ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

軽度・中等度難聴児補聴器購入費等補助金

補装具費支給制度の対象外となっている軽度・中等度難聴児の聴力の向上、言語の発達を支援するため、補聴器の購入や修理に要する経費に対し、補助をします。

補助の対象

次の要件の全てに該当する者の保護者に交付します。
なお、交付対象者の属する世帯に地方税法の規定による市町村民税もしくは特別区民税所得割額が46万円以上の者がいる場合は補助を受けられません。

(1)市内に在住する18歳未満の軽度・中等度難聴児
(2)聴力レベルが身体障害者手帳の交付対象外であること。
(3)一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会が指定した県内に所在する精密聴力検査機関の専門医により補聴器の装用が必要であると診断されていること。

対象経費及び補助額

購入

対象となる経費と補助額は(表1)のとおりです。
軽度・中等度難聴児補聴器購入費等補助金 対象経費 基準額 補助額
表1
軽度・中等度難聴用耳かけ型 補聴器の購入に要する経費
(電池を含む)
43,900円 対象経費または基準額のいずれか低い額の3分の2以内の額
骨導式ポケット型 補聴器の購入に要する経費
(電池及び骨導レシーバー又はヘッドバンドを含む)
70,100円
骨導式眼鏡型 120,000円
(表1)の補聴器の購入に併せてイヤーモールド等を必要とする場合は、(表2)の基準額の範囲内で必要な額を加算します。
表2
名称 1台あたりの基準額
イヤーモールド 9,000円
FM型受信機 80,000円
FM型用ワイヤレスマイク 98,000円
オーディオシュー 5,000円

修理

対象となる経費と補助額は(表3)のとおりです。
補聴器の種類 対象経費 基準額 補助額
表3
  • 軽度・中等度難聴用耳かけ型
  • 骨導式ポケット型
  • 骨導式眼鏡型
    (イヤーモールド等を含む)
補聴器の修理に要する経費 補装具の種目、購入又は修理に要する費用の額の算定等に関する基準(平成18年厚生労働省告示第528号)別表の2修理基準の(5)その他の補聴器の項に掲げる基準額 対象経費または基準額のいずれか低い額の3分の2以内の額

申請の流れ

購入前に書類の提出が必要です。交付決定通知書の到着後、購入をしてください。

購入前に提出するもの

  • 須坂市軽度・中等度難聴児補聴器購入費等補助金交付申請書
  • 一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会が指定した県内に所在する精密聴力検査機関の専門医が作成した意見書
  • 意見書の処方に基づき補聴器販売業者が作成した見積書
  • (申請する年の1月2日以降に転入した方のみ)世帯全員の市町村民税等額の課税状況がわかる書類

購入後に提出するもの

  • 須坂市軽度・中等度難聴児補聴器購入費等補助金実績報告書
  • 領収書
  • 須坂市軽度・中等度難聴児補聴器購入費等補助金交付請求書
(最終更新日:2022-03-24)

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 福祉課
TEL:026-248-9003
FAX:026-248-7208
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1