ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

平成27年度 須坂市行政評価 外部評価結果報告書

【目次】
1 外部評価の目的
2 外部評価の流れ
3 外部評価員名簿
4 今年度の会議開催経過
5 対象事業の選定
6 外部評価の評価項目と視点
7 評価の方法
8 外部評価結果
9 全体を通じての評価員の感想より
報告書ダウンロード

1 外部評価の目的

須坂市では、平成15年から行政評価を行っています。この行政評価の目的は、総合計画の進行管理であり、総合計画に沿って市が行っている事業を「何の目的で、何を目標にして、お金をいくら使って、何をするのか」、「成果はどの程度で、改善すべき点はどこなのか」などについて評価分析するために、市役所業務をチェックしています。
この「事務事業評価」をより実効性のある制度とし、市民サービスの質の向上、事務事業の成果を高めるため必要があります。
そこで、外部の視点として市民のみなさんの視点で担当課の評価をチェックしてもらうことで、事業の必要性・有効性・効率性を高め、市民の皆さんや有識者の方々の視点による事業見直しのきっかけを提供していただくことを目的に、この「外部評価制度」を平成18年度から導入して取組んでいます。

2 外部評価の流れ

行政評価及び外部評価は、以下の内容で実施しました。
外部評価の流れ

3 外部評価員名簿

(敬称略、五十音順)
氏名
(評価員長)猪瀬 昌延
上野 節子
小林 進
小林 敏枝
小林 範子
永井 謙太
永村 清造
山上 晴夫

外部評価員の構成について

外部評価員は、評価員長を担っていただいた信州大学 教育学部准教授 猪瀬様と、清泉女学院地域連携センター長 小林様、市民の皆さんで構成されています。
市民の皆さんからの外部評価員については、総務課が住民基本台帳より無作為抽出で選出した500名の方々へ応募依頼し、申し込みいただきました方々の中から抽選で選出されました評価員です。

4 今年度の会議開催経過

会議名をクリックすると議事録、資料名をクリックすると配付しました資料をご覧いただけます。
会議名 日時 内容 会議資料
第1回 7月31日(金)
午後6時30分~8時30分
  • 外部評価の導入目的
  • 外部評価の流れ
  • 対象事業のヒアリングの進め方について
  • 対象事業の評価について
  • チェック項目と評価視点の関係
  • 外部評価員会議の体制について(外部評価員長の選出について)
  • 外部評価対象事業の選定方法について
第2回 8月19日(水)
午後6時30分~8時30分
  • 外部評価対象事業の選定について
第3回 9月25日(金)
午後6時30分~8時30分
  • 担当課ヒアリング
第4回 10月13日(火)
午後6時30分~8時30分
  • 担当課ヒアリング
第5回 10月19日(月)
午後6時30分~9時
  • 担当課ヒアリング
第6回 11月30日(月)
午後6時30分~9時30分
  • 事業別評価協議
  • 外部評価結果の総括

5 対象事業の選定

(1)選定方法

 本年度の外部評価対象事業の選定にあたっては、全体で238近くある事業の中から、事前に各担当部署で下記視点により選定した約70の「外部評価実施対象選定候補リスト」を事務局より提示しました。
  • 二次評価で「簡易な改善」、「総合計画に沿って継続」としている事業を中心に選定(外部評価により見直しの余地がないかを確認する)
  • 第五次須坂市総合計画前期基本計画の各施策の中で、重要度の高い事業
  • 市民目線の評価として、担当部署で外部評価を希望する事業等
この事業リストにあがった事業のほか、評価すべきと考える事業について評価員で協議し、以下の10事業を本年度の評価対象と選定しました。

(2)選定された事業

事業名をクリックすると事業の評価シートをご覧いただけます。
(ヒアリング実施順)
番号 事業名 担当課
1 消防団機械力整備事業、消防団運営事業【PDF形式:102KB】 消防本部 総務課
2 交通安全対策事業【PDF形式:109KB】 市民課
3 文化活動振興事業【PDF形式:97KB】 生涯学習スポーツ課
4 子育て支援センター管理運営事業【PDF形式:108KB】 子ども課
5 すこやか相談事業【PDF形式:101KB】 子ども課
6 広域ごみ処理推進事業【PDF形式:108KB】 エコパーク推進課
7 シルキープラザ管理事業、シルキーホール管理事業【PDF形式:92KB】 商業観光課
8 農業後継者対策事業【PDF形式:92KB】 農林課
9 健康増進事業【PDF形式:106KB】 健康づくり課
10 地域活性化事業【PDF形式:113KB】 政策推進課

6 外部評価の評価項目と視点

 外部評価は、事前に与えられた各事業の「評価シート」に記入されている情報と、「事業の実績及び計画」に書かれている情報で行いました。これらの資料から読み取れない部分は、質問状によるやり取りと、担当課ヒアリングにより、疑問点を解消しました。
 資料及びヒアリング結果を踏まえ、各事業について、今後の方向性を以下の基準と考え方に沿って評価し、評価及び事業に対する意見を付記しました。

(1)評価視点

チェック項目 判定の視点
必要性 市民の生命・財産を守るため市が実施することが必要不可欠な事業であるか
行政内部の管理運営上必要な事業であるか
市が主体となり実施すべき事業か
法的な根拠や公的関与の妥当性はあるか
目的は結果(施策の目指す理想)に結びついているか
有効性 事業の成果は上がっているか
目標に対する達成度は十分か
市民生活上の課題解決に貢献しているか
行政内部の管理上の課題解決に貢献しているか
事業の目的が達成できるような事業内容になっているか
効率性 成果を落とさずにコストを削減する方法はあるか
効率性向上に努めているか
使用料などの受益者負担や補助対象事業の範囲など、財源確保の余地はないか

(2) 評価項目と評価視点の関係

チェック項目と評価判定基準の関連は以下のとおりです。
必要性、有効性、効率性の各項目に対する評価のひとつの基準として、下記表を参考に外部評価を行います。これはひとつの基準であって、評価対象事業により、必要性、有効性、効率性の各項目のどこに重点を置いているかによっても変わります。
必要性、有効性、効率性の各項目に対しての担当部署の評価内容と、内部評価及びそれに対するコメント全体をみた上での、総合的な外部評価となります。
チェック項目と評価判定基準の関連図

7 評価の方法

 外部評価は、事前に与えられた各事業の「評価シート」に記入されている情報と、「事業の実績及び計画」に書かれている情報で行いました。これらの資料から読み取れない部分は、質問状によるやり取りと、担当課ヒアリングにより、疑問点を解消しました。
資料及びヒアリング結果を踏まえ、各事業について、今後の方向性を以下の基準と考え方に沿って評価し、評価及び事業に対する意見を付記しました。
評価項目 判定基準
総合計画に沿って継続 現状の水準で、計画どおり事業を進めることが適当である
簡易な改善(縮小) 目標達成に向けて比較的簡易な改善すべき点がある(予算減、事業量減など)
簡易な改善(拡大) 目標達成に向けて比較的簡易な改善すべき点がある(予算増、事業量増など)
進め方の改善(縮小) 目標達成に向けて事業の進め方自体を見直すべき点がある(予算減、事業量減など)
進め方の改善(拡大) 目標達成にむけて事業の進め方自体を見直すべき点がある(予算増、事業量増など)
抜本的見直し(縮小) 事業の目的や趣旨から事業縮小の視点で見直す必要がある
抜本的見直し(拡大) 事業の目的や趣旨から事業拡大の視点で見直す必要がある
統合・終了 これまでの実施内容や成果から、他事業との統合や事業終了を考えるべきである

8 外部評価結果

対象事業の外部評価結果一覧は以下のとおりです。

1.消防団機械力整備事業、消防団運営事業

担当課:消防本部 総務課
市の評価
(内部評価)
市の評価意見 外部評価 外部評価員意見
簡易な改善
(拡大)
毎年、団員が入退団する中で、消防団の防災対応力を維持することが必要である。
計画的整備により、機械力の維持を図る。
簡易な改善
(拡大)
 消防団は地域の安心安全を担う重要な役割を担っている。
生活の多様化や地域のつながりの希薄化、業務多忙などから消防団員確保が難しくなっているが、広報紙によるPR、カラーガード隊の活動、婚活活動、消防団協力事業所拡大など多様な活動により、団員確保の工夫、団員の士気高揚を図っている。
引き続き地域の安心安全を担っていただく団員数確保と、消防団活動支援を行政と地域が一丸となって取り組んでいただきたい。

2.交通安全対策事業

担当課:市民課
市の評価
(内部評価)
市の評価意見 外部評価 外部評価員意見
総合計画に沿って継続 高齢者交通事故の増加抑制を重点に、引き続き、警察署、交通安全協会、交通指導員、LPS隊員等と連携し、啓発に努める。
交通事故件数は減少傾向にあるが、引き続き啓発を行う。
進め方の改善
(拡大)
横断歩道の設置や道路整備などのハード面は、関係機関との連携を密接に取って対応していただくとともに、交通安全のソフト面の対応として、生活道路として利用している地域の方々の交通安全のためにも、通過する方への啓発に努めていただきたい。
関係機関とさらに連携情報共有し、市民に分かりやすい啓発を行っていただきたい。

3.文化活動振興事業

担当課:生涯学習スポーツ課
市の評価
(内部評価)
市の評価意見 外部評価 外部評価員意見
総合計画に沿って継続 文化芸術振興ビジョンに沿って取組みをすすめたい。
親子で読書に親しみ、読書習慣がつくよう、子ども読書チャレンジの取り組みを推進する。子ども読書活動支援研究会については、設立から4年が経過するので、独立を促していく。
簡易な改善
(拡大)
須坂市の文化振興の方向性を示す「文化芸術振興ビジョン」を市民にもっと知ってもらい、行政だけで須坂市の文化振興を進めるのではなく市民と一緒に進めていっていただきたい。
まちづくりに直接つながらなくとも、市民の自主的な学びや活動を支援し、多様な文化を育てていただきたい。

4.子育て支援センター管理運営事業

担当課:子ども課
市の評価
(内部評価)
市の評価意見 外部評価 外部評価員意見
抜本的見直し
(拡大)
子育てをしている保護者のつどいの場や育児相談、世代間交流等、地域において重要な役割を果たす事業であり、今後の必要性も高い。
現状施設の環境等に限界があるため、今後に向けて見直しが必要である。
進め方の改善
(拡大)
ファミリー・サポート・センター事業では、依頼と提供の両方の会員がいて信頼関係があって成り立っており、素晴らしいことである。いい循環がこの事業から生まれてくると、子育て支援センターを拠点に子育てのネットワークも広がり、「子育てしやすいまち 須坂」がさらに実感できるようになる。
現在も各種講座を行っているが、子育て中の親のニーズを的確に掴み、さらに子育てに役立つ、ためになる講座を行っていただきたい。

5.すこやか相談事業

担当課:子ども課
市の評価
(内部評価)
市の評価意見 外部評価 外部評価員意見
総合計画に沿って継続 幼保小の連携を図り、スムースな就学に繋げている。
専門のスタッフによる巡回相談等で5歳児以降から就学後までの継続支援ができている。
簡易な改善
(拡大)
コーディネータや保健師、作業療法士、必要に応じて家庭児童相談員も関与して広く連携して対応するとともに、子どもの成長に沿って、小学校や病院ともさらに連携して柔軟に、一人ひとりに寄り添った支援をしていただきたい。
市立の特別支援学校設置により地域の教育環境が整ってきているが、引き続き長野養護学校高等部分教室を設置することにより、地域の子どもを地域で学び育てる環境を充実させていただきたい。

6.広域ごみ処理推進事業

担当課:エコパーク推進課
市の評価
(内部評価)
市の評価意見 外部評価 外部評価員意見
総合計画に沿って継続 26年12月、施設の基本計画等を仁礼区に示して、施設の受入れについて正式に依頼し、本年5月区から施設受け入れに関する絶対的八条件の提示があった。今後も誠意を尽くして協議を進め、地元同意、地権者同意を達成したい。 進め方の改善
(拡大)
広域でごみ処理を担う責務を受け入れてくれる地区の方々に感謝すると同時に、ごみを出す市民としての責務を学ぶべきである。
最終処分場の設置は、子どもたちの世代のみならず、将来の世代が維持管理の責務を担っていくものであり、この施設を通じ、私たちの世代から環境保全について意識し、継続的に学んでいく必要がある。
これを機会に須坂市民全体として、少しでもごみを減らしていくなど、ごみへの意識を再確認していくべきである。

7.シルキープラザ管理事業、シルキーホール管理事業

担当課:商業観光課
市の評価
(内部評価)
市の評価意見 外部評価 外部評価員意見
簡易な改善
(拡大)
駅前の立地を活かして、観光案内所として観光情報等の提供や市民作品の展示ギャラリーとして活用されているが、入館者数が減少傾向にあるため改善を図るなど強みをいかす。
指定管理者として常に善良な管理に努めていただいている。須坂駅前ということで立地も良く、利用頻度も高いため、引き続き利用者の立場に立った管理を継続していく。
簡易な改善
(拡大)
須坂駅前という好立地を十分生かして観光振興、文化的意識向上のために、指定管理者である須坂市観光協会と更に密接に連携していただきたい。
駅前にシルキービルがあることは知られていても、その中にプラザやホールがあり、市民も利活用できるということがまだまだ知られていないと思われるので、須坂市観光協会と行政でもっと積極的に広報周知していただきたい。
類似の2事業が別々になっていて分かりにくいので、整理統合すべきである。

8.農業後継者対策事業

担当課:農林課
市の評価
(内部評価)
市の評価意見 外部評価 外部評価員意見
総合計画に沿って継続 新規就農者に注目されている地域の一つであることは間違いなく、地域農業を活性化するため必要な施策である。
各種制度のPRや活用により、新規就農者の確保育成に努める。
簡易な改善
(拡大)
地方創生の流れをくみ、全国的に就農を考える方が増加している中で、どれだけ須坂で農業することに魅力があるか、須坂での生活のしやすさ、良さを積極的にアピールしていく必要がある。
行政のみならず地域おこし協力隊や、若い人たち、農業従事者の力などを借りて、人を巻き込み、須坂市の農業をさらに盛り立てていただきたい。

9.健康増進事業

担当課:健康づくり課
市の評価
(内部評価)
市の評価意見 外部評価 外部評価員意見
総合計画に沿って継続 子どもから大人までの健康づくり事業について周知し、取組み者を増やすことが必要。
関係機関と連携を図り、効果的な事業実施をする。
簡易な改善
(拡大)
「健康長寿発信都市『須坂JAPAN』創生プロジェクト」は始まったばかりで、まだまだ認知度は低いかとは思うが、成果データが見えてくると、事業効果が分かりやすくなる。市民に成果となる情報を提供し、成果がみえると市民の意識も変わる。市民にフィードバックされてくると、良い循環が生まれる。
「心の健康」に関しては、予防や防止の事業内容も必要であるが、それだけではなく、心をより豊かに、より良くする事業にも注力していただきたい。

10.地域活性化事業

担当課:政策推進課
市の評価
(内部評価)
市の評価意見 外部評価 外部評価員意見
進め方の改善
(拡大)
須坂市の認知度を高めるためには、市民の皆さんが故郷に対する自信と誇りを培った上で、外部に対する情報発信を工夫しながら継続していく必要がある。
人を集め、人とネットワークづくりを進めた。さらに、地域に人を呼び、集い、賑わいのある地域づくりが必要である。
進め方の改善
(拡大)
市民が地域社会とつながりを持ち、自分のまちの良さを再認識して誇りを持つとともに、関心を寄せて市民自ら須坂市の良さをPRする行動につながれば、「須坂」というブランドが確立され、知名度も上がるのではないか。
移住定住を検討している方々に須坂市に関心を寄せてもらえるよう、様々な機会や媒体を活用し、さらに須坂の良さを全国に向けて積極的に発信していただきたい。

9 全体を通じての評価員の感想より

(1)市役所組織内や外の関係機関との連携

  • 市役所内組織が縦割りで別々に事業を行うのではなく、横の連携を取れるような体制を整えていかないと、さらに財政状況が厳しくなる今後は事業推進が難しいのではないか。
    縦割りの組織を変えることはすぐできるものではないと思うが、何らかの動きを始めていただければと思う。
  • 行政と民間が一緒になって話をできないかと、行政はその推進役となる、そういう働きかけがあっても良いのではないか。民間を巻き込んで何とかしますっていうくらいの話になっていかないといけない。
  • 市民や企業など市役所以外の方々の意見を聴き、民間活力を積極的に活用していただきたい。行政が担うべきところは担う必要はあるが、民間への仕事の移管は進め、民間活力の有効な使い方、活動の仕方を検討していただきたい。
  • 市役所組織内での横の連携を図り、ヒト・モノ・カネ・情報を有効活用していただきたい。
    また、須坂市内の各種団体ともかかわって行っている事業もあることが分かったが、市役所組織外ともさらに連携を図って、資源の有効活用を図っていただきたい。
  • 事業を行っている限りは、一般市民に分かりやすいようアピールする事業の進め方が一番重要ではないか。
    行政に対する市民の関心が高まってくれば、市の活性化につながっていくのだと思う。 そうすることで、他の自治体に対して須坂市の優位な点が増えてくると思う。
  • 須坂市として、きちんと頑張ってほしい。こう頑張るから応援してください、であれば応援もしたいと思うようになる。
  • 須坂のまちを好きで、誇りを持って自主的・自発的に広報や活動している市民は多くいる。さらに多くの人々が須坂のまちを好きになり、誇りが持てるよう、市民と共にまちを創っていただきたい。
  • 須坂の人が誇りをもつものが必要である。それが広まることで知名度にもつながる。高速も電車も通っていて利便性は良い。足を止める条件はある。借り物でない、一般的でないこと、須坂に特化したものに取り組んでいく方が良い。それが須坂にある財産の活用方法ではないか。
  • 若者が須坂市を離れても、須坂市へ戻ってきたいという気持ちになれるような市にする必要がある。立地条件としても好条件は揃っている。「おいでよ」、と言える場所にある。市民・住民レベルでの意識改革も必要。須坂の良さを市民にもアピールし、外にもアピールしていく。外ばかり見ていて、内側を見たときに来た人が興ざめしないような、そういったところにつながるようにアイデアなどがあると、まちも盛り上がっていくのではないか。

(2)市民と職員が語る場としての活用と外部評価制度の見直し

  • 外部評価は、担当職員に事業内容を直接聞ける良い機会であった。事業推進の目的や意図を聞けることが良かった。生活の中では分からないことを問いかける良い機会であった。
  • 外部評価に限らず、行政運営に関して知り、こういった色々な意見を言える場は必要だと感じた。率直な意見交換ができる場を多く設けていただきたい。
  • 市民が聞きたい、伝えたいのは、行政側の事業のくくりの話ではなく、生活に密着した話である。外部評価では、市の行っている事業についての評価に関して意見を出し合うことではあるが、本来はもっと市をより良くしていくことを話し合う場ではないか。縦割りで自分の範囲内に限ってのみ話をしているように感じた。
    出された意見を全て受け止める部署があっても良いのかもしれない。事業のくくりにとらわれず、市民と職員が何でも前向きに話せる場になると良い。
  • この会議の趣旨とは変わってしまうが、評価するというのは難しい。せっかく市民の皆さんが集まっていろいろ意見を交わせる場が設けられているので、評価することを目的とするのではなく、市民と職員が気軽に率直に話し合える場になると良い。
  • 外部評価という言葉があると、我々が評価をするということとなるが、評価が目的ではなく、市民視点で質問を投げかけて、担当課の方に取組み内容を教えてもらい、今後について一緒に話しあう。何か良いアイデアがあるならばそれを今後活かしていく、といったように話を進めていけたらと思う。

報告書ダウンロード

平成27年度 須坂市行政評価 外部評価結果報告書は下記からダウンロードしていただけます。

須坂市の行政評価の取り組みのページに戻る

(最終更新日:2018-06-07)

このページに関するお問い合わせ先

総務部 総務課
TEL:026-248-9000
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1