ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

保育園・認定子ども園の利用者負担(保育料)について

1号認定者利用者負担額(教育)

所得階層区分 須坂市利用者負担 多子軽減
1人目 2人目 3人目
第1階層 生活保護世帯 0円 0円 0円 多子カウント
年齢制限なし
第2階層 市民税非課税世帯
(所得割非課税世帯)
3,000円
[0円]
0円
[0円]
0円
[0円]
第3階層 市民税所得割課税額
77,100円以下の世帯
14,100円
[3,000円]
7,050円
[0円]
0円
[0円]
第4階層 市民税所得割課税額
211,200円以下の世帯
20,500円 10,250円 0円 多子カウント年齢制限有
(小学生3年生以下)
第5階層 市民税所得割課税額
211,200円以上の世帯
25,700円 12,850円 0円
須坂市 1号認定者利用者負担金額表
※[ ]はひとり親世帯、在宅障害児(者)のいる世帯、その他の世帯(生活保護法に定める要保護者等特に困窮していると市町村長が認めた世帯の金額)

多子世帯の軽減(平成29年度基準)

市民税非課税世帯(第2階層)については、第2子以降無償化0円とする。
小学校3年生以下の範囲において、特定教育・保育施設等を同時に利用する最年長の子どもから順に2人目は上記の半額、3人目以降については0円とする。
ただし、市民税所得割課税額77,100円以下の世帯においては年齢制限を撤廃する。

2号、3号認定者利用者負担額(保育)

1.須坂市では、保育標準時間と保育短時間の保育料差を、現行の延長保育料額等を勘案し、3,500円の定額としました。

2.須坂市においては、国の8階層区分の4~6階層を細分化し、11階層区分とすることで、階層ごとの保育料差額が緩やかになるようにしました。(市独自)
  ※保育短時間は8時30分~16時30分、保育標準時間は7時30分~18時30分です。(須坂市公立保育園)

3.保育料の切り替え時期は9月です。(国制度)
新制度では8月までは前年度市民税所得割額、9月から当年度市民税所得割額で計算した保育料を納めていただき、遡って徴収又は減額することはなくなります。

4.未婚のひとり親家庭に寡婦(夫)控除をみなし適用します。(市独自)
税法上は離婚又は死別した人のみ寡婦(夫)控除を適用できますが、経済的に苦しいひとり親家庭を支援するため、未婚のひとり親家庭の所得割を計算する場合は寡婦(夫)控除をみなし適用して、保育料を計算します。ただし控除を適用しても保育料が変わらない場合もあります。

5.公立保育園延長保育料
土曜日の延長保育も、土曜日に勤務する保護者に配慮し月~金曜日と合わせました。
また、保育料と同じ「多子世帯の保育料軽減」を導入し、短時間保育の延長保育利用者にも配慮しました。
保育短時間者用
区分 延長保育の実施時間 料金
月額 月10日以内
月曜日~土曜日 午前7時30分~午前8時30分 2,000円 1,000円
午前8時00分~午前8時30分 1,000円 500円
月曜日~土曜日 午後4時30分~午後5時00分 1,000円 500円
午後4時30分~午後5時30分 2,000円 1,000円
午後4時30分~午後6時00分 3,000円 1,500円
午後4時30分~午後6時30分 4,000円 2,000円
午後4時30分~午後7時00分 5,000円 2,500円
緊急延長保育
(月曜日~土曜日)
延長保育の実施時間の中で 30分につき 1回 100円
保育標準時間者用
区分 延長保育の実施時間 料金
月額 月10日以内
月曜日~土曜日 午後6時30分~午後7時00分 1,000円 500円
緊急延長保育
(月曜日~土曜日)
延長保育の実施時間の中で30分につき 1回 100円
延長保育料についても「多子世帯の保育料軽減」を適用します。(緊急延長保育は除く)

子ども・子育て支援新制度などについて詳しい内容を知りたい方は「内閣府の子ども子育て支援新制度のページ」(新しいウィンドウが開きます)をご覧ください。
(最終更新日:2017-10-11)

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会 子ども課
TEL:026-248-9026
FAX:026-248-8825
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1