ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

蔵の町並み

江戸時代は、須坂藩主堀氏の館町(陣屋町)として、また大笹街道の追分の地として、数々の商取引が行われました。

その後、明治から昭和初期にかけて近代製糸業によって繁栄し、今も豪壮な土蔵造りの旧製糸家建物や繁盛した大壁造りの商屋などの町並みが残されており、蔵を生かした商店、博物館、美術館など当時を偲ぶことができます。

蔵の町並みめぐり(第1集改訂版)の資料はこちらをクリックしてください。【PDF形式 1,726KB】

蔵の町並みの様子
 
案内処 全景

関連リンク

 
(最終更新日:2017-10-09)

このページに関するお問い合わせ先

産業振興部 商業観光課
TEL:026-248-9005
FAX:026-248-9041
所在地:長野県須坂市大字須坂1295番地1(シルキー2階)