ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

第34回 福井敬一常設展 「80歳の画家」

平成26年9月11日(木曜日)~平成27年5月10日(日曜日) 展示期間を5月10日(日)まで延長しました
(平成26年12月29日(月曜日)~平成27年1月3日(土曜日) 休館)
午前9時~午後5時まで
場所:須坂駅前シルキービル2階アートギャラリー
入場料:無料

「80歳の画家」について

高原の詩
高原の詩①(1991年)
今回は、福井が80歳を迎えた平成3(1991)年に制作された作品を紹介いたします。
この年、須坂市メセナホールの緞帳「破風高原」の下絵も手がけており、また20歳で画家を志してから60年目の年でもあります。
「私は満80才になった。自分では何てことはない。ところが、世間では大騒ぎ。」と書き残しているように、年齢を感じさせない迫力のある作品は人々を驚かせました。重厚な色彩を、ぜひお楽しみください。

展示作品

No. 作品名 制作年
1 トッコ 平成3(1991)年
2 平成3(1991)年
3 臥竜梅 平成3(1991)年
4 霧の峠 平成3(1991)年
5 高原の詩 平成3(1991)年
6 高原の詩 平成3(1991)年
7 高原の詩 平成3(1991)年
8 高原の詩 平成3(1991)年 
展覧会のパンフレット 【PDF形式 916KB】
展覧会のパンフレット
↑ 画像をクリックするとPDF形式でご覧いただけます。
(別ウィンドウで開きます)

展示の様子

(最終更新日:2017-10-09)

このページに関するお問い合わせ先

社会共創部 生涯学習スポーツ課
TEL:026-248-9027
FAX:026-248-8825
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1