ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

仁礼小学校リードオルガン修復完成披露式

仁礼小学校リードオルガン修復完成披露式の画像
須坂市立仁礼(にれい)小学校に古くからあったリードオルガン(昭和14年頃製造)を、小学校のOBが中心となって寄付金を集めて修復し、本日6月22日に修復完成披露式を仁礼小学校の音楽会に合わせて行いました。
このリードオルガンは昭和16年~17年頃に購入されたもので、現在の価格でおおよそ300万円位する高価でもあり、当時ピアノが購入されるまでの間主要な教育楽器としての役割を果たしたといわれています。
リードオルガンの写真
修復をしていただいた方は仁礼小学校の卒業生で、地元でピアノやオルガンの修理を行っている調律師の和久井輝夫さんです。和久井さんはオルガンの修理で全国的にも有名な方で、東日本の大震災で津波の被害を受けた学校のオルガン修理も手掛けました。
 披露式では修復を請け負った和久井さんから経過報告をいただき、リードオルガンの演奏と6年生の土笛による伴奏で、「ふるさと」の斉唱を行いました。リードオルガンの優しい音色と、子どもたちが演奏した透き通った土笛の音色に会場全体が包まれました。
最後に山﨑校長先生は 「リードオルガンへの想いや願いを次の世代に繋げていきましょう」 と子どもたちに伝えました。

このページに関するお問い合わせ先

総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1