ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

異動にともなう届出について

転入届 | 転出届 | 転居届
 
※平成24年7月9日より外国人の方も日本人と同様に住民異動届の提出が義務付けられております。

須坂市に引っ越してきたら(転入届)

須坂市に引っ越しをされたら、転入届が必要です。
建物の新築又は建て替えに伴い、住居表示実施区域(墨坂、墨坂南、臥竜)へ転入される方はこちらもご覧ください。
 
届出期間 須坂市に住み始めた日の翌日から14日以内
届出できる人 本人、同世帯の人(左記以外の方が来庁されるときは委任状が必要です。)
国外からの転入の場合は原則本人
持ち物
  • 運転免許証等の本人確認書類(窓口に来られる人のもの)
  • 印鑑
  • 転出証明書(前住所地で発行)
  • パスポート(国外から転入される)
  • 国民年金手帳(第1号被保険者)
  • 介護保険受給資格証明書(前住所地で発行された人)
  • 保険証(児童手当受給者)
  • 在留カード又は特別永住者証明書(外国人の方)
  • 本人と世帯主の続柄を証明できる文書(外国人の方)
※転入に伴う各種お手続きは、市民課で転入手続き終了後、担当各課窓口にてしていただきます。

 様式はこちらからダウンロードできます。

市外へ引っ越すときは(転出届)

市外へ引っ越しをされる場合には、転出届が必要です。
届出期間 市外(または国外)に住み始めるまで
届出できる人 本人、同世帯の人(左記以外の方が来庁されるときは委任状が必要です。)
持ち物
  • 運転免許証等の本人確認書類(窓口に来られる人のもの)
  • 印鑑
  • 住民基本台帳カード(保有者)
  • 印鑑登録証(登録者)
  • 国民健康保険証(加入者)
  • 介護保険被保険者証(65歳以上または受給者)
  • 後期高齢者医療保険証(75歳以上または受給者)
※転出に伴う各種お手続きは、市民課で転出手続き終了後、担当各課窓口にてしていただきます。
※発行された転出証明書(国外に転出される人には発行されません。)は、転入する時に必要なので、大切に保管してください。

※外国人の方も、出国して海外で暮らす場合は転出の届出が必要です。

郵送による転出届

届出できる人 本人
必要書類
  • 転出届の郵送申請書 (様式をダウンロードしていただくか、便せんなどに申請書の内容を記載したもの)
  • 本人確認書類のコピー(須坂市の住所の記載のある運転免許証、保険証等)
  • 切手を貼った返信用封筒(返信先は新住所地に限ります)

市内で引っ越すときは(転居届)

市内で引越しをされた場合は、転居届が必要です。
建物の新築又は建て替えに伴い、住居表示実施区域(墨坂、墨坂南、臥竜)へ転入される方はこちらもご覧ください。
 
届出期間 新しい住所に住み始めた翌日から14日以内
届出できる人 本人、同世帯の人(左記以外の方が来庁されるときは委任状が必要です。)
持ち物
  • 運転免許証等の本人確認書類(窓口に来られる人のもの)
  • 印鑑
  • 住民基本台帳カード(保有者、異動される方全員分)
  • 国民健康保険証(加入者)
  • 介護保険被保険者証(65歳以上または受給者)
  • 後期高齢者医療保険証(75歳以上または受給者)
  • 在留カード又は特別永住者証明書(外国人の方)
  • 本人と世帯主の続柄を証明できる文書(外国人の方)
※転居に伴う各種お手続きは、市民課で転居手続き終了後、担当各課窓口にてしていただきます。
様式はこちらからダウンロードできます。

新築又は建て替えの伴い、住居表示実施区域(墨坂、墨坂南、臥竜)へ転入又は転居される

建物の新築又は建て替えに伴い、住居表示実施区域(墨坂、墨坂南、臥竜)へ転入又は転居される方は、転入又は転居の届出に先立って建物等新築又は移動の届出の提出が必要となります。
 
住居表示とは
手続きの流れ
 

建物を新築した場合

建物を新築したときは、住居表示を付定するために建物等新築届出書の届出が必要となります。

建物の建て替え等をした場合

建物の建て替えや出入り口の変更があったときは、住居表示を再付定するために 建物等移動等届出書の届出が必要となります。
建物等新築届出書及び建物等移動等届出書
届出期間 棟上げ後から住居表示の付定が可能となります
届出できる人 建物の所有者、居住者や建物関係人
持ち物
  • 平面図(建物の出入口が確認できる図面)
  • 配置図(建物と道路の位置関係が確認できる図面)
  • 届出人の印鑑
※住居表示実施区域以外にお住まいの方は、住所に地番が用いられますので上記書類を提出していただく必要はありません。

建物等新築届出書の様式はこちらからダウンロードできます。
建物等移動等届出書の様式はこちらからダウンロードできます。

住居表示とは

だれかに道を尋ねられたとき、地番だけではすぐに答えられなかった経験がおありではないでしょうか。
住居表示は、「分かりやすく、訪ねやすいまちづくり」のために実施するものであり、従来の住所の表示の分かりにくさを解消し、市民生活の利便性や緊急車両の効率性等を向上させることを目的としています。

住居表示実施前の住所の表し方

住居表示実施前の住所の表し方従来の住所は、字名と地番によって表されてきました。この地番というのは明治時代に徴税目的で土地に付けられた整理番号であって、本来住所のための番号ではありませんでした。
最初は順序良く並んでいた地番も、土地の売買、道路建設や宅地開発などにより、分筆された枝番や、欠番、飛番が生まれ、複雑な配置となりました。
その結果、郵便配達・緊急車両や訪問者が目的の家に容易にたどり着けないなど、次第に日常生活に支障が生じるようになっていきました。

そこで、わかりやすい新しい住所や町を作るよう、昭和37年5月10日に「住居表示に関する法律」が作られました。
住居表示を実施することで、今までの地番の代わりに住まい(建物)に番号が付けられ、誰にでもわかりやすい住所の表示になりました。

住居表示実施後の住所の表し方

住居表示実施後の住所の表し方住居表示による住所は町名、街区符号、住居番号によって表されます。
なお、町名とは、現在須坂市内で使用している自治会の町名ではありません。

住居表示実施前の住所
住居表示実施前の住所
 住居表示を実施すると…例えば大字□□1501番地が含まれる区域に住居表示を実施すると…



住居表示実施後の住所
住居表示実施後の住所

住居表示の効果

1.消防車や救急車、パトカーなどが早く目的地に着くことができる

 住居表示を実施した地区は、住居番号表示板を各建物に付けていただいております。
 消防署・警察署に場所を伝える際にその住居番号表示板を見ていただければ、的確な位置を伝えることができますので、到着までの時間短縮につながります。
 

2.郵便物など宅配業務の誤配や遅配が少なくなる

 従来の住所では同じ地番に複数家屋が建っている場合、住所は同一であるために分かりにくくなっておりましたが、住居表示による住所は建物毎に番号を付けますので、届け先が特定されます。
 このことから、同じ苗字の方の建物が並んでいるような場合においても 誤配や遅配の減少につながります。
 

3.郵便物など宅配業務の誤配や遅配が少なくなる

 新築の建物の場合は、すぐに住宅地図やインターネット等の情報に反映されません。
 住居表示を実施した地区であれば、住所は一定の規則で並んでいますので目的の建物を予想して探すことが可能です。

須坂市の住居表示実施区域

墨坂南1、2丁目
「旧住所:大字小山の一部」
(平成9年2月24日実施)

墨坂南3、4、5丁目「旧住所:大字小山の一部」
(平成9年10月13日実施)

墨坂1、2、3、4、5丁目「旧住所:大字小山の一部・大字塩川の一部」
(平成10年11月24日実施)

臥竜1、2、3、4、5、6丁目「旧住所:大字小山の一部」
(平成12年2月21日実施)

※住居表示実施により自治会区域が変更になることはありません。

手続きの流れ

手続きの流れ※住居表示番号の決定前は、転入等の住所異動届を受け付けることができませんのでご注意ください。

※申請受理から通知発送まで一週間程度かかりますのでご了承ください。
※送付された住居表示番号表示板を、道路に建物が接している場合は、主要な出入口(玄関)付近に、それ以外の場合は道路から目に付きやすい門柱等に取り付けていただきますようお願い致します。
 
(最終更新日:2018-04-01)

このページに関するお問い合わせ先

市民環境部 市民課
TEL:026-248-9002
FAX:026-248-9025
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1