ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

子どもは『宝』プロジェクト

「白銀も 黄金も玉も 何せむに 勝れる宝 子にしかめやも」

(白銀も黄金も宝玉も、そんなもの何になろうか、子どもには及ぶべくもない。)
この歌は、奈良時代の万葉歌人 山上憶良が詠んだ歌です。


 

「子宝」と言われるように親にとって子どもはまさに宝物です。須坂市では、すべての子どもたちが宝物です。未来を担う子どもたちが、健やかに成長するために「須坂市子ども・子育て支援事業計画」を策定し、子育て支援・子ども支援を進めています。
しかし、子育て支援は行政だけでできるものではなく、家庭、地域、団体、企業、行政が連携し、それぞれができることを行っていく必要があります。須坂市ではこれを「子どもは『宝』プロジェクト」と名づけ、「地域の子どもは、地域で育てる」「子どもを産み、育てやすいまち」を目指しています。

「子どもは『宝』プロジェクト」の取組みイメージは下記リンク先ファイルをご覧ください。

子どもは『宝』プロジェクト 取組みのイメージ(平成27~31年)【PDF形式 395KB】 
※平成30年4月1日更新

(最終更新日:2018-04-05)

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会 子ども課
TEL:026-248-9026
FAX:026-248-8825
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1