ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

「まるごと博物館構想」を核にした「人」・「地域資源」で紡ぎだすまちの元気創出事業

市内に点在する文化施設や文化財、歴史芸術、郷土食、それらを取り巻く人のすべてを活用した「まるごと博物館構想」。それを軸にさまざまな事業を展開し、“まちの元気を作り出す”プロジェクトが始まりました。
 

■事業が目指す将来像

①文化振興と地域への愛着度向上(若者の転出抑制・市内還流)
②観光集客施設との相乗効果で市内への人の流れを循環(地域資源による回遊性)
③観光消費額の増加と新たな雇用創出・チャレンジ人材の育成
 
市民の方に参加いただき「信州須坂まちの元気創出推進委員会」を設立し、民間事業者のノウハウも活用し、事業をすすめてまいります。
 

◆信州須坂まちの元気創出推進委員会について(令和2年7月30日設立)

国の地方創生推進交付金を活用し、2020年度から2022年度までを計画期間とする「『まるごと博物館構想』を核とした『人』・『地域資源』で紡ぎだすまちの元気創出事業」を実施する事業主体として令和2年7月30日に設立されました。
本事業は、市域にあるあらゆる文化財に着目し、「建物の中で展示物を見る」という博物館のイメージから脱却し、市域全体を博物館と捉えて、それらを通じて文化を学ぶ仕組みである「まるごと博物館構想」を推進することで、文化振興と市民の地域に対する愛着醸成(=文化振興事業)、人の流れを市内に循環させること(=回遊促進事業)、観光消費額の増加と新たな雇用創出を生み出し(=産業振興事業)、まちの元気を創出することを目指しています。
委員会は須坂市内の各種団体より選出された者で構成され、内部組織として3部会(文化振興部会、回遊促進部会、産業振興部会)を設置し、さまざまな分野で活躍する市民の皆さまに参加していただいています。各部会で実施する事業を検討し、委員会で審議・決定するという構成になっています。
 
【委員会組織団体】(順不同)
須坂市文化振興事業団、 須坂市観光協会、 須坂商工会議所、 須坂青年会議所、 ながの農業協同組合、  須高食品衛生協会、 須坂旅館組合、 須坂景観づくりの会、 須坂市立博物館ボランティア会 、信州須坂紙芝居のさとプロジェクト、 須坂市文化芸術協会、 須坂市社会教育委員会議、 須坂市
 

◆まるごと博物館について

須坂市は、まちの多様な文化が人を育てるという認識のもと、市域に豊富に存在する有形文化財、無形文化財、史跡、天然記念物といったあらゆる文化財に着目し、これらの文化的資源の最大限の活用を図ります。このために、従来の「建物の中で展示物を見る」という博物館のイメージから脱却し、市全域を博物館と捉え、市域のあらゆるところで文化財に触れ、それらを通じて地域の文化を学ぶことのできる仕組みが「まるごと博物館」です。
まるごと博物館は、各所に点在する文化財が他の文化財・文化施設・民間博物館等施設と、テーマやストーリー性をもってつながり、更に観光資源やまちの駅、市民と交流できる場所なども含めて構成します。
 

◆機能分散型総合博物館について

「まるごと博物館」を実現するため、市立博物館をはじめとする市内6施設の持つ博物館的機能を統合したうえで各施設の特徴・立地条件を生かして、その性格・目的を明確にし、全体として一つの「総合博物館」となるよう再構築します。
詳しくは「須坂市立博物館基本計画」をご覧ください。

 ◆その他

今後、いろいろな思いやアイディアを反映させて盛りあげていきます。事業の成功には須坂に関わるみなさまのご協力が不可欠です。一緒にまちの元気をつくりましょう。この事業は国の地域創生推進交付金を活用して実施します。
 
【関連資料】
「2020年度地方創生推進交付金実施計画【ver.2】」(PDF)
「長野県須坂市地域再生計画」(PDF)
「須坂市立博物館基本計画」(PDF)
「須坂市総合計画」(該当ページに移動します)

◆委員会議事録

第1回委員会(2020年7月30日)
第2回委員会(2020年12月9日)
第3回委員会(2021年1月13日)
第4回委員会(2021年4月9日)
(最終更新日:2021-04-28)

このページに関するお問い合わせ先

社会共創部 文化スポーツ課
TEL:026-248-9027
FAX:026-248-8825
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1