ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

第27回 福井敬一常設展 「年輪の一輪一輪に 日本の人間の歴史がある」

平成24年1月23日~平成24年7月22日

「年輪」について

福井敬一は奈良を訪れた際、数ある名所に新たな可能性を見出しました。「樹の成長だけではない。風化で減っていく石の年輪もあるし、増・減ともに年輪である」
時代は昭和から平成へと移りゆく中で、その遥か昔から生きてきたであろう樹の年輪と自分の姿を重ねたのでしょうか。その背景にある命のたくましさを年輪から感じとったのかもしれません。
「奈良公園の中を歩いていると次から次へと新しい発見に興奮する。むしろ鹿の群れや人懐こく寄って来る雄鹿が邪魔になる位だ」とも語るほど意欲的に制作に取り掛かり、1986年(昭和61年)から1989年(平成元年)にかけ奈良で発見したその豊かな山をモティーフに数多くの“年輪”を描きました。
今回は力強く有りながらどこか物憂げに感じる年輪をテーマに、旅先でのスケッチなどを合わせてご覧いただきます。

展示作品

No. 作品名 制作年
1 年輪(風化) 1998(平成10)年
2 峠のトッコ 1998(平成10)年
3 年輪(なら) 1989(平成元)年
4 年輪 1989(平成元)年
5 年輪 1989(平成元)年
6 年輪 1989(平成元)年
7 風化(年輪) 1994(平成6)年
8 制作年不詳


年輪(なら)年輪(なら)1989(平成元)年
展覧会のパンフレット【PDF形式 586KB】

展示の様子

展示の様子1 展示の様子2
展示の様子3
(最終更新日:2017-12-06)

このページに関するお問い合わせ先

社会共創部 生涯学習スポーツ課
TEL:026-248-9027
FAX:026-248-8825
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1