ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

第16回 福井敬一常設展 「驀進(ばくしん)せよ!-進め!蒸気機関車-」

平成20年3月12日~平成20年6月15日

「驀進せよ!」について

福井敬一が煙を吐いて走る蒸気機関車を盛んに描いていたのは1950年から4年間。同時期、緊迫感をもつ静寂としたモノクロームの東京の都市風景が描かれ、作者の代表作もこの一連から生まれ、後の制作へと引き継がれることとなります。一方、蒸気機関車を描いた一連は対照的な活気ある画面ですが、一時期のみ盛んに描かれた少々不思議な存在です。
正面から描かれた驀進する機関車は絵画にスピードを持ち込んでいます。スピードが、フォルムを形作り、色彩を生み出し、躍動感があふれる画面となっています。作品からはこの構図を発見した作者の熱い想いが伝わってきます。
作者はこの時期、国展の会員となり、トキワ松学園の美術教師の職を得、母校の武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)の非常勤講師として迎え入れられ、絵描きとして自信を深めていたことが想像できます。蒸気機関車は飛躍の時期を迎えた画家の分身であるかのようです。
本展覧会では、蒸気機関車を描いた油彩作品5点、デッサン1点に加え、機関車が描きこまれた都市風景5点を合わせて展示します。

展示作品

No. 作品名 制作年
1 トンネル 1950(昭和25) 年
2 二つの鉄路 1950(昭和25) 年
3 鉄路の雪 1950(昭和25) 年
4 残雪 1950(昭和25) 年頃
5 平行する橋 1951(昭和26) 年
6 驀進 1954(昭和29) 年
7 爆進 1954(昭和29) 年
8 驀進 1954(昭和29)年頃
9 驀進 1954(昭和29)年頃
10 驀進 1954(昭和29)年頃
11 驀進 1954(昭和29)年頃
驀進せよ!チラシ画像驀進せよチラシ表紙画像
(最終更新日:2017-10-09)

このページに関するお問い合わせ先

社会共創部 生涯学習スポーツ課
TEL:026-248-9027
FAX:026-248-8825
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1