ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

第12回 福井敬一常設展 「雪の日」

展示室の写真
展示室
平成18年11月29日~平成19年3月25日

「雪の日」について

福井敬一が須坂を訪れるようになったのは、画家として地位を築きつつあった頃です。以来福井の作品には須坂の風物をモチーフにしたものが多くなりました。福井は絵画表現において絶えず新しい技法を求め続け、その追求はやがて「峠のリポート」、「緞帳制作」に結実していきます。しかし、今回取り上げた昭和36年制作「雪の日」は、須坂のりんご畑に降り積もる雪を描き、技法とは離れた写実に貫かれた作品となっています。実りの時を終えて眠りにつくりんごの樹と、あらゆるものを埋めて降り積もる雪を画面いっぱいに描き、福井の北国須坂に寄せる新鮮な感動が伝わってきます。
同名の昭和10年作品「雪の日」は、福井が一旦あきらめた画家の道を再びめざし、東京へやってきた上京第一作であり、須坂市所蔵作品では一番古いものです。二つの雪の情景は、それぞれの時を止めて過ぎた日々を静かに物語るようです。

展示作品

No. 作品名 制作年
1 雪の日 1967(昭和42)年
2 雪のトロッコ 1991(平成3)年
3 峠(雪のトッコ) 1991(平成3)年
4 雪の日 1961(昭和36)年
5 雪の日 1935(昭和10)年
6 海女 1946(昭和21)年
7 1970(昭和45)年
※スケッチブック展示あり
展覧会のパンフレット【PDF形式 120KB】

展示の様子

展示の様子1
展示の様子2
展示の様子3
(最終更新日:2017-10-09)

このページに関するお問い合わせ先

社会共創部 生涯学習スポーツ課
TEL:026-248-9027
FAX:026-248-8825
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1