ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

須坂市動物園絵本創作事業

※この絵本は長野県地域発元気づくり支援金を活用しました。

事業目的

 「絵本」による読書及び読み聞かせは、子どもの育成に関わる重要な教育文化活動であるが、家庭においては共働きによる親の忙しさのせいで、読み聞かせなどを行うことが難しくなってきている。
 一方、須坂市動物園は「脱走ペンギン」や「カピバラの温泉」など注目を浴び、様々な工夫で情報発信を行うなど、須坂市の地域資源としての魅力を持っている。昨年度、須坂市子ども読書活動支援研究会では「すざかしどうぶつえんかるた」を制作・販売した。
 引き続き今回は、「動物園の絵本」のストーリーアイデアを公募で企画し、ストーリーを絵本作家に監修していただき、イラスト及びデザインは、デザイナーを含む市内の若者のグループと共同制作し、イベント(須坂市子ども読書のつどい)で発表するとともに、販売、市内の公共施設等に配布し活用する。
 事業実施に当たっては、市民や動物園及び市内の若者グループとの協働を図る。

事業内容

1.絵本の作成

 市内及び市外の方に呼びかけ、脱走ペンギン「トット」ちゃんを題材とした絵本のアイディアを募集する。投稿されたアイディアは選考のうえ、絵本制作の資料とする。

 
  1. 絵本のアイディア募集 [終了しました]
    募集期間 平成26年6月1日(日曜日)~6月30日(月曜日)
    投稿場所 須坂市動物園、市立須坂図書館、生涯学習スポーツ課(須坂市役所東庁舎1階)
    募集方法 投稿場所に設置された応募用紙に必要事項を記入し、投稿箱に入れる。





  2.  
  3. 応募作品選定 [終了しました]
  4. 方法 中沢定幸デザイナーを招き、須坂市子ども読書活動支援研究会で選定する。また、須坂市動物園に監修を依頼する。
    時期 平成26年7月

2.絵本の販売

すざかしどうぶつえんえほん 「トットトト」フンボルトペンギントットのぼうけんの販売

3.市内の公共施設等に配布設置し、支援研究会が出向くなど読み聞かせ等に活用する

大型の絵本を用意しています。詳しくはお問い合わせください。

4.モデル的で発展性のある事業である理由

 地域住民や、地元若者グループと協働し、自らが絵本制作による教育文化活動に参画することにより、地域資源としての動物園への愛着、須坂市子ども読書のつどいなどの開催を通じて「読書によるまちづくり」に触れることで、住民意識の更なる向上、また、地域資源の情報を発信することで、地域振興と文化力の向上が期待される。

事業効果

  • 市民が絵本の制作にかかわり、また、絵本を購入し読書や読み聞かせを行うことにより、教育文化に触れるとともに、読書による子どもの健全育成が促進される。
  • 須坂の地域資源としての「須坂市動物園」をさらに発信することにより、須坂へ訪れる人の増加、及び、読み聞かせボランティア等のスキルアップと人材育成が図られる。

絵本のアイデア紹介

 応募総数88件の中から選ばれた絵本のアイディアを紹介します。ご応募ありがとうございました。

(最終更新日:2017-10-09)

このページに関するお問い合わせ先

社会共創部 生涯学習スポーツ課
TEL:026-248-9027
FAX:026-248-8825
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1