ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

令和元年東日本台風の課題を今後に生かす ~須坂市避難所運営訓練~

令和元年東日本台風の課題を今後に生かす ~須坂市避難所運営訓練~の画像
2019年10月12日の令和元年東日本台風では、市指定緊急避難場所を18か所開設し、最大で1,835人の避難者が一夜を過ごしました。避難者の住宅確保が決まる11月10日までの間、北部体育館を拠点避難所として運営しました。
この経験と課題を活かし、今後緊急避難場所と避難所を設置することとなった場合は、対応する職員と役割分担、考え方などを統一し、対応できるよう備えていくことが大切です。
このため、今年は「緊急避難場所のおよび避難所開設運営訓練」として8月23日(日)に実施。仁礼小学校体育館に、小中学校教職員、地元仁礼地区の区長、避難所を担当する須坂市職員の146名が集まり、避難所の開設から運営に焦点を充てた訓練を行いました。

seisatu
今年は新型コロナウイルス感染症に対応した訓練として、受付のフェイスシールド着用、検温、消毒などを行い、要配慮者支援や、避難者カードの確認。
避難所の設営では、区割りスペースを広く確保し、段ボールベットの作り方なども確認したほか、避難所の様々な状況を想定し訓練しました。

danball2
danball3
danball
小中学校を管理する教職員の皆さんも、必死にメモを取っていました。
参加された方は「避難所に焦点を絞った訓練でわかりやすかった。担当者が訓練のポイントごとにナレーションしてくれたのもよかった」と感想を述べていました。

このページに関するお問い合わせ先

総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1