ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

令和2年度市・県民税、令和元年分所得税の申告は正しくお早めに

令和2年度(元年分)申告相談期間:令和2年2月17日(月曜日)~3月16日(月曜日)

個人市民税・県民税申告期限を4月16日(木)まで延長します。


下記から知りたい項目をクリックしてください。

  1. 1.申告について(申告が必要な方・申告が不要な方)
  2. 2.マイナンバー(個人番号)について
  3. 3.申告書および必要な持ち物について
  4. 4.確定申告会場へお越しの皆さまへお願い(感染症対策について)
  5. 5.須坂市の申告相談の日程と会場について
  6. 6.申告期間中のお願いと注意点について
    (ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用した方が申告をする場合の注意点はこちら)
  7. 7.長野税務署からのお知らせ
  8. 8.税理士による無料相談
  9. 9.申告の問合せと郵送先

1.申告について

申告が必要な方

  • 農業収入、不動産収入がある方や自営業の方
  • シルバー人材センターの配分金、講演料、原稿料、個人年金、生命保険の満期一時金などがある方
  • 所得税が納付・還付となる方
  • 医療費控除や住宅借入金等特別控除を受ける方
  • 自宅などに太陽光発電設備を設置した方

※自宅などに太陽光発電設備を設置した場合、売電料金は「その他雑所得」として申告する必要があります。
 「太陽光発電設備を設置された皆さまへ」【PDF形式:488KB】

申告が不要な方

  • 年末調整が済んでいて、ほかの控除を追加しない方
  • 公的年金のみの収入で、その金額の合計額が400万円以下で控除(医療費控除等)を追加しない方

※確定申告が不要な場合でも、市・県民税の控除などを追加する場合は、市・県民税の申告をしてください。

2.マイナンバー(個人番号)について

申告時にマイナンバーが必要です

平成28年分の所得の申告書からマイナンバー(個人番号)の記載が必要です。
番号確認書類(個人番号カードや通知カードなど)と身元確認書類(運転免許証やパスポートなど)を持参またはコピーを添付してください(下図参照)。
本人ではなく代理人による申告書作成の場合は、申告者本人の番号確認書類、委任状または運転免許証や保険証などに加えて、代理人の身元確認書類が必要となりますのでご注意ください。

【本人による申告時の番号確認と身元確認書類の扱い】
申告相談会場 郵送による提出 長野税務署
(若里市民文化ホール)
市・県民税申告書 提示またはコピー添付 コピー添付 -
確定申告書 コピー添付 コピー添付 提示

※確定申告書をe-Taxで送信する場合は、提示または写しの添付は不要です。
 

3.申告書および必要な持ち物について

申告書の入手・申告方法について

昨年の申告がe-TAX、市や若里市民文化ホールの会場での申告、国税庁ホームページからの申告書作成、源泉徴収済みで還付申告をされた方には、確定申告書は国税庁より送付されません。
昨年と同様の申告をしていただくか、長野税務署に請求してください。

須坂市税務課の窓口にも1月24日(金曜日)から3月16日(月曜日)まで確定申告書を備え付けます(数に限りがあるので予定期間より早く備え付けを終了する場合があります)。
また、1月下旬に市から市・県民税申告書を郵送しましたので、届いた方は申告をしてください。
 

※申告書が届かない方でも、申告が必要な場合があります。
※収入のない方は、所得税の確定申告は必要ありませんが、市・県民税の申告は必要です。

市・県民税申告書

申告に必要な持ち物

※申告書に添付する書類は原本です。控えの必要な方は事前にコピーをお願いします。
 
  • 確定申告書(税務署から送付されたもの)または市・県民税の申告書(なくても申告できます)
  • はんこ
  • 個人番号確認書類(個人番号カード、通知カードなど)
  • 身元確認書類(運転免許証やパスポートなど)
  • 委任状(代理人来場による申告書作成の場合)
  • 給与・公的年金などの源泉徴収票
  • 報酬・賃金などの収入額のわかるもの(支払額の証明書など)
  • 営業・農業・不動産収入のある方は、作成した収支内訳書及び帳簿、書類、領収書など
  • 国民年金保険料、社会保険料、生命保険料、地震保険料、旧長期損害保険料、個人年金保険料などの支払証明書
  • 配偶者特別控除を受ける場合は、配偶者の所得がわかる書類(源泉徴収票など)
  • 医療費控除を受ける場合は、医療費控除の明細書または医療費の領収書と保険金などの補てん額がわかる書類(原本添付)
  • 寄附金控除を受ける場合は、寄付をした団体やふるさと寄付金をした市町村が発行する証明書
  • 障害者控除を受ける場合は、障害者手帳、障害者控除対象者認定書
  • 勤労学生控除を受ける方は、在学証明書または学生証
  • 申告者本人の預貯金の通帳など口座番号がわかるもの(所得税が還付になる場合に必要です)

4.確定申告会場へお越しの皆さまへお願い(感染症対策について)

確定申告会場でのマスクのご持参(着用)などのお願いについて

確定申告会場には多くの方が訪れていますので、来場を予定している皆さんは、手洗いやマスクのご持参(着用)など、新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染予防対策へのご協力をお願いします。
会場にはアルコール消毒液を設置していますので、ぜひご利用ください。
感染症の感染拡大防止について(国税庁ホームページ)(外部リンク)

スマートフォンなどによるe-Tax(電子申告)が便利です

令和2年1月から、スマートフォンとマイナンバーカードによるe-Tax申請(電子申告)が行えるようになりました。混雑する税務署や市役所まで出向かなくても申告が可能で、不要な外出を避けることもできますので、ぜひご活用ください。
スマートフォン×マイナンバーカードでe-Tax!進化するスマート申告!(国税庁ホームページ)(外部リンク)

還付申告は受付期間終了後でも行えます

医療費控除や住宅ローン控除などの追加により源泉徴収された所得税の還付を申請する場合など還付に関する申告は、確定申告期限の令和2年3月16日以降も税務署で申告することができます。

タックスアンサー(よくある税の質問)(国税庁ホームページ)(外部リンク)

5.須坂市の申告相談の日程と会場について

例年、各会場とも大変混雑します。なるべく対象地区の指定日にお越しください。

【令和2年 申告相談の日程・会場一覧】
相談会場 相談日 指定地区
受付:午前9時~午前10時30分
この時間以外は受付しません
受付:午後1時30分~3時30分
この時間以外は受付しません
須坂市役所
(3階305)
2月17日(月) 大谷町 本郷町・明徳町
2月18日(火) 豊丘町・上中町・中町 馬場町・常盤町・横町
2月19日(水) 北旭ヶ丘町 高梨町・五閑町・松川町
2月20日(木) 小山町・小島町 夏端町・峰の原高原・相之島町
2月21日(金) 中島町・米子町・本上町 北原町・九反田町・豊丘上町
須坂市役所
(3階305)
2月25日(火) 春木町・東横町 井上町・幸高町
2月26日(水) 豊島町・南小河原町・上町 米持町
2月27日(木) 亀倉町 太子町・村山町・須坂ハイランド町
2月28日(金) 高畑町・旭ヶ丘町 データ点検のため実施しません
須坂市役所
(3階305)
3月2日(月) 塩野町・小河原町・新田町 八重森町・光ヶ丘ニュータウン・北横町
3月3日(火) 相森町 高橋町
メセナホール
(小ホール)
3月4日(水) 南原町 屋部町
3月5日(木) 予備日(指定日に申告できなかった方)※混雑します
3月6日(金) 仁礼町 境沢町・二睦町
須坂市役所
(3階305)
3月9日(月) 下八町・望岳台 立町・八幡町
3月10日(火) 穀町・坂田町・南横町 北相之島町・野辺町
メセナホール
(小ホール)
3月11日(水) 沼目町・田の神町・西町 塩川町
3月12日(木) 福島町・上八町・新町 村石町・大日向町
3月13日(金) 予備日(指定日に申告できなかった方)※混雑します
須坂市役所
(3階305)
3月16日(月) 予備日(指定日に申告できなかった方)※混雑します

個人市民税・県民税申告期限を延長します

延長期間

3月17日(火曜日)~令和2年4月16日(木曜日)

申告書提出の方法

  • 須坂市役所 税務課(本庁舎1階)へ直接来場
  • または郵送(新型コロナウイルス感染症の拡大防止の目的から、申告にあたっては相談会場への来所を避け、できる限り郵送での提出をお願いします。)

郵送先

須坂市役所 税務課 市民税係
〒382-8511 須坂市大字須坂1528番地
電話番号:026-248-9001(課専用)

確定申告書の提出は長野税務署

長野税務署
〒380-8612 長野市西後町608番地の2
電話番号:026-234-0111(自動音声案内)

ご注意ください

3月17日(火曜日)以降に個人市民税・県民税の申告書を市へ提出、又は別途申告期限等の延長が行われている所得税の確定申告書を税務署へ提出された場合、個人住民税・県民税の課税が、第1期(6月末納期限)に間に合わない場合がありますので、ご了承ください。
この場合、第2期での課税又は税額変更等の処理を行ったうえで、課税または税額が変更となる方に対して納税通知書等によりお知らせいたします。

6.申告期間中のお願いと注意点について

  • 市・県民税の申告は、2月14日(金曜日)まで市役所税務課窓口にて受け付けます。申告期間中相談会場が混雑しますので、市・県民税の申告のみの方はできるだけ2月14日(金曜日)までに申告することをお勧めします。
  • 申告相談会場への電話取次ぎ、電話による相談はできませんのでご了承ください。
  • 申告相談期間中は担当職員が相談会場におりますので、市役所税務課窓口や長野税務署庁舎での申告相談はできません。※申告書の提出はできます。
  • 所得税、復興特別所得税の納付期限は3月16日(月曜日)です。会場での納付はできません。金融機関での納付、または口座振替による納付をお願いします。
  • 「所得税の確定申告の手引き」や申告書用紙等は、国税庁ホームページからダウンロードできます。
  • また、所得税の確定申告書も国税庁ホームページ「確定申告書作成コーナー」で作成できます。
 
確定申告特集

次の方は市の相談会場では受けられません。
税務署の申告会場で相談・申告をしてください。

  • 青色申告をする方
  • 個人や民間業者などに土地や建物などを譲渡した方
  • 新規に住宅借入金等特別控除を受ける方
  • 過年分(平成30年分以前)の確定申告・修正の申告をする方
  • 株式譲渡所得、先物取引による所得、山林所得がある方

  注意事項

申告についての注意事項【PDF形式:314KB】

申告相談の前に

収支内訳書の作成や、医療費の集計がされていないと申告に時間がかかってしまい、申告される方、順番待ちの方にご迷惑をおかけしてしまいます。
スムーズに申告相談が進みますよう、次の点にご協力をお願いいたします。

営業や農業、不動産などの収入がある方
 ⇒⇒事前に収支内訳書の作成をお願いします。

※混雑状況によって、収支内訳書を作成済みの方を優先する場合があります。

営業・農業・不動産の申告で固定資産税を必要経費とする方は、昨年4月に送付した固定資産税の納税通知書に土地・建物それぞれの税額が記載されていますので、該当する部分の税額を合計して算出してください。

医療費控除の申告をする方
 ⇒⇒「医療費控除の明細書」の作成または領収書の整理、集計をお願いします。

平成29年分の申告より、「医療費の領収書」の提出又は提示が不要となり、「医療費控除の明細書」または「セルフメディケーション税制の明細書」の提出が必要となりました。
※令和元年分の申告までは、領収書の添付又は提示によることもできます。
医療費控除を申請する方は、ご家族お一人ずつ病院ごとの医療費控除の対象になる医療費の額、高額療養費や生命保険などにより補てんされた金額、を整理、集計してください。

※医療費控除対象の介護サービス料については、領収書に「医療費控除の対象になる金額」と表示されています。表示がない場合は、領収書を発行した施設にお問い合わせください。

なお、市の国民健康保険加入者の方で、高額療養費に該当すると思われる方は、先に高額療養費の申請を健康づくり課で済ませてから、申告会場にお越しください。
 

【持ち物】

  • 医療費控除の明細書又は領収書(申請後にお返しします)
  • 世帯主のはんこ
  • 振込先がわかるもの(通帳など)

【申請先】

須坂市役所 健康づくり課(窓口4番)電話番号:026-248-9018


【医療費控除とセルフメディケーション税制について】

国民年金を社会保険料控除として申告する場合
 ⇒⇒証明書の添付が必要です。再発行できますので、お問い合わせください。

【問合せ】

  • ねんきん定期便・ねんきんネット等専用ダイヤル:0570-058-555
    050から始まる電話でおかけになる場合:03-6700-1144
  • 長野北年金事務所 電話番号:026-244-4100

公的年金の受給額についてのお問い合わせ・源泉徴収票の内容について

【問合せ】

  • ねんきんダイヤル 電話番号:0570-05-1165
050から始まる電話でおかけになる場合:03-6700-1165
  • 長野北年金事務所 電話番号:026-244-4100

国民健康保険税・後期高齢者医療保険税・介護保険料は社会保険料控除の対象となります。

国民健康保険税などの納付額のお知らせはがきを送付しました。
社会保険料控除の資料として、令和元(平成31)年中に現金または口座振替、クレジットカードで須坂市に納付された国民健康保険税や介護保険料、後期高齢者医療保険料の金額のお知らせを納付義務者の皆さんに1月下旬にお送りしました。
年金から天引きされた方は「令和元年分公的年金等の源泉徴収票」の社会保険料の額で確認してください(平成31年2月から令和元年12月の年金天引き分から還付を受けられた方は、還付額を差し引いて計上してください)。

令和元(平成31)年中にお支払いいただいた額について確認したい場合、市役所税務課の2番窓口及びお電話でも、ご確認いただけます。

※窓口では運転免許証など本人確認ができるもの(保険証など顔写真のないものは2点)をお持ちください。住民登録上同世帯の方の分であれば代理でもご確認いただけます。別世帯であれば委任状が必要です。
※お電話の際は、ご本人様または住民登録上同世帯の方のお問合せのみお答えします。納税額は折り返しのお電話でご連絡します。

ワンストップ特例制度を利用した方が申告をする場合

医療費控除を受ける、扶養控除の修正をするなどの理由で、市・県民税の申告や確定申告をする方は、ワンストップ特例の適用が受けられなくなります。
そのため、申告する場合は、すべての寄附金の記載が必要となります。
寄附先から受け取った寄附金受領証明書を持参して申告会場にお越しください。

 

ワンストップ特例制度が適用されるか、下記のチェックシートでご確認ください。
ワンストップ特例適用判断チェックシート【PDF形式:166KB】

7.長野税務署からのお知らせ

長野税務署では、令和2年2月17日(月曜日)から3月16日(月曜日)までの間、長野市若里市民文化ホールに、令和元年分の所得税、復興特別所得税、贈与税、個人事業主の消費税・地方消費税の確定申告書の作成・受付会場を設置します。

【場所】若里市民文化ホール(長野市・ビッグハット隣)
【設置期間】令和2年2月17日(月曜日)から3月16日(月曜日)(土・日曜日、祝日除く)
※2月24日(月・祝日)及び3月1日(日)に限り、用紙の配布、申告相談及び確定申告書の受付を行います。
【受付時間】午前9時から午後4時

【会場案内】

会場地図
【バスでお越しの場合】
■JR長野駅から
  • 長野駅西口(善光寺口)から「日赤松岡線」または「保科線」
バス停「ビッグハット前」下車、徒歩1分
  • 長野駅東口から「日赤・水野美術館線」
バス停「水野美術館」下車、徒歩3分
■帰り
  • バス停「ビッグハット前」から乗車
 

【問合せ】長野税務署 電話番号:026-234-0111(自動音声案内)

駐車場には限りがあります。できるだけ公共交通機関をご利用ください。
※市の申告会場は大変混雑し、長時間お待ちいただくことがあります。長野税務署の申告会場での申告をお勧めします。

国税庁ホームページを利用して申告書を作成できます

国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」をご利用いただくと自宅等で確定申告書が作成できます。
書面で印刷して郵送、またe-Tax(イータックス)を利用して送信(事前準備が必要)にて提出できます。
※e-Tax(イータックス)を利用するには専門の機器などが必要です。
詳しくは、確定申告特集ホームページをご覧いただくか、もしくは長野税務署へお問い合わせください。

確定申告特集(国税庁)(新しいウィンドウが開きます)

8.税理士による無料相談

【期間】令和2年2月17日(月曜日)~3月12日(木曜日)午前9時~午後4時
※土、日、祝日を除く

【場所】長野市若里市民文化ホール2階 特別会議室

確定申告会場に「無料申告相談所」を設け、次の方を対象として、所得税確定申告書(添付書類を含む)、消費税確定申告書(付表等を含む)および各種届出書等の作成と記帳方法の説明と税務相談を行います。

  • 事業所得者、不動産所得者(原則として、前年分(最終)の特典控除前所得金額が300万円以下の方)(譲渡所得のある方を除く)
  • 消費税の基準期間の課税売上高が3000万円程度以下の方
  • 給与所得者及び年金受給者
 
※上記期間以外についても事前予約制で無料税務相談があります。
  

【問い合わせ】

関東信越税理士会 長野支部 電話番号:026-228-6443
関東信越税理士会 長野支部 (新しいウィンドウが開きます)

9.申告の問合せと郵送先

【所得税・復興特別所得税・贈与税・消費税・地方消費税について】
 長野税務署
 〒380-8612長野市西後町608番地の2 電話番号:026-234-0111(自動音声案内)

【市・県民税について】
 須坂市役所税務課市民税係
 〒382-8511須坂市大字須坂1528番地 電話番号:026-248-9001(課専用)

(最終更新日:2020-03-02)

このページに関するお問い合わせ先

総務部 税務課
TEL:026-248-9001
FAX:026-248-9072
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1