ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

第32回 福井敬一常設展  「汽車 -驀進-」

平成25年11月29日(金曜日)~平成26年3月9日(日曜日)
(休館日:12月29日~1月3日)
午前9時~午後5時まで
場所:須坂駅前シルキービル2階アートギャラリー 入場料:無料

「汽車 -驀進-」について

 今回は、「汽車」をテーマに福井敬一の昭和25(1950)年から昭和29年頃の作品を紹介します。
 戦後の貧困、そして空襲で全作品を失った暗雲の中で、福井敬一は家族を養うために懸命に働きました。吾川製紙、日ソ映画社を経て、1950年にトキワ松学園の非常勤講師として絵画を教え始めました。教える立場になることで、ほぼ三年に及ぶ軍隊での制作活動の中断、その空白で生まれた描くことへの躊躇が克服され、描くことに邁進しました。
福井は「1950 年はたしかに手答えのあった年であった」と書き残しています。

展示作品

No. 作品名 制作年
1 驀進 昭和29(1954)年
2 二ツの鉄路 昭和25(1950)年
3 平行する橋 昭和26(1951)年
4 驀進 昭和29(1954)年
5 驀進 昭和29(1954)年
6 驀進 昭和29(1954)年
7 爆進 昭和29(1954)年
8 鉄路の雪 昭和25(1950)年
驀進「驀進」(1954 年)
 展覧会のパンフレット【PDF形式 522KB】

展示の様子

(最終更新日:2017-10-09)

このページに関するお問い合わせ先

社会共創部 生涯学習スポーツ課
TEL:026-248-9027
FAX:026-248-8825
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1