ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

高甫地域文化財史跡 庚申塔 万延元年(1860)

庚申塔 万延元年(1860)

十二支十干で、60年に一度、60日に一度めぐって来る庚申の夜は、人体に棲む三尸(さんし)の虫がその人の罪を天帝に告げるというのでこれを制するため、庚申の夜は眠らないとされ、飲食しながら語り明かし、身を慎む「庚申待ち」をする。

 

(写真はありません)

(最終更新日:2018-09-26)

このページに関するお問い合わせ先

社会共創部 中央公民館
TEL:026-245-1598
FAX:026-246-3906
所在地:須坂市大字須坂747番地イ(常盤町)