ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

事業活動に伴うごみ

事業系一般廃棄物について

事業系一般廃棄物とは

事業所の種類や規模等に関係なく、事業に伴い、商店・飲食店・事務所・会社・事業所・農家等から排出される書類、紙くず、厨房から出るごみなどのことをいいます。


あなたの事業所から出るごみは一般廃棄物、産業廃棄物?

廃棄物
(ごみ)
事業活動に伴って生じた廃棄物
商店、オフィス、飲食店、工場等の事業活動に伴って出るごみ
事業ごみ
(事業系一般廃棄物)

産業廃棄物以外の廃棄物
産業廃棄物
法令で定める20種類の廃棄物(プラスチック・金属くずなど)
一般家庭から生じたごみ 生活ごみ
(家庭系一般廃棄物)

家具・寝具などの家庭で使用した粗大ごみを含む

※産業廃棄物の処分については、長野地方事務所 環境課(電話026-234-9590)へお問い合わせください。

廃棄物の処理及び清掃に関する法律

廃棄物の処理及び清掃に関する法律第3条において、次のように事業者の責務として定められています。
1.事業活動に伴って生じた廃棄物は、自らの責任において適性に処理すること。
2.事業活動に伴って生じた廃棄物の資源化等を積極的に行うことにより、減量化に努めること。
3.物の製造・加工・販売等に際して、その生産物が廃棄物として排出された場合、処分が困難とならないようにすること。

事業系ごみの処理方法は・・・

  • 事業活動に伴って生ずる廃棄物は、自らの責任において適性に処理しなければなりません。しかし、市では家庭から排出される廃棄物処理に影響を及ぼさない範囲で事業系ごみも受け入れております。
  • 区のごみステーションを利用するには地元区長の同意書が必要となります。
    市役所生活環境課に同意書の書類がありますので、ご利用ください。
    事業活動に伴うごみは、可燃ごみ・不燃ごみに限り、ごみステーションへ出すことができます。
  • 缶類、古紙類、びん類等資源物はステーションへは出せません。(これらのごみを排出する場合は、廃棄物処理業者に相談してください。)

事業系ごみの処理方法

事業系ごみの処理方法は次のいずれかの方法で行ってください。

1.市の清掃センター、ストックヤードへ自己搬入する。

  • 清掃センターへは、資源物の搬入はできません。
  • びん類、ペットボトル、プラスチック製容器包装は境沢町のストックヤードへ搬入してください。
  • 缶類、古紙類は専門業者とご相談ください。
  • 廃プラスチックは産業廃棄物です。産業廃棄物許可業者へ収集運搬を依頼し処理してください。
処理手数料(消費税別)
可燃ごみ・不燃ごみ 10キログラムにつき
150円
びん類 10キログラムにつき
150円
ペットボトル 10キログラムにつき
790円
プラスチック製容器包装 10キログラムにつき
850円

2.廃棄物収集・運搬、処理業者と契約する。(有料)

須坂市一般廃棄物処理業許可業者一覧(有料)はこちらから、ご覧ください。【PDF形式:153KB】

1、2の可燃・不燃ごみの場合は、透明または半透明で45リットル以下の袋を使用し、袋に事業所名を記入してください。

3.ごみステーションを特別に利用する。

お茶殻など少量の生活ごみが出る事業所について、一定の条件のもとに、事業所名を記入した須坂市の指定袋に事業所用シールを貼りつけ、ごみステーションを利用できます。
ただし、資源物(ビン類、缶類、ペットボトル、プラスチック製容器包装、廃食用油、古紙類)は利用できません。

条件

  • ごみの量が一定量以下であること。
  • 区の了解を文書で得ること。(届出文書は生活環境課にあります)
  • 集積所の管理者である区の取り決め事項に従うこと。
  • 可燃ごみ、不燃ごみのみの利用が出来ます。

利用の手続き

生活環境課へ届け出をしてください。

処理手数料

届け出量・袋枚数により事業所用シールを販売します。
事業所用シール販売枚数(販売限度)

  • 可燃・不燃共通・・・140枚

※販売限度を越えた場合、追加販売はありません。一般廃棄物収集運搬業者へ委託するか清掃センターへ直接搬入してください。(有料)

事業所用シール販売について

  • 販売場所 須坂市役所生活環境課窓口(各事業所へ配布はしません)
  • 販売価格 可燃ごみ・不燃ごみとも大袋は70円、小袋は35円
  • 手数料が上乗せされていない指定袋(旧指定袋)を使う場合は、別途大は30円、小は15円の証紙シールが必要です。

事業所からでるごみの減量にご協力ください。

1.事業所から出る可燃ごみの排出量

可燃ごみ排出量の推移

 

2.より一層、ごみの減量や分別をお願いします。

分別のポイント

  •  古紙類は可燃ごみに入れないでください。

可燃ごみ排出量の推移※シュレッダーにかけた紙は、処理業者へお出しください。

 
須坂市内の古紙の受入先
業者名 住所 連絡先
株式タケモト 須坂市大字小河原971-4 026‐248‐8112
株式会社ミノル産業 須坂市大字米持236 026‐245-0533

※市外の業者もありますので、収集業者にご確認ください。

 
  • 缶類は不燃ごみに入れないでください。
可燃ごみ排出量の推移

減量のポイント

可燃ごみ排出量の減量ポイント

ごみ分別方法及び出し方についてTOPに戻る

(最終更新日:2018-04-01)

このページに関するお問い合わせ先

市民環境部 生活環境課
TEL:026-248-9019 
FAX:026-251-2459
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1