ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

第15回 福井敬一常設展 「本画と下絵展-イメージを連ねる-」

平成19年12月10日~平成20年3月9日

「本画と下絵展」について

油彩画を本画、デッサン類を下絵と見立てる本展覧会は、油彩画と同テーマで描かれたデッサンやモデル、旅先でのスケッチなど計20点を合わせてご覧いただきます。
本画に対する下絵をどこまで、どう描くかは作家により様々ですが、福井敬一の場合は本画に対して輪郭線を忠実に描いているような下絵は残しておらず、あくまでイメージを練り上げるために下絵はあったようです。下絵であっても本画に対する時と同じように画に対し、密度、完成度ともに油彩画に負けない作品を残しています。
油彩画家 福井敬一でしたが、デッサンの線も美しく、水彩画も手慣れたもので画材の特色を生かし制作しています。表現方法のさらなる可能性も想像させてくれます。

展示作品

No. 作品名 制作年
1 砂漠のヒイラギ 1979(昭和54) 年
2 「砂漠のヒイラギ」関連デッサン 1979(昭和54)年頃2点
3 1960(昭和35)
4 「 湖」関連デッサン 1960(昭和35)年頃2点
5 アクロポリスの丘 1997(平成9)年頃2点
6 アクロポリスの丘 2000(平成12) 年
7 アクロポリスの丘 制作年不詳
8 水辺 1961(昭和35) 年
9 「水辺」関連デッサン 1960(昭和35)年頃2点
10 スケッチブックより野柳魚村(台湾) 1966(昭和41) 年
11 スケッチブックより淡水(台湾) 1966(昭和41) 年
12 デッサン 1968(昭和48)年5点
砂漠のヒイラギ作品画像砂漠のヒイラギ作品画像 1979年(昭和54)
展覧会のパンフレット【PDF形式 197KB】
(最終更新日:2017-10-09)

このページに関するお問い合わせ先

社会共創部 生涯学習スポーツ課
TEL:026-248-9027
FAX:026-248-8825
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1