ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

企業動向調査(建設業 2019年10月~12月期)

調査概要

産業振興部産業連携開発課では、市内建設業の経営動向を探る手段として、アンケート調査を実施しています。
今回は2019年10月から12月期(4期)の業況について調査を行い、その結果については下記のとおりとなりました。

調査実施要領

  • 実施時期:2020年1月
  • 対象企業:須坂市内に事業所を有する建設業47社
  • 回答企業数 24社(回答率 51パーセント)
    (土木3社、建築・大工・左官7社、電機9社、造園1社、水道4社)

調査概況

実施要領のとおり動向調査を行った結果、業況判断指数(DI:「好転」と回答した企業割合と「悪化」と回答した企業割合の差)については次のとおりとなりました。

 

市内建設業の業況は、前期(2019年7月~9月期)より悪化しました。

 

【前期と比べた業況】

  • 「好転」とする企業の割合が16.7パーセント
  • 「悪化」とする企業の割合が20.8パーセント
  • 「好転」から「悪化」を引いた差はマイナス4.1ポイントとなり、前回の調査結果マイナス7.1と比較すると3.0ポイント好転しました。
 

【前年同期と比べた業況】

  • 「好転」とする企業の割合が20.8パーセント
  • 「悪化」とする企業の割合が25.0パーセント
  • 「好転」から「悪化」を引いた差はマイナス4.2ポイントとなりました。
 

【業種別の業況判断指数(DI)】

  • 土木関係が0.0ポイント(前回:マイナス40.0ポイント)
  • 建築関係がマイナス14.3ポイント(前回:0.0ポイント)
  • 電機関係が11.1ポイント(前回:0.0ポイント)
  • 造園関係が0.0ポイント(前回:マイナス33.3ポイント)
  • 水道関係がマイナス25.0ポイント(前回:25.0ポイント)
 

【3か月後の次期予想】

  • 「好転」とする企業の割合が4.2パーセント
  • 「悪化」とする企業の割合が41.7パーセント
  • 「好転」から「悪化」を引いた差はマイナス37.5ポイントとなり、今期より悪化すると予想されます。

経営上の問題点(複数回答可)

経営上の問題点 パーセント
経営上の問題点(複数回答可)
人材不足 50.0パーセント
労働力不足 41.7パーセント
競争激化 37.5パーセント
原材料・仕入単価の上昇 33.3パーセント
受注減少 29.2パーセント
金融難 16.7パーセント
技術力不足 12.5パーセント
工期の短縮 12.5パーセント
人員過剰 0.0パーセント

アンケート結果

Q 1月22日内閣府発表の月例経済報告では、日本国内の景気判断について、「輸出が引き続き弱含むなかで、製造業を中心に弱さが一段と増している」としましたが、景気は緩やかに回復しているとの判断は据え置きました。自社の景況感についてどのように感じていますか

  • 「好転している」4.2パーセント
  • 「今はないが、今後好転が見込まれる」4.2パーセント
  • 「変わらない」54.2パーセント
  • 「今はないが、今後悪化が見込まれる」29.2パーセント
  • 「悪化している」8.3パーセント

Q 具体的な影響について

【好転している】と答えた方の具体的な内容

  • 19号特需です。今までは利益は出ませんでしたが、これからは住宅建て替えもあるので利益を期待できます。
 

【悪化している】と答えた方の具体的な内容

  • 震災の二次災害、三次災害によって悪化している。
  • 中規模以上の物件の見積もり依頼が減っている
  • 営業力の不足と受注の減少。
  • 仕事量のない中、須坂市からの発注もない中、先が見えない。

Q 令和元年東日本台風の影響は、自社の景況感についてどのように感じていますか

  • 確かに受注増加が見込まれるが、技術不足が懸念される。
  • 災害地の住宅の復旧工事等、受注が増えている。一方、工事増に伴い職人の不足が発生し、工事全般に遅れが出ている。
  • 影響なし。
  • 災害復旧により忙しくなったが、現在は落ち着いている。
  • いままでサービス工事(-)でしたが、今年は(+)に。特需「様様」です。
  • 災害復旧の仕事が多くなると思います。
  • 特別な受注はない。計画・段取りに若干の遅れと乱れあり。
  • 良くなるとは思えない。
  • 思ったほど仕事につながらない。
  • 災害関連工事依頼あり→他者へ2件依頼
  • 台風関連の受注が増加した。
  • 復旧工事の為、工事受注量が増えた。
  • 通常の工事に加え、災害復旧工事がある分は、増加になっている。

Q その他の経営上の問題

  • 高齢化→体調不良→前途不安。
  • 今回のコロナウイルスの発生で、中国製の部材の供給が止まっている。今後工期が遅れる。

グラフ

自社業況判断

建設業 自社業況判断グラフ

受注引き合い

建設業 受注引き合いグラフ

生産量

建設業 生産量グラフ

原材料・仕入品単価

建設業 原材料・仕入品単価グラフ

資金繰り

建設業 資金繰りグラフ

所定外労働時間

建設業 所定外労働時間グラフ

収益率

建設業 収益率グラフ

土木業況

建設業 土木業況グラフ

建築・大工・左官業況

建設業 建築・大工・左官業況グラフ

電機業況

建設業 電機業況グラフ

造園業況

建設業 造園業況グラフ

水道業況

建設業 水道業況グラフ

(最終更新日:2020-03-09)

このページに関するお問い合わせ先

産業振興部 産業連携開発課
TEL:026-248-9033
FAX:026-246-3489
所在地:長野県須坂市大字須坂1295番地1(シルキー2階)