ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

第31回 福井敬一常設展  「港 -心にやきついた風景-」

平成25年7月26日(金曜日)~平成25年11月24日(日曜日)

「港 -心にやきついた風景 -」について

 「ヨーロッパ旅行で心にやきついた風景を思い浮かべて見た。ギリシャのピレウス港、ペルージャの丘の上の街やアッシジである。」福井敬一は50代後半にそう記しました。福井は20歳で画家を志し、夢に見た洋行を果たしたのは 1961(昭和36)年、50歳の時でした。その後はエーゲ海を巡る旅など、幾度もヨーロッパに赴き、彼の地をモチーフに多くの作品を生み出しました。      
今回は、ヨーロッパの「港」をテーマに作品を紹介します。さざなみに耳を澄ますように港町の風景を眺めてみてください。刻々と変化していく海の色や、建物の白さに自然と心引き込まれるのではないでしょうか。

展示作品

No. 作品名 制作年
1 ピレウス港 1968(昭和63)年
2 ピレウス港 1962(昭和37)年
3 ピレウス港 不詳
4 ギリシャ 1964(昭和39)年
5 ヨットハーバー 1981(昭和56)年
6 ロードス港 不詳
7 エーゲ海 1981(昭和56)年
8 ギリシャ 不詳
9 1992(平成4)年
10 不詳


 
岬「岬」(1992年)
展覧会のパンフレット【PDF形式 518KB】

展示の様子

(最終更新日:2017-10-09)

このページに関するお問い合わせ先

社会共創部 生涯学習スポーツ課
TEL:026-248-9027
FAX:026-248-8825
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1