住しました
    はじめまして。2021年1月から須坂温泉古城荘で須坂市地域おこし協力隊として活動をはじめました、伊藤真弓です。昨年のクリスマスの日、12月25日に千葉県千葉市から須坂市に引っ越してきました。  ●移住のきっかけ 私は、長野県と同じく海がない奈良県奈良市で生まれ育ちました。高校卒業後に千葉、その後は神奈川県と千葉県内の大学や市役所、企業で、保健師として幅広い世代の方たちの健康増進の支援に携わってきました。山や自然が大好きで、数年前まではトレイルランニングやロゲイニングなどで毎月のよ....
    もっと見る
  • 永山さん
  • No114 手書きの看板屋さん~永山宏さん
    <移住者インタビュー>須坂市はリフレッシュできる自然豊かな場所
    永山宏さんは群馬県で生まれましたが、幼少期に長野市に来ます。 高校卒業後、美術を学ぶため東京の専門学校へ行きました。 2018年に結婚し、店舗兼住宅を求め、翌年の2019年須坂市に引っ越してきました。   ●手描きの看板屋さん 祖父が絵描きであったためその影響を受け、小さいころから絵を描くことが好きでした。 前職の木材建築金物店で働く傍ら、Tシャツなどをデザインしていたこともあり、閉業を機に自分の好きな手描きをやろうと決意しました。 「KOKA FACTORY....
    もっと見る

移住者の声をすべて見る

協力隊の声

  • 八重桜
  • 鼻呼吸で元気いっぱい
    須坂市地域おこし協力隊 伊藤真弓の『信州須坂で健康ぐらし』vol.4
    みなさま、こんにちは。須坂温泉古城荘で活動している地域おこし協力隊の伊藤です。  3月末から4月下旬までのほぼ1か月間、須坂市内のあちこちでお花見を楽しみました。 市内には、桜の名所が数多くあり、また、桜の種類が多く、標高差もあるため、長い期間いろいろな桜を楽しむことができます。 <4/25須坂温泉古城荘の八重桜>   桜もそろそろ終わりかなぁという時期からは、桃、リンゴや梨などの果物の花が咲き始めました。 そして今、季節は新緑。 <4/25りんご....
    もっと見る
  • 寝転がる
  • 自然の音でリラックス
    須坂市地域おこし協力隊 伊藤真弓の『信州須坂で健康ぐらし』vol.3
    みなさま、こんにちは。 須坂温泉古城荘で活動する地域おこし協力隊の伊藤です。 4月上旬のよく晴れた暖かい日に、臥竜公園や坂田山共生の森など、市内のあちこちにお花見に出かけました。 たくさん歩いたあと、百々川河川敷の芝生の上でごろ~んと横になりました。 太陽が眩しくて目をつぶると、川の流れの音が耳に入ってきて、とても心地よく感じました。 そういえば、さっき鳥の声を聞いたときも、風で葉っぱが揺れる音を聞いたときも、心地よかったなあと思い出し、須坂は自然が豊かで、日常....
    もっと見る

協力隊の声をすべて見る

市民の声

  • 篠塚さん
  • 自身で育てた間伐材でのログハウス作りに,学生との交流の場の提供も!楽しみが尽きない自由人
    須坂市地域おこし協力隊 宮島麻悠子の『須坂おもしろ人物記』vol.14
    こんにちは!地域おこし協力隊の宮島麻悠子です。 須坂で活躍している方へのリレーインタビュー、今回は篠塚久義(しのづかひさよし)さんです。  宮島:ここはログハウスですか?もしかしてご自身で建てたのですか? 篠塚さん:そうそう。うちの山の間伐材で、平成4(1992)年に自分で建てたんですよ。春先に間伐して、冬が来る前に出来上がった。この他にも6〜7軒建てたかなあ。他には平成5(1993)年に東中学校の前のバス停も間伐材で建てたんだよ。 <インタビューを行ったログハウ....
    もっと見る
  • 山上さん
  • アコーディオンで人を幸せにする梨園主は、縁談の神様
    須坂市地域おこし協力隊 宮島麻悠子の『須坂おもしろ人物記』vol.13
    こんにちは!地域おこし協力隊の宮島麻悠子です。 須坂で活躍している方へのリレーインタビュー今回は珍梨園の山上正建(やまかみまさたけ)さんです。 宮島:前回インタビューさせていただいたTEMOの小林さんから、梨農家兼アコーディオン奏者兼色々、と伺ったのですが、本業は梨農家さんになるのでしょうか? 山上さん:まあそういうことにしておきましょう(笑) 宮島:須坂で果樹栽培といえばりんごやぶどうが多いですが、どうして梨を栽培することになったのですか? 山上さん:それはね....
    もっと見る

市民の声をすべて見る

信州須坂移住支援モデル

  • 100人
  • 移住への不安解消にお役に立てばうれしいです
    須坂市移住者117人の声を紹介しています!移住後のおもなコメントをピックアップしました
    ◆須坂市移住者体験談100人を超えました!  須坂市では毎月2回のメルマガ等で移住者の声を紹介しています。 移住を検討している皆さんは、ぜひ参考にご覧ください。 記事は下の画面をクリックしてご覧下さい ◆体験談から主な感想をピックアップ! 須坂市に移住して感じたことや移住までの過程などをピックアップしました。 右の画像をクリックするとそれぞれの体験談ページにリンクします。     No    移....
    もっと見る
  • 佐藤さん
  • No116 移住後は360度の景色に毎日感動しています
    <移住者体験談>移住への思いを貫き東京都から須坂市に移住しました
    東京都から須坂市に移住しました佐藤真澄です。 これからの人生を考えた時、以前から好きだった長野県に住みたいと思い移住を決断しました。 ●移住のきっかけ 20代の時にスノーボードが好きで、白馬や栂池などにリゾートバイトに行ったりしていました。長野県の大自然と、地域の人達の暖かさ、地元食材や、宿の畑で収穫した野菜を使った賄い料理も美味しくて、その頃から長野県に魅力を感じていました。 また、20代後半から務めたフランス料理店では、ワインの魅力に惹かれてソムリエを取得。フランスワインと日本ワ....
    もっと見る

信州須坂移住支援モデルをすべて見る



     

     


このページに関するお問い合わせ先
総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1