ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

五味池破風高原自然園

 

【重要なお知らせ】 
現在、アクセス道路(県道 五味池高原線)が崩落しており、五味池破風高原に行くことができません

令和元年(2019年)の台風19号(令和元年東日本台風)の影響により、五味池破風高原のアクセス道路である県道五味池高原線(県道346号線)が路肩崩落し、全面通行止となっています。これにより、五味池破風高原に行くことができません。
現在、長野県須坂建設事務所が復旧工事を行っており、8月中旬を目途に開通する予定ですが、開通時期に変更がありましたら改めてお知らせいたします。開通までの間、大変ご不便・ご迷惑をおかけいたしますがご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。
(令和2年7月3日時点)

[県道五味池高原線に関する問い合わせ先]
長野県須坂建設事務所 維持管理課 管理係 TEL 026-245-1671(直通)

五味池破風高原自然園について


五味池破風高原【例年6月に見頃を迎えるレンゲツツジ】 写真は大平

大池【例年6月に見頃を迎えるレンゲツツジ】 写真は大池

レンゲツツジの見どころとして、「大池周辺(標高約1,500メートル)」「ツツジハウス周辺(標高約1,600メートル)」「大平周辺(標高約1,800メートル)」がありますが、標高差があるため、見頃の時期もかわります。
レンゲツツジは大池周辺から咲き始め、ツツジハウス周辺、大平周辺と咲いていきます。
ちなみに、駐車場に一番近い場所はツツジハウス周辺(駐車場から約400メートル)です。

須坂駅より車で約50分、曲がりくねった20キロメートルほどの山道を登ったところが乳山牧場を中心にした五味池破風高原自然園です。
五味池とは大池、苦池、西五味池、よし河原池、東五味池(陸化)の総称。この周辺には100万株ともいわれるレンゲツツジが群生し、花の盛りの6月中旬~下旬には高原一帯はツツジの花で彩られます。牧歌的な情緒あふれる高原からの、北信五岳や北アルプスの眺めも格別です。

パンフレットはこちらをご覧ください。【PDF形式:2.73MB】


下記須坂市観光協会のホームページもご覧ください(新規ウィンドウが開きます)。

交通のご案内

交通のご案内図

五味池地図     【上の画像をクリックするとPDFファイル(706KB)でご覧いただけます。】
アクセス路が狭く、すれ違いが困難なため、大型バスの乗入れはできません。
須坂長野東ICから車で約50分
国道406号線 [南原町東] 交差点より豊丘方面へ17キロ(県道五味池高原線)

お車で来られる場合

【東京方面】

関越自動車道経由→上信越自動車道

【大坂・名古屋方面】

中央自動車道経由→上信越自動車道

【金沢・新潟方面】

北陸自動車道経由→上信越自動車道


→上信越自動車道-<須坂・長野東IC>-五味池破風高原(須坂・長野東ICから車で約45分)

鉄道で来られる場合

【東京方面】

北陸新幹線(1時間20分)→長野

【大坂・名古屋方面】

中央西線(特急3時間)→長野


→長野-長野電鉄(20分)-須坂駅下車(五味破風高原までタクシーで約50分、タクシー料金:往復で約15,000円)

環境保護協力金

  • 環境保護協力金として1人 200円(中学生以下無料)

周辺情報

豊丘の穴水(あなみず)

豊丘の穴水(あなみず)かつて須坂藩主が鷹狩りの際に利用したと伝えられ、地元で大切に守られてきた湧水。岩盤の割れ目や洞窟の奥から湧出しています。

平成22年1月「信州の名水・秘水」に選定。県道346号五味池高原線、第15号カーブ付近に看板があり、歩いて200メートル程のところにあります。(車はカーブ付近に2~3台駐車可)

豊丘ダム(とよおかダム)

豊丘ダム(とよおかダム)高さ81メートルの多目的ダム。ダム湖は昇竜湖(しょうりゅうこ)といいます。

1994年(平成6年)完成。県道346号五味池高原線第44号カーブから一望できます。

詳しくは須坂市観光協会にお問い合わせください。

 須坂市観光協会
 電話 026-215-2225
 ファックス 026-215-2225

(最終更新日:2020-07-06)

このページに関するお問い合わせ先

産業振興部 商業観光課
TEL:026-248-9005
FAX:026-248-9041
所在地:長野県須坂市大字須坂1295番地1(シルキー2階)