ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

毎月第3日曜日は、「家庭の日」

「家庭の日」とは?

「家庭の日」は、昭和30年に鹿児島県の小さな町で誕生しました。社会環境が変化し、家庭の中での家族の絆が薄れつつあることから「家庭を大切に」という願いのもとに生まれ、その後全国的に普及しました。
須坂市では、長野県青少年育成県民会議が主唱する「育てよう!子どもたち 深めよう!家族の絆」を受け、児童青少年の健全育成には家庭の果たす役割が極めて大きいことから、明るい家庭づくりを推進するために、毎月第3日曜日を「家庭の日」と定めています。
家庭は、ふれ合いと安らぎの場であるとともに、青少年の人格を形成する上で大きな役割を担う大切な場です。また、人との関係のあり方や社会のルールを学ぶ場でもあります。
これらのことを家庭や地域が再認識し、「心豊かで明るい家庭」づくりを進めることが望まれています。「家庭の日」をきっかけにして、家庭の大切さや家族のあり方について見つめ直してみましょう。

こんな「家庭の日」はいかがですか

「家庭の日」は、家族が一緒に過ごし、家庭の大切さについて考えるきっかけとなる日です。それぞれのご家庭ならではの「家庭の日」を過ごしてみませんか。

テレビやゲームを消して、語り合う時間をつくりましょう。

  • 家族みんなが集まって、今日あったことなどを楽しく語り合いましょう。
  • 子どもの話を最後までじっくり聞ける心のゆとりをもちましょう。

家族一緒に食事をする時間をもちましょう。

  • 家族一緒の食事は、生活習慣の形成と心の安定につながります。忙しいお父さんもお母さんも、休日には家族そろって、ゆっくりと会話をしながら食事を楽しみましょう。

家族みんなで協力して、お互いを支え合いましょう。

  • 掃除や食事の準備など、みんなで分担すれば、家族が助け合って生活することの大切さが実感できます。

地域の行事や奉仕活動などに、家族みんなで参加して地域の人々と交流しましょう。

  • 近所の大人や異年齢の子どもたちとふれ合うことは、子どもの社会性を育てることにつながります。また、地域の方とのつながりは、親にとっても大切です。
  • SNSやメールだけではなく、直接会って話す機会を大切にしましょう。

スポーツやレクレーションなど、家族で一緒に楽しみましょう。

  • 家族で遊んだり、運動したり、家族で過ごす楽しい時間をつくりましょう。一緒に楽しむ中で、お互いの絆が強まります。

家族で一緒に本を読みましょう。

  • 読書は、子どもの情操教育にも最適です。読書後に家族で感想を述べ合う時間をもってみてはどうでしょうか。

須坂市ではこんな取り組みを行っています

『家庭の日』作文・ポスターコンクール

家庭の日の趣旨の普及徹底と一層の啓発を図るため、広報すざか等を通じて、須坂市内の小・中学校、須坂支援学校、市外の学校在籍の児童・生徒から作文・ポスターを募集します。
募集された作品は、学年ごとに審査し、1席から3席までの入賞者に、賞状及び賞品を授与します。1席入賞者につきましては、市役所において表彰式を行います。
募集の詳細は、広報須坂7月号にて、お知らせします。

『家庭の日』ポスター入賞作品展

入賞ポスター作品をより多くのみなさんにご覧いただくため、入賞作品の展示を行います。詳しくは、広報須坂11月号をご覧ください。
平成29年度 入賞作品カレンダー【PDF形式:4.34MB】

県ではこんな取り組みを行っています

「家庭の日」協力施設・店の優待券を領布しています。料金割引や各種サービスが受けられます。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

(最終更新日:2017-11-29)

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会 子ども課
TEL:026-248-9026
FAX:026-248-8825
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1