ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

臥竜山で行っている樹木等の伐採についての理由

須坂市では、2018年度から2022年までの5年間の計画で、「長野県森林づくり県民税」を活用し臥竜山の里山整備を実施しています。

臥竜公園里山整備利用促進基本構想

この里山整備は、臥竜公園里山整備利用促進協議会と須坂創成高校の皆さんで「本多静六博士設計の臥竜公園設計案にある植栽計画を基本」として「臥竜公園里山整備利用促進基本構想」を作成し、須坂市文化財審議委員会に自然的分野を含め審議いただき進めています。

実施内容

  • 松くい虫被害等により伐倒駆除を毎年実施しており、臥竜山の松が減少しているため、アカマツ林の保全・更新を図る目的でマツノザイセンチュウ抵抗性品種である松の苗木を植栽。
  • 四季を感じる花木に樹種転換(ツツジ植栽・ヤマザクラ類植栽等)するため花木植樹(地拵え含む)を市民の皆様等と協働で実施。
  • 松や花木の生育環境を整えるため、苗木を山に植栽する前に雑木やヤマザクラ等を取り除く作業(地拵え)等を実施。
臥竜山里山整備利用促進基本構想の概要図臥竜公園里山整備利用促進基本構想【PDF形式:552KB】

臥竜山等の樹木の伐採について

臥竜山等の樹木の伐採は、この里山整備の一環として行ったものです。

臥竜山山頂付近の伐採について

  • 松が減少している区域であるため、雑木類の伐採と、松くい虫の被害をうけた松の伐採を行いました。
  • 2019年度はマツノノザイセンチュウ抵抗性品種である松の苗木の900本を植栽するために整地作業を実施しました。

竜ケ池遊船所東側の斜面について

  • 紅葉・ツツジゾーンの整備の一部として、北側から続くつつじ山を拡大するため整地を行いました。
  • 2019年度はツツジ900本を植栽しました
臥竜公園のゾーニングおよび整備スポット画像ゾーニングおよび整備スポット【PDF形式:539KB】

これらの計画を進め、臥竜公園に訪れていただく皆さまに楽しんでもらえる森林となるよう、臥竜山の魅力アップ整備を進めていきたいと考えます。
ご理解、ご協力をお願いします。
 
(最終更新日:2020-03-20)

このページに関するお問い合わせ先

まちづくり推進部 まちづくり課 臥竜公園管理事務所
TEL:026-245-1770
FAX:026-248-1793
所在地:須坂市臥竜2-4-8(臥竜公園)