ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

国民年金保険料免除について

国民年金保険料(第1号被保険者の保険料)については、災害等で大きな被害を受けたことにより納付が困難な場合、申請により保険料の納付が免除される場合があります。
 

対象者

災害により被災し、住宅、家財、その他財産について、おおむね2分の1以上の損害を受けられた方

申請に必要な種類

  • 国民年金保険料免除・納付猶予申請書  免除・納付猶予申請書【PDF形式:1.4MB】
  • 国民年金保険料免除・納付猶予に係る被災状況届   被災状況届【PDF形式:131KB】
  • 罹災証明書、または被害農林漁業者等と認定された被害認定書の写し
  • 保険金・損害賠償金等の支給金額等を確認できる証明書の写し(保険金・損害賠償金等が支給される場合)

提出先

  • 長野北年金事務所国民年金課
    026-244-4100(代表)
  • 須坂市役所健康づくり課
    026-248-9018

免除される期間等

災害等を理由とした免除は、災害等が発生した日の属する月の前月分から翌々年の6月分までの期間が対象となります。
このため今回の災害による免除期間は、

令和元年9月分から令和3年6月分

までとなります。
※免除申請は年度単位で行っていただく必要がありますので、現時点では、令和2年6月分までの期間を申請いただき、令和2年7月分から令和3年6月分までの期間は、令和2年7月以降にあらためて申請いただくことになります。その際、上記【申請に必要な書類】を再度提出いただく必要があります。

その他

免除された期間は、老齢基礎年金の受給額から減額されます。
保険料が免除された期間は、10年以内であれば、あとから保険料を納めること(追納)により、保険料を納付した場合と同じになります。
保険料免除期間の翌年度から起算して、3年度目以降に保険料を追納する場合、当時の保険料額に経過期間に応じた加算額が上乗せされます。
 
日本年金機構「令和元年台風19号に伴う災害により被害を受けられた皆様へ」  【PDF形式:579KB】
 
日本年金機構 「震災・風水害・災害等により損害を受けたとき」
(最終更新日:2019-10-25)

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 健康づくり課
TEL:026-248-9018
FAX:026-251-2459
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1