ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

児童手当

児童手当とは

児童手当は、児童を養育している方に支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的としています。

手当を受けることができる方

支給対象者

中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方

支給対象者の条件

  • 支給対象者の住所が須坂市にあり、原則として、児童が日本国内に住んでいる場合に支給します
    (留学のために海外に住んでいて一定の要件を満たす場合は支給対象になります)
  • 父母が海外に住んでいる場合、その父母が国内で児童を養育している方を指定すれば、その方(父母指定者)に支給します
  • 児童を養育している未成年がいる場合は、その未成年後見人に支給します
  • 児童が施設に入所している場合や里親などに委託されている場合は、原則として、その施設の設置者や里親などに支給します
※父母が離婚協議中などにより別居している場合は、児童と同居している方に優先的に支給する場合があります。別途、申立書等の書類が必要となりますので、窓口へご相談ください。

手当を受けるためには

  • お子さんが生まれたとき
  • 転入・転出されるとき
  • 転居されるとき
  • 公務員になったとき・公務員でなくなったとき
  • その他、すでに申請した内容に変更があるとき
上記の場合、事由発生日の翌日から起算して15日以内に、子ども課窓口に下記の書類等を添えて、認定請求の手続きをしてください。

請求するための必要書類

  • 印鑑
  • 請求者の健康保険証の写し
  • 請求者名義の普通預金通帳またはキャッシュカード(口座番号がわかるもの)
  • 請求者及びその配偶者のマイナンバーカード(写真つき)
    ※マイナンバーカード(写真つき)をお持ちでない方は、マイナンバー通知カード(写真なし)と運転免許証をお持ちください

【注意】次に該当する方は、以下の書類も必要となります。
 
  • 養育している児童の住所が須坂市内で別になっている方
    「別居監護申立書」
  • 養育している児童の住所が須坂市以外の市区町村にある場合
    「別居監護申立書」及び「児童が属する世帯全員のマイナンバー付き住民票」

その他、必要に応じて提出していただく書類があります。

【変更になりました】
  • 本年1月2日以降に須坂市に転入された方について
平成29年11月13日以降、マイナンバー制度の情報連携が運用されることになりましたので、以前は必要としていた「所得・課税・扶養証明書」は不要になりました。

申請に関する注意事項

  • 児童手当は、原則申請した月の翌月分からの支給となります。申請が遅れた場合、遡っての支給はできませんのでご注意ください。
  • ご出生の場合は、出生の翌日から数えて15日以内に申請してください。
  • ご転入の場合は、前市区町村の転出予定日の翌日から数えて15日以内に申請してください。
  • 公務員の方は、勤務先から支給されます。公務員になったとき・公務員でなくなったときは、その翌日から15日以内に申請が必要です。

手当の支払い

  • 原則、申請した月の翌月分からの支給となります。
  • 支払い月は6月、10月、2月の3回、支払日は10日です。(10日が土日祝日の場合は、その直前の平日となります。)
  • 支払い月の前日までの分が、請求者が指定した金融機関の口座へ支払われます。

手当の月額

児童の年齢 児童手当の額
(1人当たりの月額)
3歳未満
一律15,000円
3歳以上小学校終了前
10,000円
(※第3子以降は15,000円)
中学生
一律10,000円
※「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育をしている児童のうち、3番目以降をいいます。

所得制限限度額

扶養親族等の数 所得制限限度額
0人
622万円
1人
660万円
2人
698万円
3人
736万円
4人
774万円
5人
812万円

特例給付

児童を養育している方の所得が上記の所得制限限度額以上の場合は、特例給付として月額一律5,000円を支給します。

認定後の手続きについて

現況届

  • 児童手当を受給している方は、毎年6月に「現況届」を提出していただく必要があります。
  • 「現況届」は、毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当等を引き続き受ける要件を満たしているか確認するものです。
  • 「現況届」等の書類を提出されない場合は、児童手当等を受給することができなくなりますので、ご注意ください。また、2年間届出をしないと、受給資格がなくなります。
【注意】
  • 「現況届」の審査の結果、配偶者の所得が受給者の所得を上回っている場合には、受給者変更のお手続きをお願いする場合があります。
  • 「現況届」の審査の結果、受給者の所得が所得制限限度額を超えると、特例給付に変更となります。

児童手当等の受給証明書

  • 奨学金等を申請する際に必要となりますが、須坂市で年3回(6月、10月、2月)に通知しております「児童手当・特例給付支払通知書」が証明になりますのでご活用ください。
  • 「児童手当・特例給付支払通知書」を紛失されてしまった方は、児童手当等の振込口座の通帳コピーでも証明になる場合がありますので、各々学校等へお問合せください。
(最終更新日:2017-11-13)

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会 子ども課
TEL:026-248-9026
FAX:026-248-8825
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1