ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

高甫地域文化財史跡 三峰権現

60番 三峰権現

三峰(みつみね)権現写真

妙徳山の山頂から西に下った尾根に祀ってある。
三峰山頂にある権現ということで三峰権現といっているが、下八町史に金比羅権現 草山三峰山頂と記されてることから、火防盗難除けの神の三峰山とは異なり、金比羅権現と見るべきだろう。
祠の右側面に上八丁持と刻まれている。
ここは上八町で2年に一度、妙徳社奥社の祭事に併せお祭りが行われている。
小学校全校登山の6年生のコース。
権現から尾根沿いに西側一帯を草山と言うが、宝永6年(1709)に上八町村が土地の入込(現在の入会)で「上八町村には権利がないとする下八町村の考えに納得できない」と奉行所に訴え出た。翌年、大廣院と真光寺が仲裁に入り「何事も上、下でなく八町村一本ということで」決着したが、50年後の宝暦8年(1758)に今度は下八町が不満として奉行所に訴えた。翌年、裁許状で「草山は、上下共入会として草を刈るべし」と示され、草山論争は決着した。

 
(最終更新日:2018-09-26)

このページに関するお問い合わせ先

社会共創部 中央公民館
TEL:026-245-1598
FAX:026-246-3906
所在地:須坂市大字須坂747番地イ(常盤町)