ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

企業動向調査(建設業 2020年7月~9月期)

調査概要

産業振興部産業連携開発課では、市内建設業の経営動向を探る手段として、アンケート調査を実施しています。
今回は令和2年7月から9月期(3期)の業況について調査を行いました。

調査実施要領

  • 実施時期:令和2年10月
  • 対象企業:須坂市内に事業所を有する建設業45社
  • 回答企業数:25社(回答率55パーセント)
    (土木4社、建築・大工・左官9社、電機8社、造園1社、水道3社)

調査概況

実施要領のとおり動向調査を行った結果、業況判断指数(DI:「好転」と回答した企業割合と「悪化」と回答した企業割合の差)については次のとおりとなりました。

 

市内建設業の業況は、前期(令和2年4月~6月期)より悪化しました。

【前期と比べた業況】

  • 「好転」とする企業の割合が12.0パーセント
  • 「悪化」とする企業の割合が32.0パーセント
  • 「好転」から「悪化」を引いた差(DI)はマイナス20.0ポイントとなり、
前回の調査結果DIポイントマイナス7.7と比較すると12.3ポイント悪化しました。
 

【前年同期と比べた業況】

  • 「好転」とする企業の割合が12.0パーセント
  • 「悪化」とする企業の割合が36.0パーセント
  • 「好転」から「悪化」を引いた差はマイナス24.0ポイントとなりました。
 

【業種別の業況判断指数(DI)】

  • 土木関係…0.0ポイント(前回:0.0ポイント)
  • 建築関係…0.0ポイント(前回:マイナス10.0ポイント
  • 電機関係…マイナス62.5ポイント(前回:マイナス14.3ポイント
  • 造園関係…100.0ポイント(前回:マイナス100.0ポイント
  • 水道関係…マイナス33.3ポイント(前回:25.0ポイント)
 

【3か月後の次期予想】

  • 「好転」とする企業の割合が8.0パーセント
  • 「悪化」とする企業の割合が28.0パーセント
  • 「好転」から「悪化」を引いた差はマイナス20.0ポイントとなり、今期と同様の状況が予想されます。

経営上の問題点(複数回答可)

経営上の問題点 パーセント
経営上の問題点(複数回答可)
人材不足 60.0パーセント
受注の減少 36.0パーセント
技術力不足 28.0パーセント
労働力不足 24.0パーセント
原材料・仕入単価の上昇 16.0パーセント
工期短縮 16.0パーセント
金融難 16.0パーセント
同業他社との競争激化 8.0パーセント
人員過剰 0.0パーセント

アンケート結果

Q 日銀松本支店が10月1日に発表した、短期経済観測調査(短観)によると、全産業の業況判断
 指数(DI)は、マイナス44で前回調査(6月)より3ポイント上昇しました。
 また、先行きも3ポイント上昇を見込んでいます。このような状況下、自社の業況感を
   どのように 感じておられますか。

A

  • 「好転している」…8.0パーセント
  • 「今はないが、今後好転が見込まれる」…4.0パーセント
  • 「変わらない」…48.0パーセント
  • 「今はないが、今後悪化が見込まれる」…24.0パーセント
  • 「悪化している」…12.0パーセント

Q 「好転している」、または「悪化している」と答えた方にお伺いします。具体的な影響に
  ついてご記入ください。

A

  • 水害等の工事あり。
  • コロナ禍の影響が少なくなってきている。
  • 民間の見積依頼が減少している。

Q 出張または、会食は再開しましたか。

A 

1 出張のみ再開 
国内のみ
0.0パーセント
海外含む
0.0パーセント
2 会食のみ再開
人数制限あり
16.0パーセント
人数制限なし
0.0パーセント
3 両方(出張・会食)行っている
出張:国内のみ
16.0パーセント
出張:海外含む
0.0パーセント
会食:人数制限あり
16.0パーセント
会食:人数制限なし
0.0パーセント
4 両方(出張・会食)行っていない
56.0パーセント

Q 1~3と答えた方にお伺いします。再開してみて気づいたことはありますか。

   A 
  • コロナ対策を取らないと行けない。行かない。
  • 以前と変わらない。
  • 飲食業は閉店しているところが多かった。出張は注意しながら行っていた。(再開というわけではない)

Q 社内会議の開催方法について

     A
  • 「対面式」…68.0パーセント
  • 「ウェブ方式」…0.0パーセント
  • 「対面式とウェブ方式」…12.0パーセント

Q 対面式とウェブ方式と答えた方にお伺いします。どのような会議がウェブ方式の対象ですか。

     A
  • 社員全員参加の場合、ウェブ方式。
  • 遠方の人との会議はウェブ会議が基本。
  • 10人以上の時。

Q その他経営上の問題について

 A

  • 労務主体の会社なので、会社、現場含め直接会話して作業する。
  • 公共工事の減少。
  • 受注減。
  • 高齢化。
  • コロナで仕事は減少した傾向はあるが、トータルでみると今のところそんなに変わらない。
  • 相変わらず人材不足で悩んでいます。

グラフ

自社業況判断

自社業況判断 グラフ

受注引き合い

建設業 受注引き合いグラフ

生産量

建設業 生産量グラフ

原材料・仕入品単価

建設業 原材料・仕入品単価グラフ

資金繰り

建設業 資金繰りグラフ

所定外労働時間

建設業 所定外労働時間グラフ

収益率

建設業 収益率グラフ

土木業況

建設業 土木業況グラフ

建築・大工・左官業況

建設業 建築・大工・左官業況グラフ

電機業況

建設業 電機業況グラフ

造園業況

建設業 造園業況グラフ

水道業況

建設業 水道業況グラフ

(最終更新日:2020-12-04)

このページに関するお問い合わせ先

産業振興部 産業連携開発課
TEL:026-248-9033
FAX:026-246-3489
所在地:長野県須坂市大字須坂1295番地1(シルキー2階)