ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

毎日の給食とおたより

表示させる年度

前日の給食

小学校・特別支援学校の給食 09月21日 (金)

五穀米ご飯、牛乳、みそけんちん汁、ニギスのから揚げ、茎わかめとつぼ漬けのかみかみ和え

今日の献立は「かみかみすざかっ子の日」です。
よく噛んで食べることを意識してほしくて、噛み応えのある食べ物をいくつか使っています。五穀米、ごぼう、大根、茎わかめ、つぼ漬け、そして新潟の海でとれた「ニギス」という魚です。「ニギス」は「頭」と「はらわた」をとり、食べやすくしています。よく噛めば、骨もそのまま食べられますよ。

【クイズ】(ゆっくり読んでね)
食事のとき、「一口」分を何回噛んで食べることがいいのでしょうか?
(1)3回
(2)10回
(3)30回

【答え】
(3)30回
私たちの食事は、昔に比べ、柔らかいものが増え、かむ回数が減っています。「噛むこと」は、消化を助け、脳の働きをよくして、歯並びもよくなります。皆さんは、一口何回噛んで食べていますか?

中学校の給食 09月21日 (金)

ご飯、牛乳、のっぺい汁、いわしのみりんじょうゆ焼き、きゃべつの野沢菜漬け和え、お月見だんご

今日の献立は「十五夜献立」です。
少し早いですが24日は、一年で一番月が美しく見える「十五夜」です。昔の人は、収穫の季節と重なることから、感謝の気持ちを込めて、月にすすきや里芋など畑でとれたものをお供えして、「お月見」をしました。給食も「秋にとれる食べ物」をたくさん使って「十五夜献立」を作りました。

【クイズ】 (ゆっくり読んでね)
「十五夜」は「中秋の名月」とも呼ばれますが、他には何と言う言い方があるでしょうか?
(1)卵名月
(2)芋名月
(3)団子名月

【答え】
(2)芋名月
収穫されたばかりの里芋をお供えしたり、「芋煮」にして食べる習慣から「芋名月」と呼ばれるようになりました。給食では、のっぺい汁に里芋を入れました。十五夜には、美しい月が見えるといいですね。

平成30年度

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会 学校教育課 学校給食センター
TEL:026-246-2104
FAX:026-246-5120
所在地:長野県須坂市野辺1386-5