ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

高橋義希さんが引退報告

高橋義希さんが引退報告の画像

 2021年12月28日、須坂市出身でサガン鳥栖(佐賀県鳥栖市をホームタウンとする日本プロサッカーリーグ(J1)に加盟するプロサッカークラブ)にプロ選手として所属していた高橋義希さん(36)がJFC須坂ジュニア総監督で一般社団法人須坂市スポー協会傳田明康会長とともに須坂市役所を訪問し、三木市長に引退報告をしました。
 高橋さんは小学2年生の時に、JFC須坂ジュニアでサッカーを始め、JFC須坂ヴェンセール、松商学園高等学校に進学し、卒業後は、サガン鳥栖(当時J2)に入団。その後、べガルダ仙台に3年間所属するも、
再びサガン鳥栖に所属する。
 2005年にトゥーロン国際大会ではU-21日本代表に選ばれました。また、1試合の走力距離では、14.583㎞のJリーグ記録を保持しています(2021年12月28日現在)。 
 高橋さんは「須坂でサッカーを始め、サッカーが好きであったからこそ、この年までできました。大きなけがをせずこの年までできたことに感謝しています。」と話されました。 

このページに関するお問い合わせ先

総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1