ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

学校体育施設開放について

市民の生活水準の向上や自由時間の増大によりスポーツ活動に対する欲求が高まっております。しかしながら社会体育施設は市民の要求を満たすまでに至っておりません。

そこで、不足分を補うために須坂市立の小中学校の体育館と運動場を、学校教育に支障のない日時に社会体育施設として開放しています。

◆使用できる団体

  1. 1.市内に在住もしくは在勤する者又は在学する者により構成された10人以上の団体で使用責任者としての成人が含まれていること。ただし、教育委員会が認めたときは、この限りではありません。
  2. 2.次の場合は使用できません。
    • 特定の政党もしくは公選による公職の候補者を支持し、又これらに反対するための場合、その他政治活動。
    • 特定の宗教を支持し、又はこれらに反対するための場合、その他宗教活動。
    • もっぱら営利を目的とした使用。

◆使用できる日時

施設

開放する日

開放する時間

運動場 3月から11月まで

午前5時から午後7時まで(ただし、須坂小学校、常盤中学校は午後9時30分まで)

体育館 1月4日から12月28日まで

午前8時30分から午後9時30分まで

表のうち学校教育に支障のない日時(ただし、教育委員会は必要に応じ日時を変更することができます。)

◆使用できる施設

  1.団体は使用したい学校を1校決めてその学校に登録し、その年度中は原則として登録した学校のみを使用することができます。
  2.登録しようとする団体は、学校施設使用団体登録申請書と学校施設使用料減免申請書(2枚複写)を教育委員会に提出します。これは年度ごとに有効です。教育委員会は内容を審査し、適当と認めたときは、その団体に学校施設使用団体許可書を交付します。
 

※申請書は下記リンク先からもダウンロードできます。

・申請書類・書式ダウンロード

◆使用の申し込み

日常的・恒常的使用の場合(クラブの練習等)

1.登録する。(受付は生涯学習スポーツ課スポーツ振興係または調整会)
※調整会は、利用団体で使用日時を調整し合うものです。毎年、新規に登録する団体もありますので、特定の団体が既得権的に使用することはできませんのでご承知ください。
2.調整会に出席し、学校施設使用許可申請書を提出し、使用料を支払います。
※申込書は下記リンク先からもダウンロードできます。
 ・申請書類・書式ダウンロード
3.調整会後も登録してある学校に空きがあるときは使用できるので、使用希望のあるときは生涯学習スポーツ課スポーツ振興係で、使用希望日の10日前までに手続きしてください。

大会行事等調整会前にあらかじめ申し込む必要がある場合(町の運動会等)

1.使用希望校担当者に、使用希望日時が開放可能かどうか確認してください。
2.可能な日時であれば、生涯学習スポーツ課スポーツ振興係で手続き(学校施設使用許可申請書提出、使用料納入)をすることができます。

◆使用の許可

教育委員会は使用申請について許可するときは、学校施設使用許可書を交付します。

◆許可の取り消し

教育委員会は使用許可後、学校教育に支障のある事態が発生した時は、許可を取り消すことができます。

◆使用料

1.金額については下記リンク先を参照してください。
・学校体育施設利用料
2.使用料は指示にしたがってすみやかに納入してください。
   ※使用料は使用を許可する際にお支払いただきます。
3.すでに納めた使用料は還付しません。ただし、使用者の責めでない理由により使用できなくなったときはこの限りではありません。

◆使用者の遵守事項

使用者は、次の事項を遵守してください。
1.申請の目的以外に使用しない。
2.使用の権利を他に譲渡、または転貸借しない。
3.現状を変更しない。
4.火気を使用しない。
5.施設では飲食しない。
6.禁煙。
7.自動車は指定の位置に駐車する。
8.使用時間を厳守する。
9.使用許可のない場所・備品等は使用しない。
10.設・備品等破損したときは直ちに補修し、学校および教育委員会に報告し、指示にしたがう。
11.使用中火災、その他重大な事故が発生したときは、直ちに適切な措置をとり、警察署・ 消防署等関係機関に連絡をする。あわせて教育委員会にも連絡する。
12.使用者は、使用後直ちに清掃・整備を行い、学校教育に支障のない良好な状態にする。
 

◆使用の中止

教育委員会は、条例、規則もしくは管理指導員に従わない利用者に対して、使用の中止を命ずることができます。

◆使用者の弁償責任

1.使用者は、施設・備品等を破損もしくは亡失したときは、弁償の責任を負うものとします。
2.弁償額は、教育委員会が定めます。

◆体育館の使用方法

使用前

1.管理箱を開ける。
2.管理箱より、使用日誌・鍵を出して体育館出入口扉を開けて入場する。
3.土足厳禁。
4.電灯のスイッチを入れる。(電灯使用の申し込みをしてある場合)

使用中

1.許可のない物品は使用しない。

使用後

1.使用した用具を所定の位置にかたづけ、整理整頓する。
2.清掃をする。
3.戸締り。(出入口、出入口以外の扉、窓、その他)
4.電灯のスイッチを切る。
5.体育館の出入口扉の施錠。
6.使用日誌の記入。
7.体育館出入口扉の鍵と日誌を管理箱に入れて施錠する。
8.紙くず、ゴミ等は必ず持ち帰る。

◆運動場の使用方法

使用前

1.雨等で状態の悪い場合は使用しない。

使用中

1.雨等で状態の悪い場合は使用しない。
2.施設によって禁止されている種目は行わない。
3.スパイクシューズ(金具付のもの)は使用禁止。

使用後

1.グランド整備(清掃・レーキでの整地)をする。
2.引いたラインは消す。
3.使用日誌の記入をし、管理箱に保管する。
4.紙くず、ゴミ等は必ず持ち帰る。

◆調整会

1.各施設ごとに、使用団体による調整会を組織します。
2.調整会では、翌月分の使用の調整をします。
3.調整会の日時、会場等は施設ごとに決めますが、期日までに生涯学習スポーツ課スポーツ振興係に結果を提出できるようにしてください。

◆調整会長(管理指導員)

  1. 1.施設ごとに使用団体の互選により調整会長を選出します。
    2.教育委員会は選出された者を当該年度の管理指導員として委嘱します。
    3.任期は1年とし、再選は妨げません。
    4.調整会長は、学校より開放可能日報告書を受領し、調整会議を開催し、申し込みをとりまとめ、月別の使用計画書を作成し、生涯学習スポーツ課スポーツ振興係へ提出します。
    5.調整会長は、まとまった分の手続きを一括行い、教育委員会より「施設使用許可書として発行される計画書の写し」を団体に配付します。
    6.調整会長は、教育委員会、生涯学習スポーツ課スポーツ振興係および学校と使用者のパイプ役となり、連絡事項、注意事項等を使用者に徹底し、意見・要望等を教育委員会、生涯学習スポーツ課スポーツ振興係につなげます。
(最終更新日:2018-04-17)

このページに関するお問い合わせ先

社会共創部 生涯学習スポーツ課 スポーツ振興係
TEL:026-248-2020
FAX:026-248-1981
所在地:須坂市臥竜6-25-1(創造の家)