ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

高甫地域文化財史跡 熊野神社跡

31番 熊野神社跡

熊野神社跡写真

熊野神社は、熊野三山ともいって、本宮大社、速玉大社、那智大社の三つによって構成されている。これら三山の主神を三所権現といい、これに三山の摂社五社と末社の四社を合わせた十二所権現をもって熊野信仰の対象にしている。
この熊野大権現は、由緒調査書によれば、村の鬼門除けのため丑寅(北東)の方角である字竹の春の山林中に熊野神社から勧請(かんじょう)したとされている。
現在は野辺町の椚原豊守神社境内に移されている。熊野社があったことから、この地を「おくまん」と称する。現在ぶどう畑の中央にある。祠の台石は、現在もそのままの姿を留めている。

 
(最終更新日:2018-09-26)

このページに関するお問い合わせ先

社会共創部 生涯学習推進課
TEL:026-245-1598
FAX:026-246-3906
所在地:須坂市大字須坂747番地イ(常盤町)