ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

須坂市不育症治療費助成制度について

不育症とは?

妊娠はするけれども、流産、死産や新生児死亡などを繰り返して結果的に子供を持てない場合、不育症と呼びます。
不育症治療を行っている夫婦の経済的負担の軽減のため、平成27年度から不育症治療に要する医療費の一部を助成します。

申請できる対象者

次のすべての要件に該当する方
  • 不育治療を行っている法律上の夫婦で、須坂市内に住所がある方
  • 医療保険に加入している方
  • 市税を滞納していない方
(注意)長野県の「不育症治療に対する助成制度」に該当される方は、事前に長野県の助成を受け、その残りの医療費を対象とします。
須坂市の申請には、長野県に提出する「長野県不育症治療支援事業受診等証明書」と助成額が分かる書類の写しが必要になります。
長野県「不育症治療費に対する助成制度」の詳細はこちらをご覧ください。(新しいウィンドウが開きます)

助成額と助成回数

  • 不育症治療にかかった医療費の自己負担額の2分の1以内の額を5万円を限度に助成
  • 通算5回まで(1回とは不育症治療を開始してから出産(流産・死産を含む)に伴い、治療が終了する一連の治療期間をいう)
※出産(流産・死産を含む)にかかる費用、入院時の差額ベッド代、食事代、文書料等治療に関係のない費用は対象外となります。

申請期日

不育症治療が終了した日の属する年度の3月31日までに申請してください。
(注意)平成27年3月31日以前の医療費は申請できません。

申請の方法

1.次の3つの書類を提出し、申請してください。
  • 須坂市不育症治療費助成金交付申請書(様式第1号)
  • 須坂市不育症治療費助成事業医師証明書(様式第2号)
  • 須坂市不育症治療費助成事業医療費等証明書(様式第3号)
    ※医師の証明書等にかかる費用は自己負担となります。

2.審査後、「須坂市不育症治療費助成金交付決定・却下通知書」(様式第4号)を送付します。

3.決定後、「須坂市不育症治療費助成金交付請求書」(様式第5号)を提出していただき、指定の口座に助成金を振り込みます。

申請の申し込み・問い合わせ

申請書類については下記の健康づくり課にお問い合わせください。

相談窓口

保健師が電話対応します。
市役所 保健センター 電話:026-248-9023(直通)
(最終更新日:2017-10-09)

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 健康づくり課
TEL:026-248-9018
FAX:026-251-2459
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1