ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

町並み保存の取組みについて

須坂の町並みについて

明治から昭和初期にかけて製糸業で発展を遂げた須坂の町。旧大笹街道と旧谷街道の交差点を中心に、商家をはじめとした土蔵造りの町家や豪壮な建物が数多く残されています。
 
歴史ある建物は主に明治・大正・昭和初期に建てられて、当時の人々の生活に根付き、製糸業の発展など須坂ならではの歴史とともに歩み、独自の町並みを形成しています。

保存に向けた取り組み

近年ライフスタイルの変化や建物所有者の事情により、多くの建物が失われつつあります。須坂の文化や歴史が建物と一体となって残っている貴重な町並みの価値を知っていただき、次の世代に引き継ぐため、須坂市では『伝統的建造物保存地区(伝建)』制度を利用した保存と活用を目指しています。

伝建・重伝建について

伝統的建造物(町家や土蔵など)の集まりと、石積や樹木などの周辺環境を歴史的、景観的なまとまりとして、市が将来にわたり保存すると定める地区を『伝統的建造物群保存地区(伝建)』といい、地区の歴史的価値を保存・整備を進める制度です。
 
伝建の中でも国にとって価値が高いとされる地区を『重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)』として国が選定し、須坂市は重伝建の選定を目指しています。
重伝建選定の流れ『重伝建』では、建造物の修理や修景など、歴史的景観の維持・保全を図る事業に対して、国・県・市は、補助金などの財政的支援と技術的指導を行います。なお、重伝建地区内における建造物等の外観の変更(新増改築・修繕・除去等)や土地の造成などを行う場合は、市及び教育委員会へ許可が必要となります。

今後のスケジュール

伝建・重伝建を目指すためには、市が歴史的な建物の特徴や間取りなどの調査を踏まえて伝建地区を決定し、そのうえで国にとって価値が高いことが認められる必要があります。合わせて、地域の皆さんの町並みやまちづくりへのご理解が不可欠です。
 
現在は地域住民の皆さんのご協力をいただきながら建物や町並み調査を進めており、平成31年度(2019年度)末に報告書としてまとめる予定です。
今後のスケジュール

お知らせ

須坂の町並みだより(情報紙)を発行

平成30年(2018年)12月より、須坂の町並み保存に向けた動きや歴史、伝建制度について、ご理解や関心を深めていただくため、情報紙を発行しています。今後も定期的に発行いたしますので、ご覧ください。
No.1(2018年12月1日)【PDF形式/535KB】
No.2(2019年2月1日)【PDF形式/854KB】
No.3(2019年5月1日)【PDF形式/747KB】

信州須坂町並み魅力再発見フォーラムを開催

平成30年(2018年)7月14日(土)に長野県発元気づくり支援金活用事業として「信州須坂の町並み魅力再発見フォーラム」を開催しました。
午前中は町並み探索、午後の基調講演・パネルディスカッションが行われました。貴重なお話があり、記録集を作成しましたので、下記よりダウンロードいただくか、図書館やクラシック美術館・旧小田切家住宅などの文化施設でも読むことが出来ますので、ぜひご覧ください。

よくある質問

文化財・歴史

(最終更新日:2019-04-26)

このページに関するお問い合わせ先

社会共創部 生涯学習スポーツ課
TEL:026-248-9027
FAX:026-248-8825
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1