ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

下水道について

下水道ができると

下水道は、豊かな自然を守り、美しい水、健康的で快適な生活環境をわたしたちの次の世代に残すために重要で不可欠な施設であります。
下水道に接続するとトイレや台所などで使った汚れた水は地下の下水道の管を通って下水道の処理場に集められます。
そこできれいに処理された水は川に戻り、大切な水資源として再利用することができます。
また、処理される過程ででてくる汚泥は、養分を含んでいるので、肥料に利用されたり、レンガやブロックを作る材料にも使われています。
下水道が使えるようになると、みなさんのお宅のくみ取り便所を水洗トイレにすることができ、小さなお子さんやお年寄りの方も安心してトイレを使用することができます。
また、防臭剤、その他の衛生費が不要になり、既に設置されている浄化槽は不要になり、維持管理費がかかりません。

須坂市の下水道

須坂市の下水道は公共下水道事業と豊丘地区、高甫地区(上・下八町)は農業集落排水事業で整備を行っています。
整備した処理地域の人口を須坂市の行政区域内人口で割った普及率は平成24年度末現在96.6パーセントです。
公共下水道事業は昭和60年度に下水道の本管工事に着手し、平成3年3月に一部使用を開始しました。
本管を通って集められた汚水は、長野市にあるクリーンピア千曲で水をきれいにし、千曲川へ放流しています。
農業集落排水事業の豊丘地区・高甫地区については、すでに整備が完了し、全域で使用できます。
本管を通って集められた汚水はそれぞれ豊丘クリーンセンター、高甫クリーンセンターで水をきれいにし、放流しています。
下水道の本管整備は一部地域を除き平成24年度で完了しました。

一日も早く水洗化工事を

処理区域内人口のうち汚水を下水道で処理している人口比水洗化率は平成24年度末で、93.3パーセントです。
下水道の本管が整備された地域では、くみ取り便所を3年以内に水洗トイレに改造するよう建物の所有者に義務づけられています。
また、台所、風呂場、洗濯場などからの排水も下水道本管へ流れるよう、すみやかに排水設備を設置するよう義務づけられています。
下水道が使えるようになった区域のみなさんは、一日も早く排水設備(水洗化)工事をしていただきますようお願いします。
また、排水設備工事をするときは、必ず市が指定した須坂市指定工事店にお申し込みください。指定工事店では、市に提出する書類の作成、届け出などの手続きを皆さんに代わって行います。
詳しくは、上下水道課宅内サービス係までお問い合わせください。
下記地図をクリックすると拡大画像が別ウインドウで開きます。須坂市公共下水道供用開始区図須坂市公共下水道供用開始区図をクリックすると地図がダウンロードできます。【PDF形式:552KB】
(最終更新日:2017-10-09)

このページに関するお問い合わせ先

水道局 上下水道課
TEL:026-248-9008(下水道)、026-248-9013(上水道)
FAX:026-246-4773
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1