ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

高甫地域文化財史跡 五郎清水

97番 五郎清水

五郎清水写真

大宮橋の約50メートル下流左岸林中に、大量の湧水がある。 観応2年(1351)、足利尊氏と弟直義軍が戦った野辺原の合戦の時、尊氏方の小笠原一族に小笠原五郎と十郎という人がいた。この五郎と十郎は妙徳山麓に湧き出しているこの水を飲んで喉を潤し戦ったと伝えられている。
十郎清水は91番

 
(最終更新日:2018-09-26)

このページに関するお問い合わせ先

社会共創部 中央公民館
TEL:026-245-1598
FAX:026-246-3906
所在地:須坂市大字須坂747番地イ(常盤町)