ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

須坂上水道120年のあゆみ

明治20年(1887年)、日本最初の近代水道が横浜市で開業し、この年に須坂町で民間の手で私設簡易水道が敷設されました。製糸事業繁栄の私的事業であった当時の“土管水道(どかんすいどう)”から、大正15年(1926年)、坂田浄水場建設による近代水道に生まれ変わり、今日の須坂市の水道事業まで連綿として続いてきました。
このような120年にも及ぶ雄大な歩みの中で、幾多の困難を乗り越え、“命の水”を守り通して来られた先人の偉業に深く感謝するとともに、諸先輩方の偉業をしのび、時とともに散逸する貴重な資料を整理し、市民の皆さんに知っていただくために(須坂上水道120年の歩み)を刊行したものであります。
平成20年2月 須坂市水道局
水道敷設工事の様子PDFファイル(6.5MB)のダウンロードはこちらをクリックしてください。
目次
◇発刊にあたって 須坂市長 三木正夫
序章 須坂市水道事業のあらまし
第1章 須坂市の沿革
1 須坂市の位置
2 須坂市の系図
第2章 須坂市の位置・地勢と気候
1 位置と面積
2 地勢と河川
3 地質
4 水利・飲用水
5 気候
第3章 須坂市の人口と居住区域
第4章 上水道の沿革
1 旧町村の飲用水と水道
 (1)須坂町
  ア 上水道敷設前の水事情
  イ 私営水道敷設
  ウ 町営水道へ移管
  エ 上水道の創設
  オ 改良
 (2)日滝村
 (3)日野村
 (4)豊洲村
 (5)井上村
 (6)高甫村
 (7)東村(仁礼・豊丘)
2 須坂市の誕生と水道事業
 (1) 市制施行と第11次水道事業拡張計画までの経緯
  ア 基本計画の推移
  イ 主要施設の概要
   (ア) 水源
   (イ) 浄水場
   (ウ) 配水池
   (エ) 配水ポンプ施設
   (オ)管路延長・管種別延長及び消火栓
  ウ 給水の状況
   (ア) 水道普及の推移
   (イ) 水源別取水量
   (ウ) 取水量の推移
   (エ) 給水人口・給水量の推移
 (2) 財務状況
  ア 損益計算書
  イ 貸借対照表
  ウ 資本的収入及び支出
 (3) 指定給水装置工事事業者の指定状況
第5章 水道料金の変遷
第6章 簡易水道と専用水道
1 須坂市峰の原水道
 (1) 水道施設の概要(創設認可)
  ア 基本計画
  イ 工事実施状況
  ウ 水源施設
  エ 浄水施設
  オ 配水池施設
  カ ポンプ設備
  キ 導送配水管延長
 (2) 水道料金の推移
 (3) ニツ双水源の開発(第1次変更認可)
 (4) 給水区域の変更(第2次変更認可)
2 菅平グリーンダボス別荘地簡易水道
3 峰の原分譲地簡易水道
4 専用水道
第7章 近年の台風災害と水道施設復旧状況
第8章 須坂市水道事業への展望
第9章 須坂市水道局の組織と職員数の推移
1 水道局の組織と事務分掌
2 水道職員数の推移
第10章 水道事業年譜
◇あとがき
(最終更新日:2017-10-09)

このページに関するお問い合わせ先

水道局 営業課
TEL:026-248-9012
FAX:026-246-4773
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1