エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

須坂市移住応援サイト スザカでくらす

ホーム移住関連情報 > お知らせ

お知らせ 一覧

須坂への移住に関連するさまざまな情報をお知らせしています。ご興味のある方は是非お気軽にご参加ください。

お知らせ
  • センター

  • 明治から平成の時を越えて活躍するまゆ蔵の観光交流拠点「蔵のまち観光交流センター」
    ◆須坂の歴史的産業遺産をご紹介◆ 明治から昭和初期まで製糸業で栄えた須坂市は、今でも当時のまゆ蔵が残る町並みがあります。 今回は明治20年代後半に建てられた当時のまゆ蔵を利用して造られた須坂市の観光交流拠点「蔵のまち観光交流センター」をご紹介します。 観光交流センターに向かうには、銀座通りを入ってクラシック美術館と土蔵造りの越家を通り抜けます 当時は須坂の玄関口でもあった須坂市横町交差点 銀座通りはそこからすぐです 須坂煎餅堂さんの真裏に見えるのが土蔵造りの越家で....
    もっと見る
  • チラシ

  • 1名随時募集!須坂市地域おこし協力隊 (町なかリノベーションat須坂プロジェクト)~経験やスキルと新たな視点でチャレンジしませんか?~
    今までの経験やスキルとセンスを活かして空き家・空き店舗の活用にチャレンジしてみませんか? ★Iターン者はもちろんUターンの須坂市出身者も大歓迎です!! 長野県の北部にある須坂市は、築100年以上の味のある古い建物を活かしたお店が急増中。 ゲストハウスやユニークな居酒屋、個性的な雑貨屋など建物の特徴を活かしオーナーの個性がきらりと光るお店が訪れる人を楽しませています。  地域おこし協力隊となったあなたには空き家・空き店舗などの資源を活用し、自らリノベーションを。 また、借りたい人....
    もっと見る
  • 正月飾り

  • 歴史と風情ある蔵の町「須坂」~蔵(クラ)と漆喰(シックイ)のアンティークの意味で名付けられた!?「須坂クラシック美術館」
    ◆須坂の歴史的産業遺産をご紹介◆ 明治から昭和初期まで製糸業で栄えた須坂市は、今でも当時のまゆ蔵が残る町並みがあります。 その名も「銀座通り」。 中でも特に大規模な建築物の旧牧家は、現在「須坂クラシック美術館」として生き続けています。 展示している古い着物や羽織でオシャレを楽しんでいた当時の女性たちが、家の中にある急な階段をどうやって上り降りしていたのだろうか?と古き時代に思いを馳せること間違いなしです。 この歴史と風情ある町並みは、須坂市に移住された方たちにも驚きと発見、感動を与....
    もっと見る
  • 東京

  • 統計調査から分かる「東京と長野の生活費の違いはどれくらい?」
    普段、東京などで開催する移住相談会で受ける質問に「長野での生活費はどれくらいなのか」というご相談があります。移住先での暮らしを想定するうえで、生活費は特に知っておきたい情報の一つかもしれません。今回はこの点について総務省の統計調査からまとめてみました。ぜひ参考にしながら移住相談にお出かけください。 ●総務省の家計調査資料からまとめてみました 総務省の家計調査は、全国約9千世帯の方々を対象に、国民生活における家計収支の実態を把握するため毎月行われています。 ★総務省家計調査ホーム....
    もっと見る
  • 相談風景

  • 東京・大阪・名古屋で開催した移住相談会での相談者が12月1日で500組になりました!~相談内容を集計し結果を公表します~
    移住相談会での相談者が12月1日の相談会で500組になりました! ~信州須坂移住支援チーム発足(H26)以来、相談内容を集計し結果を公表します~ 須坂市政策推進課に信州須坂移住支援チームが発足した平成26年度以降、東京・大阪・名古屋で開催する移住相談会でお受けした相談組数が2019年12月1日時点で500組に達しました。 移住を希望される皆様と直接お会いしじっくりと相談を行い、ニーズを汲み取り、移住体験ツアーや移住体験ハウスの整備、空き家バンクによる住居の提供、最近では移住者受入協....
    もっと見る
  • 須坂市子育て支援イメージ01

  • 『須坂市ってどんなところ?』 須坂★暮らしサポート情報~暮らしの情報をご紹介します 
    須坂★暮らしサポート情報      須坂市は自然の風景が身近に感じることができ、中心市街地から山側の地域までがコンパクトにまとまった「便利な田舎町」です。須坂市に暮らしたらどんな生活が送れるのかをご紹介します。 № カテゴリ タイトル 内容 1 子育て 出産から子育てに関わる制度 出産からお子さんの健やかな成長に関わるおもな制度をご紹介します ....
    もっと見る
  • 案内中

  • 11/16~17ぐるっとながの移住体験ツアー『起+農+転+住』を実施しました!
    2019年11月16日(土)~17日(日)の2日間の日程で長野地域連携中枢都市圏をめぐる「ぐるっとながの移住体験ツアー」を開催しました。  当日は移住先を検討中の東京圏や関西方面など広い地域から定員の5組(8名)が参加してくれました。 今回のツアーは、信濃町と須坂市を開催地として『起+農+転+住』地方で働き方改革実感しよう!をテーマに、移住者からリアルな体験談を聞いたり現地に触れたりしてそれぞれの地域をめぐりました。  須坂市のツアー風景とともに当日の様子を簡単にご紹介....
    もっと見る
  • 子育て

  • 秋の時期は特に必見!須坂市の子育て関連情報&支援制度
    「子どもの入園・入学の時期にあわせて移住を考えています」 移住相談会で、子育て中のお父さんとお母さんからよくお聞きする内容です。 移住を検討する親御さんは自分たちの転職や住居のことだけでも頭がいっぱいなのに、お子さんの環境や入園・入学・学期などスケジュールもいっしょに考えていかなければなりません。それと同時に移住先の子育て制度などを調べておくことも必要です。 今回の情報を参考にしながら、移住相談会にぜひご参加ください。 ①2020年度(令和2年度)保育園・幼稚園の入園申し....
    もっと見る
  • ぶどう

  • 果樹王国須坂は今が旬!フルーツハリウッド
    ●市内の共選所から現況をお届けします 須坂市は昼夜の気温差と少雨の気候、そして水はけの良い土壌と扇状地形が果樹の栽培に適した地域です。映画産業で栄えたアメリカのハリウッドも同じように雨が少なかったことにちなんで、この地域を「フルーツハリウッド」と呼んでいます。 いよいよ須坂市も収穫の秋を迎えました。市内5つの共選所(日滝、高甫、日野、豊洲、井上)は収穫された果樹たちのオンパレード。リンゴ、ブドウ、桃、ネクタリン、梨など多くの果樹が農家さんによって持ち込まれ箱詰めされています。 ....
    もっと見る
  • さくらまつり

  • 須坂市臥竜公園さくらまつりに寄せて~日本さくら名所100選の臥竜公園と臥竜山の歴史~
    信州須坂も寒い冬を乗り越え待ちに待った春を迎えました。日本さくら名所100選に選ばれている臥竜公園では桜の開花を今か今かと待ちわびています。昨年(2018年)4月3日の開花宣言は予想を超えた早さで驚きましたが、今日現在(2019年4月5日)の様子では、つぼみこそ膨らんではいますが開花予想日はなんとも難しいところです。 お花見を控え、今回は臥竜公園さくらまつりを2倍楽しんでいただけるよう臥竜山や公園の歴史についてご紹介します。 昨年の開花宣言日(2018年4月3日)の臥竜公園池開きの様....
    もっと見る
  • 雑誌表紙

  • 「田舎暮らしの本」(宝島社)2019年5月号に移住支援信州須坂モデルが掲載されました
    田舎暮らしの本 2019年5月号に移住支援信州須坂モデルが掲載されました! 昨年(2018年)4月末に東京の銀座NAGANOで開催する須坂市移住個別相談会に神奈川県から参加したご家族。信州須坂移住支援チームのサポートで希望の須坂市移住者受け入れ協力企業を通じて転職し須坂市に移住されました。新しい職場やその後の家族の様子など、移住するまでの経過を含めた取材記事が掲載されています。 子どもの寝顔しか見られない帰宅時間。 疲れ切って休日も子どもと満足に遊んであげることができなかった毎日の生活....
    もっと見る
  • チーム集合写真

  • 産科医療が充実しています~長野県立信州医療センター~産婦人科医長の堀田先生にインタビュー
    須坂市街地にある総合病院「県立信州医療センター」は、地域の基幹病院として大きな役割を担っています。2018年に産科医師の増員や新たな施設の整備など受入れ体制を充実させ、さらに産前産後のサポートを進めています。 産婦人科医長の堀田大輔先生に、ご自身の仕事や産科の取り組みについて話を聞きました。 ●信州医療センターで産科医になろうと決めました 産婦人科医長の堀田先生は長野県上田市出身。趣味は、スノーボードや読書(村上春樹が好き!)、温泉(仙仁温泉の洞窟風呂に入ってみたい!)、海外旅....
    もっと見る
  • 蔵の町

  • なぜ須坂市が「蔵の町」としての歴史をたどったか~須坂市は歴史と文化が共存する町です~
    普段、東京や大阪、愛知などで開催している移住セミナーでは、須坂市が少雨で果樹栽培に適した気候であるなど暮らし環境の部分について発表しています。今回は明治から昭和にかけて製糸業で栄えた須坂市の地形や風土、現在もその姿を残す「蔵の町並み」の歴史的背景をご紹介します。 ●3つの地形区(山地・傾斜地・平地)の須坂市 須坂市は市街地を中心に周りを取り囲むように果樹畑が広がるなだらかな扇状地です。市内を走る百々川や松川は酸性の川になります。 なぜ酸性なのでしょうか。それは、川の上流に硫黄や鉄,銅な....
    もっと見る
  • キノコ村

  • 2019年2月16日,17日ぐるっとながの移住体験ツアー「長野で仕事しよう!」を実施しました
    ●須坂市の企業見学や、そこで働く移住者の体験談を聞きました 2019年2月16日(土),17日(日)の2日間の日程で長野地域連携中枢都市圏をめぐる「ぐるっとながの移住体験ツアー」を開催しました。 今回は東京や愛知などから7組8名が参加してくれました。 今年度、第3弾となる今回のツアーは「長野で仕事しよう!」をテーマに、移住先での仕事を検討するにあたり企業見学や移住者の体験談を聞きながら3市町村(坂城町、須坂市、長野市)をまわりました。 【第1日目】 坂城町からスタートし....
    もっと見る
  • 上空写真

  • <写真でご覧ください>【須坂市の暮らし】セミナーでご紹介しているパワーポイントです
    暮らしや子育て環境、移住支援の取組みなど様々な須坂市をご覧ください 2019年2月10日(日)東京八重洲の移住・交流情報ガーデンで開催した「テーマ別 長野地域移住セミナー+相談会」で発表したパワーポイントです。 ※下の画面をクリックしてください(PDF形式) ....
    もっと見る
  • スタッフ

  • 新しい移住者によって生まれ変わりました!「須坂市峰の原高原スキー場」
    ★2018年12月22日のオープンから2週間経ちました<2019年1月6日(日)取材> 峰の原高原スキー場は市街地から車で30~40分なので、小さいお子さんがいるご家庭も気軽に行けるおすすめスポットです。 2018年12月22日に有限会社インフィニティードリーマーズの経営によってリニューアルオープンしました。 市街地から車を走らせて10分もすると山道を上り始め、町では降っていなかった雪がちらちらと舞い始めるほど標高を実感し始めます。 このまま標高1500メートルまで山道を一気に上がり....
    もっと見る
  • 移住者受け入れ協力求人企業に就職が決まり移住しています 01

  • 移住者受け入れ協力求人企業に就職が決まり移住しています/信州須坂移住支援チームサポートによる移住者数が100人を超えました!
    1 信州須坂移住支援チームサポートによる移住者数が100人を超えました! 2 都会のサラリーマンが田舎のサラリーマンになるための壁を壊す取組をスタート 3 この1年で「移住支援信州須坂モデル」を使って6組10人が田舎のサラリーマンに! 4 国家資格キャリアコンサルタントを配置しアフターフォローを強化 5 移住者が気軽に集える場所「移住者サロン」を開設します 詳細は以下をご覧ください 1 移住支援チームサポートによる移住者数は100人を超えました 信州須坂移住支援チー....
    もっと見る
  • YouTube画面

  • 動画で須坂市をご覧ください / 【YouTube視聴できます】移住先としての須坂市をご紹介します
    須坂市ってどんなところ? 移住先としての須坂市を動画でご紹介します! 須坂市の暮らしをまとめたパワーポイントを音楽とナレーション付きの手作り動画でご覧いただけます。また、須坂市が移住希望者に対し仕事と住まいを一括して情報提供し支援を行う「移住支援信州須坂モデル」が番組になりケーブルテレビで放映されました。 須坂市の気候や生活環境、医療や買い物、子育て環境など幅広くご案内しています。 移住先で仕事が必要という方も必見!  ぜひご覧いただき移住相談会にお出かけください。   タイ....
    もっと見る
  • ワイナリーへの就職と移住の夢が叶いました01

  • ワイナリーへの就職と移住の夢が叶いました  / <移住者インタビュー>岩崎正知さん「須坂市で夢だったワイナリーへ就職しました」
    須坂市亀倉の楠ワイナリーで働く岩崎正知さん(45歳)は、夢だったワイナリーへの就職を果たし、2018年3月にご夫婦で東京から須坂市に移住してきました。現在、楠ワイナリーでショップ運営や営業部門を主に担当し、ソムリエの経験を活かしながら働いています。 須坂市に移住するまでの経緯や現在の仕事、須坂市の暮らしについて話を聞きました。 ●ワインの仕事を目指すことになったきっかけ 「大学時代から、いつか自分の店を持ちたいという夢を持っていました。もともとお酒が好きだったこともありますが....
    もっと見る
  • キノコ村に就職しました01

  • キノコ村に就職しました~幼い頃キノコ図鑑を見るのが大好きでした/<移住者インタビュー>大島貴文さん「一念発起!やりがいを求めて転職し須坂市に移住しました」
    ●移住のきっかけ 「幼い頃、図鑑でキノコを見るのが大好きで何回も何回も繰り返し見ていました」そう話すのは、今年(2018年)9月に茨城県から須坂市に移住した大島貴文さん(31歳)です。 大島さんは、ずっと興味があったキノコの仕事に携わりたいと、須坂市亀倉にある株式会社キノコ村に転職し10月から働き始めました。それまでは実家のある茨城県で10年間印刷会社に勤務し製本の仕事をしていました。30歳を迎えてから自分自身を振り返るようになり、このままこの仕事を本当に続けていくのかという疑問を持つと同時....
    もっと見る
  • 地方移住に必要なものってなに?01

  • 「地方移住に必要なものってなに?」  / 銀座NAGANOの山越移住推進員に聞きました!
    須坂市では月に一度、東京の銀座にある長野県アンテナショップ銀座NAGANOで移住希望者個別相談会を開催しています。予約制なので、個別でゆっくり落ち着いて相談できるのがメリットです。相談では移住後の仕事や住居について、また移住体験ツアーの打ち合わせまで具体的な情報を提供しています。 銀座NAGANO4階の移住交流・就職相談コーナーには、長野県移住推進員の山越典幸さんが常駐しています。山越さんは長野市の出身です。都会から長野県へ移住を考える方の相談に乗り、県内の市町村に繋ぐ役割....
    もっと見る
  • 相談に乗ってもらいながら徐々に不安をとりのぞきました01

  • 相談に乗ってもらいながら徐々に不安をとりのぞきました / <移住者インタビュー>市村卓也さん「東京都から須坂市の保育士になりました」
    今年(平成30年)の4月に東京都から須坂市へ移住してきた市村卓也さん(35歳)は目黒区の職員で保育士として働いていました。 これまでの勤務経験を生かして須坂市職員採用募集の社会人枠に応募し採用され、須坂市初の男性保育士になりました。 今年度から須坂市立井上保育園で2歳児クラス「たんぽぽ組」の先生として奮闘する毎日です。 取材の日も園児から「たくせんせー!」と廊下で呼び止められるほど保育園に馴染んでいます。 市村さんが須坂市に移住するまでの経緯や仕事について、また奥さんの智恵子さんと生後10ヶ月に....
    もっと見る
  • 移住支援信州須坂モデルが番組になりました! 01

  • 移住支援信州須坂モデルが番組になりました!  / 【YouTube視聴できます】須坂市へ移住した方の体験談を動画で紹介します
        『共創』〜皆でつくろう元気なすざか「移住支援信州須坂モデルとは?」 ※2018年1月須高ケーブルテレビで放送されました。 東京で暮らしていたご夫妻が「須坂モデル」を利用し移住に至るまでをインタビューでご紹介しています。 ★番組は、こちらをご覧ください(YouTube)★ https://www.youtube.com/watch?v=d7DQQe9nHqA ....
    もっと見る
  • ひんのべ汁やこねつけ、ニラせんべいを作りました01

  • ひんのべ汁やこねつけ、ニラせんべいを作りました / 「郷土料理を作ろう!」移住者交流会を開きました
    来たる新年も頑張ろうということで、今年須坂市に移住された皆さんと移住者交流会を開きました。 せっかく須坂市に移住したのだから郷土料理をみんなで作って食べよう!という企画で、「ニラせんべい」や「ひんのべ汁」、残りご飯で作る「こねつけ」、定番の「おやき」作りに挑戦しました。 ちょうどクリスマスの時季だったので、須坂のりんごを煮た手作りジャムを挟んでデコレーションしたケーキも作りました。 「カンパ~イ!」みんなで協力して作った料理を美味しくいただきました。        ....
    もっと見る
  • 「移住支援信州須坂モデル」で移住しました01

  • 「移住支援信州須坂モデル」で移住しました  / <移住者インタビュー>東京都から須坂市に移住した久米さんご夫婦と受け入れ企業の博善社
    平成29年9月に須坂市に引っ越して来て2ヶ月の東京出身の久米達也さん(45歳)と奥様の恵さん(45歳)のご夫婦は、須坂市の「移住支援信州須坂モデル」で移住されました。 この「移住支援信州須坂モデル」は仕事と住まいをパッケージングしてご紹介し移住へと繋げるものです。 久米さんご夫婦に、移住に至った経緯やご主人の新しい仕事についてお話しをお聞きしました。 また、久米さんを採用した博善社(葬儀会社)の竹村総務部長と久米さんの直属上司の小田切事業推進室参事にも移住者受け入れ企業の立場からお話をお聞き....
    もっと見る
  • 仕事と住居をパッケージで提供します01

  • 仕事と住居をパッケージで提供します / ストレスフリーでスピード移住「移住支援信州須坂モデル」
    1.移住相談~体験ツアー~仕事・住居までパッケージング  「移住支援須坂モデル」とはストレスフリーでスピード移住につなげる仕組  平成29年度(2017年)からスタートした『移住支援信州須坂モデル』で初めての移住者が須坂市へやってきました。『移住支援信州須坂モデル』とは一言で言うと、移住希望者に対して移住相談、移住体験ツアー、仕事・住居紹介等をパッケージにして提供することで、移住希望者の不安を解消しストレスフリーでスピーディーに移住へとつなげる仕組です。 ●『移住支援信州....
    もっと見る

一覧に戻る



     

     


このページに関するお問い合わせ先
総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1